ジルオール ジーメンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジルオール・ジーメンス

 彼は自らの過去について多くを語らない。いつも飄々と、一歩下がった位置から静かにギルドを見つめている。それは悠久の時を生きてきた経験に裏打ちされる余裕の表れか。直情的なメンバーの多いこのギルドにおいて、彼の落ち着きはとても貴重なものである。いつかギルドメンバーが走り疲れて道に迷った時、その時こそ彼がこのギルドを導く羅針盤となるだろう。

データ的紹介:

魚の王「リヴァイアサン」を相棒に、戦闘中も普段と変わらずただ淡々と敵を打ち倒す召喚士。そこに個人的な感情は一切入らない。彼は自らの役割をしっかりと理解し、メンバーの期待に確実に応える。そう、彼が呼び起こす大波は全ての敵を容赦なく押し流し、残らず転倒させるのだ。