※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2009年09月21日/遊戯王OCG 【宣告者パーミッション(テテュスターボ)】
2009-09-21





【リンク】



朱光の宣告者 」と、勝利方法に「 マジックテンペスター 」を据えた構成です。


【デッキ:40枚】

モンスター(28)
「光神テテュス」×3
「ハネワタ」×3
「朱光の宣告者」×3
「緑光の宣告者」×3
「紫光の宣告者」×3
「オネスト」×3
「コーリング・ノヴァ」×3
「シャインエンジェル」×3
「マシュマロン」×1
「神聖なる魂」×2
「究極封印神エクゾディオス」×1

魔法(12)
「簡易融合」×3
「貪欲な壺」×3
「打ち出の小槌」×3
「リロード」×2
「手札抹殺」×1

罠(0)


【エクストラデッキ:15枚】
アームズ・エイド 」×1
マジカル・アンドロイド 」×1
A・O・J カタストル 」×2
氷結界の龍 ブリューナク 」×1
ゴヨウ・ガーディアン 」×1
ブラック・ローズ・ドラゴン 」×1
スターダスト・ドラゴン 」×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン 」×1
ミスト・ウォーム 」×1
マジックテンペスター 」×2
音楽家の帝王 」×3







少しだけモンスターを説明。

  • 究極封印神エクゾディオス 」→「 光神テテュス 」のリリースとドローターボへの布石となる、ある意味キーカード。
 特に後半はデッキ枚数が「 貪欲な壺 」だけでは補えなくなる事も多いので何かと重宝。

  • 神聖なる魂 」→「 ハネワタ 」や「 朱光の宣告者 」とレベル7、8シンクロが可能。
 (現在、自分が「 神聖騎士パーシアス 」を欲しがっている理由がコレ。)

  • マシュマロン 」→壁と1000ダメージは勿論、レベル3なのでシンクロの調整にも便利。

  • ハネワタ 」→レベル1チューナー。
 「 マジックテンペスター 」を出す為に手札に温存しておきたいですが、耐え凌ぐ為に「 A・O・J カタストル 」を出す事も多いです。

  • 朱光の宣告者 」→レベル2チューナー。「 カオス・ウィザード 」があるなら「 マジックテンペスター 」になれます。
 「 氷結界の龍 ブリューナク 」「 ブラック・ローズ・ドラゴン 」辺りを手札から潰せるのが非常に便利。

  • 緑光の宣告者 」→「 光神テテュス 」を1ターン持たせるには必須。
 魔法はコンボへのキーカードである事が多いので、見極めが重要となります。

  • 紫光の宣告者 」→「 光神テテュス 」を安全に出したいので手札に温存しておいて欲しいです。
 「 次元幽閉 」とかで無駄に発動しなくていいよう、コチラから攻撃は行わないのが基本です。




エクストラデッキは本当なら「 レッド・デーモンズ・ドラゴン 」と「 音楽家の帝王 」を1枚ずつ抜いて、
カオス・ウィザード 」を2枚用意したいところなのですが生憎持っておりませんので、この構成です。
音楽家の帝王 」と「 カオス・ウィザード 」は「 マジックテンペスター 」をシンクロ召喚するために使います。
墓地の「 音楽家の帝王 」は「 神聖なる魂 」の特殊召喚に用いる事ができますので、
貪欲な壺 」で宣告者やリクルーター、「 オネスト 」の再利用する際に地味に有難いです。

神の居城-ヴァルハラ 」は採用していません。
光神テテュス 」の展開くらい「 神の居城-ヴァルハラ 」に頼らずにできるだろうっていうのと、
神の居城-ヴァルハラ 」自体が結構邪魔になり、それに伴い「 ヘカテリス 」が微妙になるっていうのと、
ヘカテリス 」より「 シャインエンジェル 」を優先したかったのと、【堕天使】に使いたかったからっていう様々な理由により。
おろかな埋葬 」で「 光神テテュス 」を墓地に送り「 アテナ 」で蘇生させれば速いっちゃ速いんですがね。
サイドデッキは「 アテナ 」「 血の代償 」「 ヘカテリス 」「 神の居城-ヴァルハラ 」「 リビングデッドの呼び声 」辺りで構成すると戦術を変えられて面白いです。
(まぁそれよりはメタ対策をしっかりやるべきなのでしょうが)



使い方は
  • 光神テテュス 」を出せる状態になるまで「 コーリング・ノヴァ 」「 シャインエンジェル 」を主とする下級天使達で耐える。
  • 光神テテュス 」を出したターン中にドローターボをかける。
というのが基本。

もっと言うなら「 光神テテュス 」「 ハネワタ 」「 簡易融合 」とドローターボ用のカードを揃える事が目的となります。
光神テテュス 」と「 ハネワタ 」を同じターンに展開するなら「 神の居城-ヴァルハラ 」があった方が確実なので、お好みで採用すれば良いです。シンクロも行い易くなりますし。


勝利までの動きとしては、
01:フィールド上に「 光神テテュス 」が存在している時に「 ハネワタ 」を召喚。
02:「 簡易融合 」を発動し「 音楽家の帝王 」を特殊召喚。
03:「 ハネワタ 」+「 音楽家の帝王 」から「 マジックテンペスター 」をシンクロ召喚。(魔力カウンター×1)
04:「 光神テテュス 」のドロー効果で手札増強。
05:「 マジックテンペスター 」の効果で手札を墓地に送り、その枚数分の魔力カウンターを補充→取り除き相手にダメージを与える。

これは一例ですので、当然その時の状況に合わせて行動します。
1ターンで「 マジックテンペスター 」のシンクロ召喚&効果まで持っていけなくても手札に宣告者達や「 オネスト 」を保ち次の相手ターンを凌ぐ事も出来ます。
…というか、相手ターンを凌ぐ事を前提とした構成だったりするので、そうして貰います。




「マジックテンペスター/Tempest Magician」
闇属性・★6・ATK2200/DEF1400
【魔法使い族・シンクロ/効果】チューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
1ターンに1度、自分の手札を任意の枚数墓地へ送る事で、その枚数分だけ魔力カウンターを自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターに置く。
また、フィールド上に存在する魔力カウンターを全て取り除く事で、その個数×500ポイントダメージを相手ライフに与える。




目安としては、大概5ターンで上記の動きへ移行できれば良いかなと。
5ターンとか悠長な話に聞こえますが、マストカウンターさえしっかりしておけば耐えられるターン数ですのでプレイングを頑張って頂きたい。


弱点は「 A・O・J カタストル 」とか危ないです。【A・O・J】自体が危ないです。
リクルーター全般潰してくるようなカードは大概危ないです。
後、ミラーマッチで相手が「 ハネワタ 」持っていると効果ダメージでの勝利が消えます。
また「 光神テテュス 」さえ止めれば勝てるようなデッキなので、スペルスピードが追い着けないカウンター罠を使われるとキツイです。パーミッションの一種なのに【パーミッション】に弱いというジレンマ。




出来れば「 神の居城-ヴァルハラ 」を入れた方も載せておきたいですねっ。その内。


名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ