※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年05月07日/震災記事
2011-05-09



私有地の一時国有化検討=五百旗頭議長が表明―復興会議 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000096-jij-pol

+記事コピペ収納
私有地の一時国有化検討=五百旗頭議長が表明―復興会議
時事通信 5月7日(土)18時55分配信

政府の東日本大震災復興構想会議の五百旗頭真議長(防衛大学校長)らは7日午後、岩手県大船渡、陸前高田両市の被災地を視察した。この後、五百旗頭氏は記者団に、津波で壊滅的な被害を受けた私有地などの扱いについて「いろいろな方式があるが、(国の)買い上げ、借り上げなしには済まない」と述べ、6月にまとめる第1次提言に一時的な国有化を盛り込む方向で検討する考えを明らかにした。
津波の被災地では、復興を進める上で、水没や地盤沈下などで利用できなくなった土地や、個人が私有地に無計画に再び住居を建築することへの対処が課題となっている。これに関し、五百旗頭氏は「個人レベルを超えた大災害だ。(復興への)現場の努力を大きく包含して完成させるような対処が社会に求められている」と述べ、自治体が保有する公有地の扱いを含め、国の関与が必要との認識を強調した。 

【関連記事】
〔写真特集〕津波、その瞬間
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
〔写真特集〕岩手県陸前高田市の状況
〔写真特集〕岩手県大船渡市の状況
「震災税」の創設必要と五百旗頭議長=首相「単に戻さず創造を」-復興構想会議
最終更新:5月7日(土)20時40分






浜岡停止要請「法律超える判断」=安全機能は確保―保安院 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000102-jij-pol

+記事コピペ収納
浜岡停止要請「法律超える判断」=安全機能は確保―保安院
時事通信 5月7日(土)19時41分配信

政府による中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止要請について、経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は7日の記者会見で、「浜岡の持つ特異な環境にかんがみて、法律を超える判断があった」との認識を示した。保安院は今後、地元自治体へ説明に行くという。
浜岡原発の状況について、西山審議官は「今後30年以内に震度6強クラスの地震が起きる確率が80%以上と突出している。他の原発は数パーセント以下だ」と指摘した。
一方、東京電力福島第1原発事故を受けた保安院の指示で、浜岡原発も電源車の配備など短期的な緊急安全対策を実施。西山審議官は「仮に津波が来ても原子炉は冷却でき、最後の安全機能は確保できている。法律上は(運転条件を)満たしている」と述べた。 

【関連記事】
〔写真特集〕津波、その瞬間
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
原発全面停止、結論を持ち越し=夏場の電力供給など見極め-中部電力
退陣論意識、指導力アピール-菅首相=民主内は賛否両論
〔ニュースワード〕浜岡原発
最終更新:5月7日(土)21時45分





「地震のリスクが違う」=浜岡原発停止要請―細野補佐官 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000031-jij-pol

+記事コピペ収納
「地震のリスクが違う」=浜岡原発停止要請―細野補佐官
時事通信 5月7日(土)9時9分配信

細野豪志首相補佐官は7日午前のTBS番組で、菅直人首相が中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止を要請したことについて「地震のリスクが(他の原発と)違う」と述べ、大規模な東海地震が発生した場合を考慮したことを強調した。また、「原発政策全般についてはいろいろな議論がこれから行われる。それとは分けた判断だ」と述べた。
細野氏は浜岡原発に関し「30年以内に震度6以上の地震が発生する可能性は84%」と指摘。他の大半の原発がある地域は1%未満と説明した。首相の判断に関しては「4月の頭あたりから(内閣官房)参与を含め複数の方が、浜岡について調べた方がいいという意見だった。菅首相もかなり悩んだと思う」と語った。 

【関連記事】
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
原発事故は人災~佐藤前福島県知事インタビュー
疑心暗鬼で迷走する「菅降ろし」
震災対応で菅政権は機能しているのか?
最終更新:5月7日(土)13時43分







微量放射能含む空気、放出へ=1号機原子炉建屋から―浄化作業終了時・福島第1 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000108-jij-soci

+記事コピペ収納
微量放射能含む空気、放出へ=1号機原子炉建屋から―浄化作業終了時・福島第1
時事通信 5月7日(土)20時34分配信

福島第1原発事故で、東京電力は7日、1号機原子炉建屋内の空気中の放射性物質濃度を下げる浄化作業が8日午後に終わるとの見通しを示した。終了時には1階のタービン建屋との間の二重扉を開放するため、外の空気が原子炉建屋に流入して上方へ吹き抜けるようになる。微量の放射性物質を含む空気が大気中に放出されるため、東電は経済産業省原子力安全・保安院の了承を得てから扉を開放する。
空気中の放射性物質をフィルターに吸着させ、空気だけ戻す浄化作業は5日午後に始まり、放射性ヨウ素131、セシウム134、同137の濃度は1立方センチ当たり0.001ベクレル程度に低下した。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は7日の記者会見で、外部環境に影響ないレベルになったとの見方を示した。原子炉建屋は上部が水素爆発で吹き飛んだため屋根がない。
二重扉開放後は圧力容器を覆う格納容器を水で満たす冠水(水棺)作業のための計器調整や、空冷式代替冷却装置の設置に向けた作業が徐々に始まる見込み。
一方、3号機原子炉で懸念されていた圧力容器周囲の温度上昇は落ち着き、7日午前11時には同容器下部で150.3度だった。東電は毎時9トンと1、2号機より多い注水を続けているが、来週後半に注入配管を切り替えることにし、準備工事を行った。 

【関連記事】
〔写真特集〕津波、その瞬間
〔写真特集〕福島原発~原子炉建屋内での作業開始~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず ~
【動画】漁船を沖へと運ぶ激しい引き波=気仙沼に襲来した大津波
東電賠償、新機構に慎重論=料金値上げ懸念で-政府
最終更新:5月7日(土)23時30分







国の震災対策本部 3つに整理 計画停電の瞬間を捉えた! 遂にチェルノブイリ越え!?




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ