戦史叢書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦史叢書』(せんしそうしょ)とは防衛研修所戦史室 (現在の防衛省防衛研究所戦史部の前身)によって1966年昭和41年)から1980年昭和55年)にかけて編纂され、朝雲新聞社(あさぐもしんぶんしゃ)より刊行された公刊戦史である。

概要

陸軍68巻、海軍33巻、共通年表1巻、全102巻から構成され、別に図・表類が付属する。一時期、『大東亜戦争叢書』『太平洋戦史叢書』とも呼ばれたが、その後単に『戦史叢書』と表記され、一般では『公刊戦史』と呼ばれる。

記述の元となったのは、戦中に占領軍の接収から秘匿されて残された大本営内部の文書(大本営陸軍部戦争指導班『機密戦争日誌』など)と、引き揚げてきた部隊の関係者が執筆を求められて執筆した準公式の報告書、及び、自発的に執筆された私的な回想録が主である。

刊行された年代が古いため、現在から見ると若干の誤りも指摘されているが(特に対ソ関係やノモンハン事件に関する箇所)満州事変日中戦争から太平洋戦争について研究する者にとっては最重要の基礎史料の一つとされる。ただ、現代から見ると、師団以下のレベルの細かな要所要所の作戦経過が記述の中心を占め、戦略全般に渡る大本営レベルで展開されたであろう作戦指導の根本的なあり方や、それをめぐる議論とその経過分析については不足の観を免れない。

国会図書館を始めとして防衛研究所史料閲覧室や大学図書館、都道府県や政令指定都市レベルの中核となる図書館、および靖国神社靖国偕行文庫室等に全102巻が保管され閲覧可能のほか、一般に流れたものが古書店で売られている。

なお、2003年8月に防衛研究所戦史部はこれまで知られていなかった史料・資料(主にソ連の崩壊に伴う旧東側のもの)が利用可能になったため、これらに基づいて戦史叢書の全面的な増補改訂を行なう計画があることを発表している。

巻目

巻番号書名発行年月巻番号書名発行年月
1マレー進攻作戦昭和41年10月52陸軍航空の軍備と運用(1)昭和十三年初期まで昭和46年12月
2比島攻略作戦昭和41年10月53満洲方面陸軍航空作戦昭和47年2月
3蘭印攻略作戦昭和42年1月54南西方面海軍作戦 第二段作戦以降昭和47年3月
4一号作戦(1)河南の会戦昭和42年3月55昭和十七・八年の支那派遣軍昭和47年5月
5ビルマ攻略作戦昭和42年5月56海軍捷号作戦(2)フィリピン沖海戦昭和47年6月
6中部太平洋陸軍作戦(1)マリアナ玉砕まで昭和42年7月57本土決戦準備(2)九州の防衛昭和47年7月
7東部ニューギニア方面陸軍航空作戦昭和42年8月58南太平洋陸軍作戦(4)フィンシュハーヘン・ツルブ・タロキナ昭和47年8月
8大本営陸軍部(1)昭和十五年五月まで昭和42年9月59大本営陸軍部(4)昭和十七年八月まで昭和47年10月
9陸軍軍需動員(1)計画編昭和42年10月60捷号陸軍作戦(2)ルソン決戦昭和47年11月
10ハワイ作戦昭和42年12月61ビルマ・蘭印方面第三航空軍の作戦昭和47年12月
11沖縄方面陸軍作戦昭和43年1月62中部太平洋方面海軍作戦(2)昭和十七年六月以降昭和48年2月
12マリアナ沖海戦昭和43年2月63大本営陸軍部(5)昭和十七年十二月まで昭和48年3月
13中部太平洋陸軍作戦(2)ペリリュー・アンガウル・硫黄島昭和43年2月64昭和二十年の支那派遣軍(2)終戦まで昭和48年3月
14南太平洋陸軍作戦(1)ポートモレスビー・ガ島初期作戦昭和43年3月65大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯(1)昭和48年5月
15インパール作戦 ビルマの防衛昭和43年4月66大本営陸軍部(6)昭和十八年六月まで昭和48年6月
16一号作戦(2)湖南の会戦昭和43年5月67大本営陸軍部(7)昭和十八年十二月まで昭和48年8月
17沖縄方面海軍作戦昭和43年7月68大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯(2)昭和48年9月
18北支の治安戦(1)昭和43年8月69大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯(3)昭和48年10月
19本土防空作戦昭和43年10月70大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯(4)昭和49年5月
20大本営陸軍部(2)昭和十六年十二月まで昭和43年11月71大本営海軍部・聯合艦隊(5)第三段作戦中期昭和49年3月
21北東方面陸軍作戦(1)アッツの玉砕昭和43年12月72中国方面海軍作戦(1)昭和十三年四月まで昭和49年3月
22西部ニューギニア方面陸軍航空作戦昭和44年1月73関東軍(2)関特演・終戦時の対ソ戦昭和49年6月
23豪北方面陸軍作戦昭和44年2月74中国方面陸軍航空作戦昭和49年7月
24比島・マレー方面海軍進攻作戦昭和44年3月75大本営陸軍部(8)昭和十九年七月まで昭和49年8月
25イラワジ会戦 ビルマ防衛の破綻昭和44年4月76大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯(5)昭和49年8月
26蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦昭和44年5月77大本営海軍部・聯合艦隊(3)昭和十八年二月まで昭和49年9月
27関東軍(1)対ソ戦備・ノモンハン事件昭和44年7月78陸軍航空の軍備と運用(2)昭和十七年前記まで昭和49年11月
28南太平洋陸軍作戦(2)ガダルカナル・ブナ作戦昭和44年7月79中国方面海軍作戦(2)昭和十三年四月以降昭和50年1月
29北東方面海軍作戦昭和44年8月80大本営海軍部・聯合艦隊(2)昭和十七年六月まで昭和50年2月
30一号作戦(3)広西の会戦昭和44年10月81大本営陸軍部(9)昭和二十年一月まで昭和50年2月
31海軍軍戦備(1)昭和十六年十一月まで昭和44年11月82大本営陸軍部(10)昭和二十年八月まで昭和50年3月
32シッタン・明号作戦 ビルマ戦線の崩壊と泰・仏印の防衛昭和44年12月83南東方面海軍作戦(2)ガ島撤収まで昭和50年8月
33陸軍軍需動員(2)実施編昭和45年1月84南太平洋陸軍作戦(5)アイタベ・ブリアカ・ラバウル昭和50年8月
34南方進攻陸軍航空作戦昭和45年3月85本土方面海軍作戦昭和50年6月
35大本営陸軍部(3)昭和十七年四月まで昭和45年6月86支那事変陸軍作戦(1)昭和十三年一月まで昭和50年7月
36沖縄・台湾・硫黄島方面陸軍航空作戦昭和45年7月87陸軍航空兵器の開発・生産・補給昭和50年8月
37海軍捷号作戦(1)台湾沖航空戦まで昭和45年8月88海軍軍戦備(2)開戦以後昭和50年10月
38中部太平洋方面海軍作戦(1)昭和十七年五月まで昭和45年10月89支那事変陸軍作戦(2)昭和十四年九月まで昭和51年2月
39大本営海軍部・聯合艦隊(4)第三段作戦前期昭和45年11月90支那事変陸軍作戦(3)昭和十六年十二月まで昭和50年11月
40南太平洋陸軍作戦(3)ムンダ・サラモア昭和45年12月91大本営海軍部・聯合艦隊(1)開戦まで昭和50年12月
41捷号陸軍作戦(1)レイテ決戦昭和45年12月92南西方面陸軍作戦 マレー・蘭印の防衛昭和51年1月
42昭和二十年の支那派遣軍(1)三月まで昭和46年2月93大本営海軍部・聯合艦隊(7)戦争最終期昭和51年3月
43ミッドウェー海戦昭和46年3月94陸軍航空の軍備と運用(3)終戦まで昭和51年5月
44北東方面陸軍作戦(2)千島・樺太・北海道の防衛昭和46年3月95海軍航空概史昭和51年6月
45大本営海軍部・聯合艦隊(6)第三段作戦後期昭和46年4月96南東方面海軍作戦(3)ガ島撤収後昭和51年8月
46海上護衛戦昭和46年5月97陸軍航空作戦基盤の建設運用昭和54年4月
47香港・長沙作戦昭和46年7月98潜水艦史昭和54年6月
48比島捷号陸軍航空作戦昭和46年8月99陸軍軍戦備昭和54年7月
49南東方面海軍作戦(1)ガ島奪回作戦開始まで昭和46年9月100大本営海軍部 大東亜戦争開戦経緯(1)昭和54年8月
50北支の治安戦(2)昭和46年10月101大本営海軍部 大東亜戦争開戦経緯(2)昭和54年9月
51本土決戦準備(1)関東の防衛昭和46年11月102陸海軍年表 付・兵器・兵語の解説昭和55年1月

参考文献

  • 宗像和広『戦記が語る日本陸軍 日本陸軍ブックコレクション』(銀河出版、1996年) ISBN 4-906436-73-0
  • 杉之尾孝生「二つの公刊戦史『大東亜戦争開戦経緯』」
軍事史学会 編『第二次世界大戦(一) -発生と拡大-』(錦正社、1990年) ISBN 4-7646-0301-2 p395 - p407

関連項目

1953年初版、戦時中大本営陸軍部作戦課長を務め、戦後はGHQ戦史課に勤務した服部卓四郎が編著。戦史叢書の刊行以前、実質な公式戦史として米仏伊などの軍付属研究機関で翻訳もなされた。

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月12日 (日) 05:38。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。