※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年08月20日/ニュース記事
2011-08-21



シリアでデモ弾圧続き34人死亡、反体制派は国民評議会設立へ (ロイター) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000919-reu-int

+記事コピペ収納
シリアでデモ弾圧続き34人死亡、反体制派は国民評議会設立へ
ロイター 8月20日(土)14時6分配信


拡大写真
8月20日、シリアでは当局による市民弾圧が19日も継続し、少なくとも34人が射殺されたことが人権活動家らの証言で明らかになった。写真は19日、シリアの国旗。ヨルダンで行われたデモで撮影(2011年 ロイター/Muhammad Hamed)
[アンマン 20日 ロイター] 反体制デモが続くシリアで19日、当局による市民弾圧が継続し、少なくとも計34人が射殺されたことが人権活動家らの証言で明らかになった。アサド大統領は17日に国連の潘基文事務総長に対し、軍部隊と警察によるデモ参加者への攻撃は停止したと述べていた。

【ビデオ】シリアで反体制デモ続く(英語・19日)

人権活動家らによると、デモ弾圧による死者は南部ダルアー、中部ホムス、古代都市遺跡のあるパルミラなどで確認され、子ども4人も含まれる。

一方、国外に亡命中の反体制派は、国民評議会をトルコで21日に設立する計画を明らかにした。反体制デモを支援し、アサド大統領が退陣した場合は政権の引き継ぎに関わる方針だという。

国連はシリアの人道状況を把握するため、20日に調査チームを同国に送る予定。


【関連記事】
【写真】シリア当局による反体制デモの弾圧
米国やEUがシリア大統領に退陣要求、新たな経済制裁も
シリア大統領「市民への攻撃停止」、国連事務総長と電話会談
アラブ3カ国が駐シリア大使を召還、アサド大統領の孤立深まる
焦点:動乱のシリア、首都ダマスカス覆う不気味な平穏
最終更新:8月20日(土)16時52分






代表選巡り 民主党の動き活発 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110820/k10015032051000.html

+記事コピペ収納
代表選巡り 民主党の動き活発
8月20日 19時24分
菅総理大臣の後継を選ぶ民主党の代表選挙を巡って、野田財務大臣は鳩山前総理大臣と会談し、立候補に向け理解を求めたほか、前原前外務大臣は今後の対応を巡って、仙谷官房副長官と会談しました。一方、鳩山氏は小沢元代表と会談し、党内情勢を見極めて結束して対応することを確認しました。

野田財務大臣は、20日午前、鳩山・前総理大臣と会談し、民主党の代表選挙への立候補の意向を伝えました。そのうえで、野田氏は、震災復興の財源に充てるための臨時増税について、「国際的な経済状況などを見極めて行うことであり、何がなんでも増税と言っているわけではない」と述べ、来年度からの実施にこだわらない考えを伝え、理解を求めました。これに対して、鳩山氏は、「考え方は分かった」と述べました。また、立候補に向けて調整に入った鹿野農林水産大臣も鳩山氏と会談しました。この中で鹿野氏は、「立候補の要請は受けたが、この国難で自分がふさわしいかどうか、熟慮している。鳩山氏の助言を聞きたい」と述べたのに対し、鳩山氏は、「次のリーダーには正しいことを言う勇気が求められる。まず、原発事故への対応を抜本的に変えるべきだ」と述べました。一方、グループの中で、代表選挙への立候補を求める声が相次いだ前原前外務大臣は、グループの幹部の仙谷官房副長官と会談し、立候補するかどうかを巡って協議したものとみられます。前原氏の動向は代表選挙の構図に影響を与えることから焦点の1つとなっており、このあと、仙谷氏は岡田幹事長と会談し、前原氏の対応や代表選挙を巡る情勢などについて意見を交わしました。さらに、馬淵前国土交通大臣は東京都内で記者団に対し、小沢元代表の党員資格停止の処分について、「新たな事実によって、物事を判断し直す機会が訪れるのは当然だと思っている」と述べ、状況によっては、見直すことも検討すべきだという考えを示しました。また、小沢元環境大臣も記者団に対し、「小沢氏には、震災復興で力を発揮してもらう環境を整えるべきだ」と述べ、処分を見直すべきだという考えを示しました。ただ、小沢元環境大臣は、代表選挙では海江田経済産業大臣と支持者が重なる部分があり、現時点では、推薦人が立候補に必要な20人に届いていないとして、推薦人の確保に努める考えを示しました。こうしたなか、党内で最大勢力を抱える小沢元代表は鳩山氏と会談し、「次の代表には、国際的な経済不況と原発事故にどこまで腹をくくって取り組むかが求められる」という認識で一致し、民主党の輿石参議院議員会長とも連携しながら、対応していくことを確認しました。







自民・石破氏“大連立困難” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110820/k10015031051000.html

+記事コピペ収納
自民・石破氏“大連立困難”
8月20日 17時58分
自民党の石破政務調査会長は山口市で講演し、菅総理大臣が退陣したあとの新政権との関係について、いわゆる大連立は極めて難しいとして、震災復興を進めていくために、民主・自民・公明の3党による政策協議を通じ、合意形成を図っていきたいという考えを示しました。

この中で石破政務調査会長は、民主党の代表選挙を巡って議論となっている、いわゆる大連立構想について、「大連立を組むなら国民の審判をいつ仰ぐということを明確にすることが必要だ。しかし民主党の中には、自民党が主張する消費税率の引き上げに反対する人や、廃止が決まった子ども手当を『元に戻せ』と言う人もおり、現実的には実現は極めて難しい」と述べました。そのうえで石破氏は、菅総理大臣が退陣したあとの新政権との関係について、「震災からの復旧・復興のテーマに限って3党で協議し、合意できれば実現していくというやり方で協力する」と述べ、震災復興を進めていくために、民主・自民・公明の3党による政策協議を通じ、合意形成を図っていきたいという考えを示しました。







軟骨の幹細胞 耳の膜から発見 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110820/k10015031651000.html

+記事コピペ収納
軟骨の幹細胞 耳の膜から発見
8月20日 18時46分
人間の耳の軟骨を覆う膜に、軟骨のもとになる幹細胞という特殊な細胞が含まれていることを横浜市立大学などの研究グループが発見し、今後、事故などで変形した顔や耳の治療に役立つと期待されています。

軟骨の幹細胞を発見したのは、横浜市立大学大学院医学研究科の谷口英樹教授を中心とする研究グループです。研究グループは、軟骨の移植手術を行った際に、軟骨を取り除いた部分で再生が起きたことに着目し、耳の軟骨を覆う膜の細胞の性質を詳しく調べました。そして、2つの特定の分子を持つ細胞を培養してマウスに移植したところ、人間の耳の軟骨が再生され、軟骨のもとになる幹細胞であることが確認されたということです。研究グループによりますと、この幹細胞は比較的簡単に採取できるうえ、長期間同じ形を維持する特性があり、今後、事故などで変形した顔や耳の治療に役立つと期待されています。谷口教授は「1つの細胞から大量に軟骨を作り出すことができるうえ、安定して形を維持することが分かったので、今後臨床研究を重ねて、治療に役立てられるようにしたい」と話しています。






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ