大西洋憲章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大西洋憲章たいせいようけんしょうAtlantic Charter)は、1941年8月の大西洋会談において、英国首相ウィンストン・チャーチルと、アメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルトによって調印された憲章。

ニューファンドランド島沖の戦艦プリンス・オブ・ウェールズ上で調印された。太平洋戦争開戦前で合衆国はまだ参戦していなかったが、この憲章は戦後の世界構想を述べたものである。

八項目からなり、その内容は要約すると以下になる。

  1. 合衆国と英国の領土拡大意図の否定
  2. 領土変更における関係国の人民の意思の尊重
  3. 政府形態を選択する人民の権利
  4. 自由貿易の拡大
  5. 経済協力の発展
  6. 恐怖と欠乏からの自由の必要性
  7. 航海の自由の必要性
  8. 一般的安全保障のための仕組みの必要性

憲章の第3条については、ルーズヴェルトとチャーチルの間で見解の相違があった。ルーズヴェルトがこの条項が世界各地に適用されると考えたのに対し、チャーチルはナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに限定されると考えた。つまり、イギリスはアジア・アフリカの植民地にこの原則が適用されるのを拒んでいた。

関連項目

外部リンク

Template:Wikisource?




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月16日 (日) 01:03。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。