※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年05月25日/ニュース記事
2011-06-03



圧力容器、地震当日破損か=配管部に蒸気漏れの可能性―福島第1原発1号機・東電 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000190-jij-soci

+記事コピペ収納
圧力容器、地震当日破損か=配管部に蒸気漏れの可能性―福島第1原発1号機・東電
時事通信 5月25日(水)22時9分配信

東京電力福島第1原発事故で、地震当日の3月11日深夜から翌12日未明までの間に、1号機の圧力容器を貫通する配管部が破損し、蒸気が格納容器内に漏れた可能性があることが25日、東電のデータ解析で分かった。1号機は地震から約15時間後にメルトダウン(炉心溶融)に至り、溶け落ちた燃料で圧力容器底部が破損したとみられるが、想定が正しければメルトダウン以前に圧力容器が破損していたことになる。
東電は1号機の解析で、実際の状況から逆算し、地震から約18時間後に直径3センチ、50時間後に同7センチの穴に相当する損傷が生じたと仮定。格納容器の圧力変化を算出した結果、冷却機能の喪失後、核燃料の損傷で発生した水素により格納容器内の圧力が一時的に上昇した後、仮定した損傷部分からの漏えいで低下するとの結果を得た。
ところが、3月12日午前0時すぎの格納容器圧力の実測値は約0.6メガパスカルで、解析による値(約0.3メガパスカル)を大幅に超えていた。
この理由について東電は、地震発生から約4時間で炉心の損傷が始まり、11日夜には核燃料が溶け始める2800度の高温になった事故初期の段階で、圧力容器を貫通する計測機器用配管や、発電タービンにつながる配管の接続部や密閉部分などが高温で損傷した可能性を指摘。何らかの原因で圧力容器から格納容器側に蒸気が漏えいし、解析よりも高い圧力になったと推定した。 

【関連記事】
〔写真特集〕福島原発~建屋上部の放射性物質を調査~
〔写真特集〕津波、その瞬間
【動画】津波と引き波の中、懸命の操舵で湾口を抜ける巡視船「きたかみ」
溶融分析「進まず残念」=生涯の被ばく管理検討を-安全委
「海水注入準備」はファクス=4時間前、東電が保安院に
最終更新:5月26日(木)0時22分







停電中に女性乱暴の男再逮捕へ=6年前の事件とDNA型一致―警視庁 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000080-jij-soci

+記事コピペ収納
停電中に女性乱暴の男再逮捕へ=6年前の事件とDNA型一致―警視庁
時事通信 5月25日(水)13時7分配信

東日本大震災の余震で停電していた盛岡市の住宅に侵入し、10代の女性に乱暴したとして、岩手県警に逮捕された同市盛岡駅西通の元明治安田生命社員松永享容疑者(29)=強姦(ごうかん)致傷罪で起訴=のDNA型が、2005年3月に東京都武蔵野市で起きた女性乱暴事件の現場にあったものと一致したことが25日、警視庁への取材で分かった。
同庁武蔵野署は強姦や強盗などの疑いで同容疑者の逮捕状を取り、身柄を都内に移送、同日中にも再逮捕する。05年には武蔵野市内で女性が暴行された事件が他に1件あり、関連を調べる。
同署によると、05年3月24日午後11時ごろ、同市の集合住宅に男が侵入し、住人の女性が乱暴された上、現金4万円などの入った財布が奪われた。現場に残されたDNA型が、同容疑者のものと一致したという。 

【関連記事】
【動画】津波と引き波の中、懸命の操舵で湾口を抜ける巡視船「きたかみ」
【特集】原発事故は人災~佐藤・前福島県知事インタビュー
【特集】世界の小銃・機関銃~カラシニコフ小銃は世界に1億丁~
首相はマネジメント能力がない=民主・川内博史衆院科技委員長インタビュー
〔写真特集〕押収銃器~ペンシル型拳銃から自作機関銃まで~
最終更新:5月25日(水)13時12分







民主離党の横粂氏、支持者から袋だたき「ばか野郎」「議員を辞めろ」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110524-00000039-sph-soci

+記事コピペ収納
民主離党の横粂氏、支持者から袋だたき「ばか野郎」「議員を辞めろ」
スポーツ報知 5月24日(火)8時3分配信

民主党から離党する意向を固めた横粂勝仁衆院議員(29)が23日、地元の神奈川・横須賀市内で会合を開き、支持者に説明したが、議員辞職を要求されるなど“袋だたき”にあった。

約100人の後援会関係者を前に、横粂氏は「菅総理の震災後の政権運営への不満、政党政治に限界を感じた」と離党理由を説明したが、支持者からは「一匹狼(おおかみ)じゃ何もできない。なんで離党するんだ、ばか野郎!」と厳しい意見が。小選挙区で敗れ、比例代表(南関東ブロック)で復活当選しただけに、70代男性からは「議員を辞めろ!」の声も飛んだ。しかし、横粂氏は「批判は真摯(しんし)に受け止めた上で、それを超える活動をしたい」と議員辞職を否定した。

20日に同党の岡田克也幹事長(57)に離党届を提出したが受理されず、慰留された。22日にも再面会し「除名でも受け止めますので受理してください」と伝えた。「一匹狼でも国民の皆様の思いを政権与党にぶつけていく手段はある」。離党の決意は固く、今後は無所属で活動する決意だ。

地元支援者からの90分間の“お叱り”を終始、ニコニコ顔で受け止めた横粂氏は、野党から衆院に内閣不信任決議案が提出された場合は「現段階では賛成する」ときっぱり。24日には都内で記者会見する予定だ。

【関連記事】
横粂議員、民主党離党へ…22日、岡田幹事長と面会
最終更新:5月24日(火)8時6分





名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ