東京大学史料編纂所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京大学史料編纂所(とうきょうだいがくしりょうへんさんじょ、英称:Historiographical Institute, the University of Tokyo)は、東京大学の附置研究所の一つであり、日本史に関する史料の編纂と刊行を行っている。

沿革

史料編纂所の起源は、1793年寛政5年)に開設された塙保己一和学講談所とされる。明治維新後、史料編輯国史校正局、大学校国史編輯局、太政官歴史課、臨時修史局などと変遷している。

1888年明治21年)、帝国大学(現・東京大学)に修史事業が移管されるが、のちに編年史の編纂は中止と決まり、代わって蒐集した史料自体を編纂、刊行することになり、1895年(明治28年)文科大学(現・文学部)に史料編纂掛が設置される。1901年(明治34年)に「大日本史料」「大日本古文書」の刊行を開始、現在まで事業が続けられている。1929年昭和4年)に史料編纂所と改称。

戦後は、1950年4月に文学部から独立し、1954年より教授助教授(現在は准教授)・助手(現在は助教)の教官制となった。

組織

現在の編纂所は研究部、図書部、史料保存技術室、事務室から構成されており、研究部は古代史料部門、中世史料部門、近世史料部門、古文書古記録部門、特殊史料部門の5部門がある。

また、附属施設として画像史料解析センターをもつ。

所在地

東京大学本郷キャンパス内の赤門そばに所在する。

刊行史料

(正倉院文書、東大寺文書、高野山文書、浅野家文書など)
  • 「幕末外国関係文書」1910~刊行
大日本古文書の一つ
  • 「大日本維新史料」1938~刊行
1846年孝明天皇から1871年廃藩置県までの史料集
  • 「大日本古記録」1952~刊行
御堂関白記新井白石日記、小右記言経卿記中右記斎藤月岑日記など
  • 「大日本近世史料』1953~刊行
上田藩村明細帳、近藤重蔵蝦夷地関係史料、市中取締類集など
  • 「日本関係海外史料」(欧文)1974~刊行
海外にある日本関係史料のマイクロフィルムを目録化したもの(オランダポルトガルスペインイタリアイギリスアメリカドイツフランスメキシコインドインドネシアなど)

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年9月29日 (月) 11:20。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。