※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


梅毒とは、
 1.恐い性病のこと。
 2.梅(柏木志保)の毒牙にかかること。

ここでは主に1について記載していく。2については…あれ?
概要

昔から体中にしこりが出来て鼻が崩れ落ちると恐れられている感染症。
病原体は梅毒スピロヘータで粘膜感染するため、通常のセックス、オーラルアナル問わず感染の危険があり、ひどい時はキスしただけでも感染する。性病の一つとしても有名。

この病気を世界中に拡大させたきっかけとなったのがコロンブスの新大陸発見であるとの説が有力である。
コロンブス隊が新大陸に上陸した1492年から数年後にはヨーロッパで罹患者が出現、
わずか20年後の1512年には日本でも初の感染が記録されており、
裸のサルに過ぎない人類が世界中で繁殖したのにも納得せざるを得ないエピソードである。
加藤清正が感染していたとする説、秀吉も脳梅毒だったとする説など、
真偽は定かではないが諸説在り、当時の日本人にとって如何にこの病気が脅威であったかが窺い知れる。
また、かつて野口英世が研究を行なっていたことでも知られている。

現在は抗生物質による治療など、医療の発達により初期段階で治療すれば進行を食い止めることはできる。
しかし、抗生物質のない時代には不治の病として恐れられ、事実、放置すると死に至る恐ろしい病気であることには違いない。

何度も言うが、初期段階で適切な処置が必要だ。感染していると思ったらすぐに病院へ。
一生ものの病気であり、下手に不倫なんかすると将来がパーになってしまう恐れがある。
事が事なので、結果配偶者に三行半を突きつけられた、という例もあるようだ。
欲望のままに馬い汁ばかりを吸うような者には、いつかしっぺ返しが来るという教訓かもしれない。
良識あるよい子はもとより、高校生やミュージシャン・人妻のみんなは特に気をつけようね。


関連コミュニティ



 ・・・誰も関わり合いにはなりたくないようだ。




梅毒に関する資料・文献及び研究者達

   * 柏木志保(梅)
   * 中村イネ
   * 虻インフルエンザ
   * 冷酷無比のパラノイド・アンドロイド