※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


変態スネークとは、男性ゲーム実況配信者である。「低音のボイス」と「変態実況」が武器。
愛称"スネネ(自称)"という別名もあるが、mixiオフ会でファンに配ったサイン色紙で「蛇」と「虻」を書き間違えていたことから、"アブブ"、"あぶさん"、"変態虻"などとも呼ばれることがある。

→ゲーム実況プレイ動画のプレイヤーの一覧 

※ここから”ホームページ上での犯罪行為の記述”の項までは変態スネーク本人により編集されています。

サイン色紙
概要

実況のスタイルは読み上げ&雑談が主で、初プレイの攻略を悪戦苦闘しながら演出する。その名の通り声優の大塚明夫演ずる「スネーク(メタルギアソリッド)」に似た低音ボイスで実況を行うが、予期せぬ出来事や、彼にとって不満な出来事があると「非常に気持ちの悪い声」で絶叫する。

一部メタルギアソリッドシリーズファンや大塚明夫氏のファンからは「名作であるシリーズで、さらにスネークの声で他人を貶めたりするような発言はゲーム中のスネークとは全く正反対であり見るに耐えない」「大塚氏に対して大変失礼である」という声も挙がっているが、当人はそのような批判全てを「アンチ」として処理してしまうので彼の元を去った人も多い。

「トーク内容は雑談会話・トリビア披露から、人生観まで多岐にわたる」と自負しているらしいが、いかんせん引き出しが少ないため生放送等では完全に浮いた存在になってしまう。本人の性格がそのまま変態であり、当然下品なシモネタが多数含まれており、その手のネタに耐性が無い方の視聴はオススメできない。また何事もないようなシーンでも脳内でエロシーンに変換し、それに対し生唾を飲み込んだり、上記のような「非常に気持ちの悪い声」で反応する。

11月10日が皆様にとっても特別な日と強調していたが、単に自分の誕生日というだけだった自己主張が非常に強い27歳。

「初音スネーク」扮して、初音ミクの真似をした奇妙な声でゲームのBGMに合わせて替え歌を歌うことがある。歌詞の内容はゲームとは全く関係のないでたらめなものばかりである。「摩訶摩訶その9」冒頭で初披露。

マスクをするとキャシャーンの出来そこないみたいな容姿になる。

2008年12月22日現在、氏が過去に行った行為に対して方々から疑問の声が上がっており、今回の問題についてまとめwiki(http://www14.atwiki.jp/niconicohentaisnake/)が出来るに至る。

それに伴いニコニコ動画での活動は休止していたがmixi水面下で活動は続けており、2009年2月より復帰。
動画内での視聴者の反応は純粋に氏の復帰を喜ぶ声と、氏の人間性を疑う声とが交錯している。

登場人物

しろみ
   たまに実況に付き合ってくれる。突っ込み&呆れ役。甘い声をしているからかファンが多い。
   変態スネークよりも人気があるという噂も。
ぬこ
   パチパラ初期に一度だけ実況を手伝う。明るい笑い声が特徴。Eカップ。
くにお大佐
   摩訶摩訶ソングの編集を手掛けた事で相棒になった大佐。「チームまっどぎあ」として、 変態スネークのラジオの制作、企画・構成、編集、音響、イラスト・ロゴ制作などプロデュースを一手に務めた。
   2009年3月、「チームまっどぎあ」および変態スネークのmixiコミュニティ副管理人を脱退、袂を分かつ。
ナスティ
   パチパラ後期、後日談後期、絶体絶命都市初回となかなか登場回数の多い変態スネークの友人。 冷静なツッコミが持ち味。変態スネークに絶体絶命都市を貸したのも彼。ラバと同じく、格闘ゲームは鬼のように強い。 得意技は「超反応」。
ラバ
   ナスティと一緒に現れることのある、共通の友人。登場回は2回だが、味のある返答が印象的。 ギルティギアで闘劇出場手前まで上り詰めるほどの腕前。得意技は「逆転劇」。

実況の中で派生した専門用語

大佐
   「リスナー」のこと。彼は視聴者に話しかける時、必ずこう呼ぶ。
任務に戻る
   「編集をする」こと。冗長な部分を飛ばす際に、あらかじめこういう。「キングクリムゾン」と同意。
パコリンコ
   「性行為」のこと。酒を呑み、悪のりしてこう表現した。パチパラ14の後半に派生。
アモーレ!
   「ああ、もう!」のこと。極端に追いつめられた時、なぜかこう叫ぶ。そのあとにボラーレを歌い出すことも。
クポー!
   「くそー!」のこと。絶叫が永井先生に似ていると指摘され、こう叫ぶようになった。ちなみに彼は永井信者である。
絶対に○○しないでください
   「してほしい」ということ。痴豚リスナーであることが伺える。元ネタは、ダチョウ倶楽部の上島竜平。
もにゅ
   「オペレーターズサイド実況」において最強のワード。彼はこのワードで数々の難関をクリアしてきた
おどれじてくれ
   「オペレーターズサイド実況」において「大佐」からのリクエストにて発生した。おそらく間違いが元である。
   このワードを発した後のリオ(オペレーターズサイド主人公)の反応が不可解に歩き回るという行動をとるため、以後そのような行動をとったときにはこの言葉で定着した。

よく使う英語スラングの意味

注意:以下は変態スネークが実況の際によく使う英語スラングとそのおおよその意訳であるが、実際に英語圏で使用するとその場で射殺されても文句言えないレベルの最上級侮辱語が殆どである。ニコニコ動画やその掲示板周りでのノリをうかつに外部に持ち出さないようくれぐれも注意して頂きたい。

(不快感を覚える方がいるかもしれないので、以下の内容は反転ドラッグで閲覧してください)

What can I do...?(ワキャナイドゥ...)
   どうすりゃいいんだ... の意。
Shit!(シェット!)
   クソッ! の意。
Fuck'n Shit!(ファッキンシェット!)
   クソッタレ!の意。Shitよりも強い。同義語にHoly Shit(ホーリーシェット)、Bull Shit(ボーシェット)などがある。
Son of a bitch!(サノバビッチ!)
   畜生! の意。とくにShitと変わらない。気分次第。
Mother Fucker(マダファッカー)
   クソ野郎 の意。Fuck off mother fucker!(消えろクソ野郎!)など、他のスラングと組み合わせて使う。 

実験シリーズ

ダメ実況
   パチパラ百合プレイを媒体にし、駄目な実況者の見本を演じる。投稿者コメントでダメな部分を指摘し、教材としても成り立つ動画に仕上がっている。最初はキモ声を出しているが、途中からは素の声に。
替え歌
   いわゆる「初音スネーク」シリーズ。摩訶摩訶のBGMにろくでもない歌詞を付けて初音ミクの真似をして歌う。オバ歌謡。 

ホームページ上での犯罪行為の記述
注意 動画内に抗議・批判コメントを書くこと、動画を荒らすことでは直接の問題解決にならないので、意見のある方は運営、警察、又は直接本人までメールを。

変態スネークが自身のホームページ上で窃盗等の犯罪行為を実行したことを記述していた。
一見大げさすぎて真偽の疑わしい話も多くあり、どこまでが実話でどこからが脚色なのか具体的に白黒を確かめる術は無い(以下まとめWikiと重複する内容。簡単に概略だけ知りたい人のために反転で掲載する)。

   * 不倫相手の夫を失神寸前まで殴る(傷害)
   * 会社の面接で学歴詐称、試験中の不正行為
   * 10万円程度の万引き、スーパーの手押し車を自宅にもって帰る(窃盗)
   * キセル行為、学生割引の不正利用(変態スネークのMGSラジオ 第3回より;詐欺)

少なくとも上記の内容の記事をホームページ上で記述した上で、ニコニコ動画上の動画説明文にリンクを貼り動画視聴者が該当記事の書かれたホームページへ容易にアクセスできる状態にしてあった。

一連の記事に関する本人の見解はこのように二転三転するが、最終的に2009年1月31日、本人は

   私は今回、皆さんに見放されたくない一心で、「これまで罪を犯した事などないのだ。信じて欲しい」と 言いました。
   それは嘘だったのです。 皆さんを私は騙しました。

と謝罪した。

この謝罪記事掲載の20分後、女物のスクール水着を着用、水着から自らの陰部(玉二つ)がはみ出た写真を公開し、謝罪は謝罪で別として、これからも変態実況路線は変更しないという姿勢を改めて強調した。
ニコニコ動画・ニコニコ大百科上での行動

  1. 記事:変態スネーク
     すなわち自身の当該記事を「変態スネーク」と「Djinn」の2つの名義を使って編集。ユーザーID、マイリストIDとの照らし合わせによりどちらも第3者の騙りではなく本人であることは確定済。この記事も「ホームページ上での犯罪行為~」以降の項目以外、8割~9割は当人が書いた原文ままである。
  2. 記事:摩訶摩訶
     SFCゲームソフト「摩訶摩訶」の記事に存在した「ニコニコ動画で見れる摩訶摩訶のプレイ動画」の関連動画を編集し、編集内容についての説明/コメント注釈無しで編集内容の他人のプレイ動画を消去、自身の実況動画に差し替えた。(リビジョン同士の比較)
  3. ニコニコ動画:
     「動画の転載、改変、批判上等!」との旨をホームページ上で表明していたが、実際には動画上での批判、否定的コメントを手動で削除していた。(参考画像:[1]、[2]、[3]、[4]、[5])
  4.  この行為に対する視聴者側からの意見について、氏は2009年1月31日にこの記事の直後に「批判OKと言ったのは動画作品の出来に対してだけで、変態スネーク個人への人格攻撃は認めない」という旨の追記をした。

   追記:これは、ある実況者さんに向けて書いた文章だ。だが、どうやら誤解されてしまったらしい。
   俺の作品に対する批評、批判、罵倒を許すと書いたが、それに間違いはない。
   しかし、もちろん作品に関係のない部分(人格批判など)まで手放しに許すということではない。
   少し許せばどこまでも許される、と思っている人がいるようなので注意しておく。

   それと、俺が意図的に消した作品は、著作権侵害、プライバシー侵害、名誉毀損など、
   意図せず人に迷惑を掛けてしまったりして、それを避けるために消したものだ。
   この文章を読んで、作者が書き直した文章、消した文、作品までコピーして保存し、掘り起こし、
   転載、二次配布しても良いのだと本気で受け取ったならば、その人は少しおかしいと思う。
   法的知識の前に、モラルで行動すべきだと思う。

   そのような行為は一切を禁じるよ。当たり前だけど。

他動画投稿者への余波

『(知名度UPのため)他の実況プレイヤーとのコラボがしたい』という変態スネークの願望は炎上進行時も変わらなかったがために、本人の意図するところしないところに関係なく、様々な形で実況界隈に小影響を与えることになった。

えどさん”&ふみいち
   プロでやってる実況プレイヤーという立ち位置で、恐らく変態スネークの目指したかった地位に最も近いであろうコンビ。2008年12月24日に企画された『えどさん”&ふみいちの生放送ラジオ:クリスマス特別編』のゲストに変態スネークを呼ぶ予定になっており、変態スネークもその気満々だったが15日頃から炎上が活発化。両サイドとも最後まで順延などの予定変更声明は出さず、えどさん”&ふみいち側は「状況は皆さんからのコメントで把握しました。覚悟はできています、これで潰れるようならそれまでの配信者だったということです」と悲壮な覚悟で臨んだが、結局変態スネーク側がラジオ当日にmixiで出演断念の旨を書いてドタキャン、えどさん”&ふみいち側もこれを自サイトで了承し、ラジオは膨大な空き時間をアドリブで埋める羽目になった。
ケイ・タカ・加藤
   【実況】危険なマリオ米国交友録【英語禁止】の24:38~にて、「言っちゃダメですよこういうことは、ケイさん」「犯罪です!」「イメージが悪くなるんだよ」の直後にケイが「某・・・蛇さんみたいに」とうっかりこぼしてしまい、タカから「おまえいいかげんにせぇよホンマ~!!?」「正直おまwwwおまえ、普通にシバくぞ今の!?」とゲキが飛んだ。 28:21~あたりでも全く懲りないケイ、タカのプレイ中に6-3のボス、ガプチョ(三ツ首の蛇)に対し「こいつはアレだよ、変態(スネーk)」とネタを引っ張り、いちいちタカの神経を逆撫でするのであった。
obasan
   obasan本人は全く関与していないが、「実況プレイ動画の実況」という題目で彼女の実況動画に変態スネークが自分の実況音声を重ねた動画が投稿される。動画内で「コイツ可愛いな~」「キスしたいな~うひひひ」等の猥褻な内容のトークをするものだったが間もなく本人自ら削除。しかしあまりの内容の酷さに、「これをしれっと無かったことにするのはどうなのか?」と第3者が再アップロードした。
ゆか
   変態スネークのMGSラジオ 第6回・後編にて、ご他聞に漏れず猥談のネタにされたことに対し、自身のラジオで「キモい、マジキメー、自重」という旨の発言をしたところ(突発ラジオにつきニコニコ内にソース不在)、第7回のMGSラジオで「おまえの、ゆかちゃんのお母さんを使っちゃうぞ」「ゆかちゃんのお母さんのことを考えながらAB(アナルボール)を抜き差しするぞ、しちゃうんだぞ」と止めるどころか余計にエスカレート。流石に拒絶の意思表明をしている相手に人の母親まで対象にしたセクハラ発言を重ねるのは変態以前に人としてどうなのか、と問題視されている。
   ※本人やゆか動画視聴者/住人はこの件について総スルーの方向で意見一致しているので、動画内や向こうの掲示板に変態スネークの話題を持ち込まないこと。
しょうこ♂
   変態スネークとは蜜月の仲で、しんすけの羅刹ラジオにて「変態スネークちゃん可愛いわ」発言、後に動画「しょうこ♂と変態スネークのWEBゲーム」を上げてコラボ、変態スネークもオペレーターズサイドで返信、「蛇姫(ゲーム実況)」項目の原文を掲示板にレスする等仲良くしていたが、炎上騒動後、現在削除されたオペレーターズサイドpart15の内容を見て「復帰後は叩かれてもいいから応援しようと思っていたが、あれを見てやめた」と完全にハシゴを外される。
軽石モン
   メタルギアソリッドシリーズにてスネークを裏方として支える名サポーター「オタコン(CV:田中秀幸)」に似た声でゲームプレイを行う実況プレイヤー。同じゲームシリーズの声真似仲間ということで多くの視聴者からコラボが期待されており、変態スネークのMGSラジオ 第6回にて遂にラジオでの共演を果たしたが、この直後に炎上事件が発生。2009年2月7日、彼のニコニコミュニティにて、「今後一切組むつもりはございません」と絶縁宣言される。(掲示板:ソース発言閲覧には要コミュニティ参加)
   2009年3月24日、くにお大佐から「軽石モン氏の出演部分をカットした修正版を上げ直そうかと思っているのですが、よろしいでしょうか?」とコンタクトがあり、これに軽石モン氏が同意したため変態スネークのMGSラジオ 第6回が削除され、彼の出演部分が無かったことになった。 

別の騒動

2009年5月3日のニコ厨向けイベント「ゴールデンウィーク文化祭」において、中村イネが喫煙をしていたといった内容の日記をmixi上で投稿。中村イネが本人のブログ「イネブログ。」上で否定。また変態スネークも「他人と間違えた。」と訂正する騒ぎとなった。⇒中村イネ/柏木志保騒動