※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年04月29日/震災記事
2011-04-30



小佐古参与「官邸の対応場当たり的」と辞職届 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000571-yom-pol

+記事コピペ収納
小佐古参与「官邸の対応場当たり的」と辞職届
読売新聞 4月29日(金)20時33分配信

東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に当たるため、先月、内閣官房参与に任命された小佐古敏荘(こさことしそう)・東大教授(放射線安全学)は29日、国会内で記者会見し、「政府の対応は法にのっとっておらず、誰が決定したのかも明らかでなく、納得できない」として30日付で参与を辞任することを明らかにした。

小佐古氏は29日夕、首相官邸を訪れ、菅首相との面会を求めたが、実現せず、秘書官を通じて辞職願を提出、受理された。

その後、記者会見した小佐古氏は、辞任理由について、「今回の原子力災害で、官邸の対応はその場限りで場当たり的だ。提言の多くが受け入れられなかった」と語った。

具体的には、年間被曝(ひばく)放射線量20ミリ・シーベルトを上限に小学校などの校庭利用を認めた政府の安全基準について、「この数値を小学生などに求めることは許し難い」と指摘した。 最終更新:4月29日(金)20時33分







福島第1原発 4号機燃料、損傷なし プール映像公開 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000016-maip-soci

+記事コピペ収納
福島第1原発 4号機燃料、損傷なし プール映像公開
毎日新聞 4月29日(金)21時2分配信


拡大写真
東電福島第1原発4号機の使用済み核燃料プール(水温88度)。燃料を収めたラックの上に、コンクリートとみられるがれきが入り込んでいる=2011年4月28日撮影(東京電力提供)
東京電力は29日、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールの水中映像を公開した。3月15日の爆発で破損した建屋の一部とみられるがれきが確認されたが、東電は映像とプール水の放射性物質の濃度から「使用済み燃料に大きな損傷はみられない」と分析している。

【建設中の貴重な写真も】福島第1原子力発電所の歴史

映像は28日、冷却のため注水を続けているコンクリート圧送車を遠隔操作し、燃料の上部約6メートルの水面付近から水中カメラで数秒間撮影した。がれきは燃料を収めたラックの上などで確認された。

また、同日に採取したプールの水に含まれる放射性物質の分析結果も公表。半減期が8日と短いヨウ素は1立方センチ当たり27ベクレルで、前回13日から9割近く減少した。また、セシウム134(半減期2年)とセシウム137(同30年)も、5~6割程度に下がった。前回調査時からプールの水量が1.6倍に増えて希釈されたとみられ、東電は「(プール内で)新たな放射性物質の放出がされた状態ではないと考えている」とした。

4号機は海水で冷やす通常の循環冷却システムが失われ、外部からの注水を続けているが、29日午前で水温88度と高い状態が続いている。

また東電は29日、格納容器を水で満たす「水棺」作業を進めている福島第1原発1号機について、注水量を毎時10トンから6トンに戻した。【八田浩輔、中西拓司】


【関連記事】
【図説で見る福島第1原発】
【図説】東日本大震災 各地の被災状況
【写真で見る】福島第1原発施設内の写真公開
【動画で見る】福島第1原発4号機の使用済み核燃料プール
最終更新:4月29日(金)21時36分







内閣参与が涙の辞意表明 政府の原発対応批判 青山繁晴さんの原発取材を韓国ニュースで報道 大震災その時TDRは…

3.11大津波の濁流が家や車を押し流す新映像 海保が公開 【福島第一原発】検証・福島の放射能が表土除去で20%以下に減少 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14293865 【別寅】ニュース【安価】 H23.04.28 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14292106



名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ