※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009年に発売された任天堂DSソフト
販売元は我々に爆弾解除のときめきを与えてくれた「ときメモ」を開発したことで有名なコナミ(スポーツクラブ)

グループの一部のメンバーがこの作品によって一命を取り留めた。


ゲーム内容は、まず100日という猶予期間で三人のヒロインから一人を選別し彼氏となり、
残りの人生をその彼女と過ごすという至ってシンプルなもので
少子化問題に拍車を掛ける問題作品となっている。



近年、いろいろとお熱い有名な観光地「熱海」でDS(Death System)が多く見られるという報告を耳にするが恐らくこの作品の影響であろう。