Windowsコマンド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TSKILL プロセスID | プロセス名 [/SERVER:サーバー名] [/ID:セッションID | /A] [/V]

タスクの強制終了
 プロセスID          終了するプロセスのプロセス ID です。
 プロセス名          終了するプロセス名です。
 /SERVER:サーバー名  プロセスID を含むサーバー名です (既定値は現在のサーバー)
                     プロセス名と /SERVER を使う場合、/ID または /A を
                     指定しなければなりません。
 /ID:セッションID    指定したセッションで実行中のプロセスを終了します。
 /A                  すべてのセッションで実行中のプロセスを終了します。
 /V                  実行中に詳細情報を表示します。

EVENTCREATE [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]] /ID イベントID [/L ログ名] [/SO ソース名] /T 種類 /D 説明


説明:
   このコマンド ライン ツールで管理者が指定のイベント ログにカスタム イベントを作成します。

パラメータ一覧:
   /S         システム             接続先のリモート システムを指定します。
   /U        [ドメイン\]ユーザー   コマンドが実行されるユーザーコンテキストを指定します。
   /P         パスワード           指定のユーザー コンテキストのパスワードを指定します。
   /L         ログ名               イベントを作成する先のイベントログを指定します。
   /T         種類                 作成するイベントの種類を指定します。
                                     有効な種類: ERROR、WARNING、INFORMATION
   /SO        ソース               イベントに使用するためのソースを指定します。ソースには
                                     どの文字列を指定しても有効であり、イベントを作成する
                                     アプリケーションまたはコンポーネントを示すものです。
   /ID        ID                イベントに対するイベント ID を指定します。1 から 1000 の
                                     範囲のどの数字も有効です。
   /D         説明                 新しく作成するイベントに対して設定する説明文を指定します。
   /?                           ヘルプまたは使用法を表示します。

例:
   EVENTCREATE /T ERROR /ID 100
       /L APPLICATION /D "アプリケーション ログにイベントを作成"

   EVENTCREATE /T ERROR /ID 999 /L APPLICATION
       /SO WinWord /D "アプリケーション ログの新しいソース Winword"

   EVENTCREATE /S system /T ERROR /ID 100
       /L APPLICATION /D "ユーザー資格情報のないリモート システム"

   EVENTCREATE /S system /U user /P password /ID 100 /T ERROR
       /L APPLICATION /D "ユーザー資格情報付きのリモート コンピュータ"

   EVENTCREATE /S system /U domain\user /ID 100 /T WARNING
       /SO MyBatchFile.cmd /D "メインテナンス スクリプト ユーザー ログオン失敗"