※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2010年12月16日/遊戯王OCG 【アテナバーン】
2010-12-16



前から使っている、上手く回れば先攻1KILLも可能なデッキ。



【デッキ(41)】

【モンスター(24)】
《朱光の宣告者》×2
《ヘカテリス》×3
《ジェルエンデュオ》×3
《オネスト》×2
《光神テテュス》×3
《アテナ》×3
《大天使クリスティア》×3
《堕天使スペルビア》×2
《堕天使アスモディウス》×3

【魔法(17)】
《マスドライバー》×2
《神の居城-ヴァルハラ》×3
《手札断殺》×3
《トレード・イン》×3
《貪欲な壺》×3
《手札抹殺》×1
《死者蘇生》×1
《ハリケーン》×1

【エクストラデッキ(15)】
《アームズ・エイド》×1
《A・O・J カタストル》×1
《マジカル・アンドロイド》×1
《氷結界の龍 ブリューナク》×1
《大地の騎士ガイアナイト》×1
《ゴヨウ・ガーディアン》×1
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》×1
《ブラック・ローズ・ドラゴン》×1
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》×1
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》×1
《神聖騎士パーシアス》×2
《ミスト・ウォーム》×1
《氷結界の龍 トリシューラ》×1
《A・O・J ディサイシブ・アームズ》×1





《ジェルエンデュオ》を3体にしていますが、《朱光の宣告者》を3体入れた方が良いでしょう。

場と墓地に《アテナ》1体ずつ、墓地に《堕天使スペルビア》、場に《マスドライバー》を揃えてループ。
《光神テテュス》が仕事をしてくれるとこの条件まで楽々です。

闇属性モンスターも入れているので、ドローソースに《闇の誘惑》を加えてやっても良いです。安定しなかったので自分は抜きましたが。
《ダーク・ヴァルキリア》や天使族通常モンスターと《闇の量産工場》《手札断殺》の消費を抑えつつ…などと考えた事もありました。(練り込めばコレのが強いかな?。)
《堕天使アスモディウス》が墓地から特殊召喚できない点と上記の《闇の誘惑》の件を踏まえ、
《封印の黄金櫃》《奇跡の光臨》も入れて《光神テテュス》をサーチ特殊召喚する事も出きる様にすれば強いなー
…とか。止めましたが。
後、《堕天使アスモディウス》からトークンが出た時のために、シンクロの用意も重要です。

弱点は、やはりメタられると詰みます。
《サイクロン》《砂塵の大竜巻》《天罰》、特殊召喚封じの面々。魔法を封じらると相当厳しい。
1KILLの速さを少しでも上げるためにこういう内容にしていますが、本来なら《王宮のお触れ》《神の宣告》等も採用しておくべきですね。




名前:
コメント:

◇◆前へ次へ目次へ