サーブレット間の連携


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インクルード(include)

例えば、サーブレットAが呼ばれ、レスポンスに対して出力をしている途中でサーブレットBをインクルードしたとする。そうするといったんサーブレットBへ処理が移った後でサーブレットBの処理が終わったら呼び出し元のサーブレットAへ処理が戻り、残りの処理を行う。
例えばこのWebアプリケーションのパスが「/dispatch」でインクルードしたいサーブレットが「/dispatch/includetest」だった場合は次のようになる。
String disp = "/includetest";
RequestDispatcher dispatch = request.getRequestDispatcher(disp);
dispatch.include(request, response);
URL http://localhost:8080/dispatch/dispatchtest
アプリケーション配置場所 c:\servlet-sample\dispatch\
web.xmlファイル c:\servlet-sample\dispatch\WEB-INF\web.xml
コンテキストファイル C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 5.5\conf\Catalina\localhost\dispatch.xml

フォワード(forward)

インクルードと似ているがフォワードの場合は処理をフォワード先のサーブレットに移すため、呼び出し元のサーブレットには処理は戻って来ない。また呼び出し元の方ではレスポンスに対する出力も行えない。その為、呼び出し元の方で何らかの処理を行った上で、処理をフォワード先のサーブレットに完全に移す場合に利用する。
フォワードは、元のサーブレットへ送られてきたパラメータなども含めてフォワード先のサーブレットへそのままフォワードする。その為、クライアントからはサーブレット内部でフォワードされたことに気が付かないまま、フォワード先のサーブレットからの出力を受け取る。
String disp = "/forwardtest";
RequestDispatcher dispatch = request.getRequestDispatcher(disp);
dispatch.forward(request, response);

リクエストへの属性追加

フォワードなどを行う際に、フォワード先に何か別の情報を合わせて渡すことができる。クライアントから送られてきたリクエストをフォワード先に渡す前に、リクエストに属性を追加することで実現する。
呼び出し元:setAttributeメソッド
request.setAttribute("hantei", "Out");
呼び出し先:getAttributeメソッド
String hantei = (String)request.getAttribute("hantei");

リダイレクト(redirect)

リダイレクトは他のサーブレットやHTMLファイルに処理を移す。フォワードと似ているが、フォワードはサーバ内で次のサーブレットなどへ処理を移すが、リダイレクトの場合はクライアントに対してリダイレクト先のサーブレットなどを見に行くように指示を出すだけ。その為、クライアント側でも処理が別のページ移ったことを認識できる。
例えば何かの処理をしてエラーだった場合にはエラーページへ飛ことや、データベースの処理だけをするサーブレットを呼び出した後に処理が終わったらサーブレットでは何も出力を行わずに特定のページへ飛ばすなどに使う。リダイレクトの場合には、別のサーバにあるURLへ飛ばすことも可能(フォワードの場合は同一サーバ内しか行えない)。
String url = "/dispatch/redirecttest";
response.sendRedirect(url);