※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年02月04日/3時間くらいの睡眠時に見た恐い夢
2011-02-05




変な夢を見たので書いてみる。


明るさから18時くらいでしょうか。
外で「ギャー」と「ニャー」との間みたいな人の声にも似た鳴き声がしたので様子を見に出てみると、
田んぼ横の川の近くに黒系のマダラ色のネコがいたんです。

で、それに近づいていったんですね。
すると通常のネコの3倍くらいの速度で、川を飛び越え、その先にあるコンクリートの塀を跳ね登って、
木の上に…隠れたんでしょうか。ニンゲンからでは計り知れませんが、隠れたとしましょう。

自分もその動きの速さが気になったのか、そのネコの居る木に塀を隔てて近づいていったんですね。

ネコの木まで5メートルくらいの距離でしたかね。

いきなり飛び出してきまして、コチラに。
顔10センチ横を砲弾でも通り過ぎるかのように。ズバッと。
で、着地したかしないか、タッチ&ゴーの勢いで、振り返る自分に対して再び弾丸ジャンプですよ。
恐かったですね。爪なんかギラギラしてて。
明らかに引っ掻きにきている訳です。コチラの顔を。

そんな弾丸ジャンプネコの襲撃を…必死で5回避けたところで、自分もようやく身の危険を覚えたんでしょう。
後ろを向ききる前に走り出し、何故か20メートル先の地面に置かれていた
ボーガンのようなショットガンのような真っ黒い武器を拾い上げまして。

やらなきゃ死ぬ、と判断したんでしょうね。
拾った銃を両手で抱え、素早く飛び交うネコに向けて発射していました。
なかなか捉える事ができず、ここまで無傷でいる事が不思議なくらいのネコからの猛攻です。

銃を持ってから9回くらいでしたかね。
コチラの攻撃がやっと一発命中し、倒れないまでもこれで怯んで何処かへ行くだろうと思いました。
でも、そのネコは変わらず弾丸ジャンプを繰り返してくるんです。
それから何度かネコの攻撃を避けて、銃を命中させるんですが、なかなか効いてる様子を見せないんです。
まるでゲームの敵の様な、通常ではありえないタフさ。

そして銃での攻撃が8回命中したくらいですか。
ついにそのネコが倒れまして。
しばらく動かない事を遠目で確かめて、倒れたネコに近づいて行ったんですが、
もうそのネコは動きませんでした。
姿はまぁ、『閲覧注意』扱いされる部類でしょうね。惨たらしいです。



で、ここで目が覚めました。
あの後どうしたのか、なんでこんな夢を見たのか分かりませんが、
ネコ好きな自分としては嫌な内容でした。




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ