※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2010年12月16日/遊戯王OCG 【代行者】
2010-12-16



まだ構築が甘いかもですが、一応回るので紹介。



【デッキ(40)】

【モンスター(21)】
《大天使クリスティア》 ×3
《マスター・ヒュペリオン》 ×3
《神秘の代行者 アース》 ×3
《創造の代行者 ヴィーナス》 ×3
《神聖なる球体》 ×3
《朱光の宣告者》 ×3
《天空の使者 ゼラディアス》 ×3

【魔法(14)】
《死者蘇生》 ×1
《天空の聖域》 ×2
《月の書》 ×2
《サイクロン》 ×2
《トレード・イン》 ×3
《馬の骨の対価》 ×3
《救援光》 ×1

【罠(5)】
《神の宣告》 ×1
《神の警告》 ×1
《魔宮の賄賂》 ×3

【エクストラデッキ(15)】
《アームズ・エイド》 ×1
《A・O・J カタストル》 ×1
《マジカル・アンドロイド》 ×1
《TG ハイパー・ライブラリアン》 ×1
《氷結界の龍 ブリューナク》 ×1
《ゴヨウ・ガーディアン》 ×1
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》 ×1
《ブラック・ローズ・ドラゴン》 ×1
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》 ×1
《スターダスト・ドラゴン》 ×1
《レッド・デーモンズ・ドラゴン》 ×1
《神聖騎士パーシアス》 ×1
《ミスト・ウォーム》 ×1
《氷結界の龍 トリシューラ》 ×1
《A・O・J ディサイシブ・アームズ》 ×1





《神秘の代行者 アース》《創造の代行者 ヴィーナス》 をサーチし、
《神聖なる球体》 を並べて 《馬の骨の対価》 を発動したりシンクロ。
墓地の準備が整ったら 《マスター・ヒュペリオン》 でカード除去と墓地調整し、 《大天使クリスティア》 も展開。
《光神化》《神の居城-ヴァルハラ》 も無いので、これらを1ターン目から行うのは無理な仕様ですので速度は他のデッキよりは遅いです。
遅い分、条件が揃うと除去と特殊召喚封じが良い流れで行えますね。

《天空の宝札》《強欲で謙虚な壺》 を1枚しか有していない事もあって抜きました。
代わりに 《トレード・イン》《馬の骨の対価》 を。
通常モンスターが 《神聖なる球体》 しかいませんが、意外とこれだけでも十分だったりしますね。

《天空の宝札》《強欲で謙虚な壺》 を採用するなら
カウンター罠を入れて 《冥王竜ヴァンダルギオン》《裁きを下す者-ボルテニス》 を加えても良いかなーとか。
《闇の誘惑》《カオス・ソーサラー》 が入る可能性も生まれるし。
でも、そうなると『何軸』なのか分からなくなりデッキスペースを奪われ、結局普通のパーミッションで良いじゃないかって気になりそうな予感。

《救援光》 は2枚あっても良いかも知れません。
自分は1枚しか持っていないのでこうしていますが、回した感想としては多分2枚でも平気。


まぁ今のところは、これで一段落。




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ