※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年08月28日/ニュース記事
2011-09-01



<福島第1原発>地元住民沈痛 首相「帰郷困難」発言で (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000006-mai-soci

+記事コピペ収納
<福島第1原発>地元住民沈痛 首相「帰郷困難」発言で
毎日新聞 8月28日(日)2時15分配信

「住民の居住が困難となる地域が生じてしまう可能性があるのが残念ながら事実」。東京電力福島第1原発事故を巡り、菅直人首相が27日に福島県で述べた「帰郷困難」発言は大きな波紋を広げた。同県の佐藤雄平知事は「本当につらい、重い話」と沈痛な表情を見せ、地元首長は「とんでもない」と声を荒らげた。原発のすぐ近くに住む人たちには「一時帰宅直後の発言で、ばかにしている」との怒りや「故郷に見切りをつけるしかない」とのあきらめが交錯した。

◇「中間貯蔵」に知事抗議

この日、菅首相は福島市で開かれた「原子力災害からの福島復興再生協議会」の最終盤に顔を見せ、地元首長らに「(放射性物質の)除染が重要」と強調。ところが佐藤知事との面談で一転し「帰郷困難」に触れた。さらに放射性廃棄物の中間貯蔵施設についても「県内での整備をお願いする」と明言した。

佐藤知事は「県民にとっては本当につらい重い話。住民の帰還(が一部で不可能かもしれないとの)見通しを示す前に、事故の収束、除染に全力を挙げて、一日も早く古里に帰りたいという思いを実現してほしい」と首相に要望。

さらに突然声を荒らげて「中間貯蔵施設のこと、突然の話じゃないですか。困惑している」と抗議し「事故以来、猛烈に苦しんでいる県にとってはきわめて重い話。国としてしっかり対応してほしい」と求めた。

第2原発が立地する富岡町の遠藤勝也町長は協議会終了後「さっきは何のための会議だったんだ。どうして我々の前で(帰郷困難を)言わなかったんだろう。こっちに相談もなしに。とんでもない話だ」とあぜん。「除染もしてないうちに、そんな考え方を示されたら憤りを感じる。我々が一生懸命帰ろうとしているのに、水を差すようなことは言わないでほしい」と厳しく批判した。【種市房子、竹内良和】

◇一時帰宅直後…「ばかにしている」

「帰郷困難」の可能性が高いのは、一時帰宅を長く禁じられ26日にようやく解禁となった大熊、双葉両町の半径3キロ圏内。原発から2.8キロの大熊町小入野に住んでいた会津若松市の無職、杉本征男さん(70)は「生きているうちに帰ることはないだろうと腹をくくっていたから驚きはない」と受け止めながらも「もうお墓参りもできねえ。悔しいな」と怒りをかみ殺す。そのうえで「どこが帰れない地域か明言してほしい。そうでないと、次の行動が起こせない」と求めた。

原発から約3キロに自宅があり、長女とともに岡山県美作市に避難している同町の木村紀夫さん(46)は「いつかは帰りたいと思っていたので気持ち的にはしんどいが、どれくらいの線量で帰れないのか細かい数字を提示したうえではっきり言われるなら仕方ない。ただ、中間貯蔵施設を県内に造るというのは到底納得できない」。

原発から約2.5キロの双葉町細谷に自宅があり愛知県安城市に避難している農業、山本安夫さん(60)は26日に一時帰宅したばかり。「やっと実現した一時帰宅の翌日に、辞める首相が『戻れません』と宣告する。私たちをばかにしているとしか思えない」と憤る。

同じく細谷地区に自宅があり、家族を群馬県高崎市に避難させて原発の収束作業のためいわき市に単身赴任している会社員、遠藤義政さん(50)は「自宅は原発から2.5キロで戻れなくなる覚悟はできている。買い上げなのか借り上げなのか、政府が早く方針を示さないと次の生活が見えない」。

双葉町で農業を営み埼玉県加須市に集団避難した谷充(たに・みつる)さん(60)も「どこまでが住めなくなるのか、どんな補償内容になるのか、国は直接私たちに示してほしい」と訴えた。【伊澤拓也、袴田貴行、島田信幸、藤沢美由紀】

【関連記事】
【福島第1原発周辺の状況の地図も】帰郷困難、20年超も 政府試算
【写真で見る】東日本大震災 福島第1原発の空撮映像 2011年3月27日
【写真で見る】津波に襲われる福島第1原発
【福島第1原発】放出セシウム…広島原爆の168個分
【福島第1原発】事故からの復興で特別法制定へ
最終更新:8月28日(日)10時45分







妻が掘った穴に転落 夫婦死亡 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110828/t10015198991000.html

+記事コピペ収納
妻が掘った穴に転落 夫婦死亡
8月28日 5時31分
27日夜、石川県かほく市の海岸で砂浜に掘られた穴に23歳の夫婦が転落し死亡しました。転落した穴は、妻が夫を驚かそうと友人と一緒に掘った落とし穴だったということです。

27日午後10時すぎ、石川県かほく市の大崎海岸で、金沢市の会社員、出村裕樹さん(23)と妻の里沙さん(23)が、砂浜に掘られた穴に転落し、砂に埋まりました。2人は、近くにいて悲鳴を聞いた友人からの通報で、駆けつけた消防によっておよそ2時間後に助け出されましたが、すでに意識はなく、搬送先の病院で死亡が確認されました。死因は砂に埋まったことによる窒息死とみられるということです。警察の調べによりますと、2人が転落した穴は里沙さんが夫の裕樹さんを驚かそうと友人4、5人と一緒に27日の昼すぎから掘ったもので、直径が2メートル40センチ、深さが2メートル50センチほどあり、シートでふたをして、上から砂をかぶせていたということです。夜になって里沙さんが裕樹さんを現場に連れて行ったところ、2人とも転落したということで、警察は近くいた友人から話を聞くなどして、詳しいいきさつや転落した状況などを調べています。







<落とし穴転落死>近くに友人ら 救出までに2時間 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000037-mai-soci

+記事コピペ収納
<落とし穴転落死>近くに友人ら 救出までに2時間
毎日新聞 8月28日(日)20時21分配信


拡大写真
夫婦が落ちて死亡した落とし穴付近を調べる捜査員ら=石川県かほく市の大崎海岸で2011年8月28日午前11時26分、本社機から後藤由耶撮影
27日午後10時ごろ、石川県かほく市大崎の大崎海岸の浜辺で、金沢市湖陽1、会社員、出村裕樹さん(23)と妻で事務員の里沙さん(23)が、波打ち際から約30メートルの砂浜に掘られた穴(約2.4メートル四方、深さ約2.5メートル)に転落した。2人は約2時間後、駆け付けた救急隊員に救出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。県警津幡署によると、里沙さんと友人が落とし穴として掘ったという。死因は砂に埋まったことによる窒息死とみられる。

【写真特集】なぜこんな大きな穴を 落とし穴転落死事件

同署によると、里沙さんは同日午後から、友人の男女5人と遊びに来ていた。友人の話では、裕樹さんが来月上旬に誕生日を迎えることを機に落とし穴で驚かそうと、里沙さんと友人が昼過ぎに掘り、シートをかけて上から砂をかぶせたという。現場にはスコップや、穴から出るためのはしごが残されていた。

一度、金沢市内の自宅に戻った里沙さんが裕樹さんと現場に戻り、落とし穴まで案内したが、浜辺が暗いため誤って2人で転落したとみられる。シートの上にかぶせてあった砂が転落に伴って穴に向かって落ち込む形となり、2人は砂に埋まったらしい。同署は、落とし穴の深さなどから危険性を予測できなかったかなど、友人らから事情を聴いている。

夫妻が転落した際、友人らは近くにおり、悲鳴を聞いて現場に駆け付けたという。約45分後に119番通報し、数分後に救急車が到着。隊員らは、既に砂を掘り始めていた友人らと一緒に救助を進めたが、救出までに到着から1時間かかったという。【松井豊、橘建吾】


【関連記事】
小型コースターから男性転落死 東京ドームシティ(2011年1月)
菊間アナウンサーが放送中に落下、重傷(1998年9月)
最終更新:8月28日(日)22時23分







生徒の2ちゃんねる書き込みで発覚 日本史「ハングル授業」に賛否両論 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110826-00000003-jct-soci

+記事コピペ収納
生徒の2ちゃんねる書き込みで発覚 日本史「ハングル授業」に賛否両論
J-CASTニュース 8月26日(金)17時32分配信


拡大写真
2ちゃんねるでアップロードされたプリント。「ハングルで名刺を作ろう」とある
「韓流ごり押し」が問題化するなか、神奈川県立高校の教諭が、日本史の授業でハングルを教えたり、校外学習で関東大震災時の朝鮮人虐殺の現場を計画していたことが明らかになった。県教委は学校に対して、このような授業を行わないように指導したが、この指導に対しても、賛否両論が県教委には寄せられている。

横浜市にある県立高校の地理歴史科の女性教諭が、2010年12月下旬の日本史の授業で、生徒に自分の名刺をハングルで作らせるなどした。さらに、夏休みに行う夏季講習では、「関東大震災時の起きた朝鮮人虐殺の現場」の見学を企画し、参加者を募っていた。2011年8月25日に産経新聞が1面で報じ、問題が表面化した。

■特に教諭の処分は行われていない

県教委では、「生徒や保護者、県民に疑義を持たれる行為」などとして、高校の校長を通じて指導したが、「問題が持ち込まれたのは高校教育指導課で、指導するのが役割だ」などとして、特に処分は行われていない。

県教委によると、8月上旬に県民から授業内容の問題点を指摘するメールが高校教育指導課に届いて発覚。メールの具体的な内容や、添付ファイルがあったかどうかについては明らかになっていない。

実は、この問題は、この高校の生徒が2ちゃんねるに書き込んだことがきっかけになっているようだ。8月6日には、

「高校の日本史の授業なんだが教師がハングルの練習をさせてくるんだがこれって問題じゃないのかしかも校外学習では関東大震災時に朝鮮人虐殺となった場所の見学」

と書き込まれ、授業で配られたとみられるプリントの写真もアップロードされた。プリントは「ハングルで名刺を作ろう」と題したもので、「基本的な子音字母と母音字母の組み合わせ」という表が確認できる。ハングルの基本構造を学ぶのには不可欠な表だ。

■教諭は「韓国人に生まれたかった」?

さらに、書き込みでは、

「あまりにひどいので直談判しにいったんだが(もちろん抗議ではなく先生って韓国好きなんですか?程度)韓国人に生まれたかったとかいう始末。テストも朝鮮多め。いやまぁ2ch脳で韓国嫌いになったわけだが日本史の先生が朝鮮の話ばっかするのっていいのか?」

と、教諭の韓国偏重ぶりに嫌悪感を示した。2ちゃんねる上では、

「指導要領からがちで離れているようなら教育委員会等にたれこんだ方がいいぞ」
「マジ日本史の授業のコマ割いて韓国史や韓国語を高校で教えているなら大問題だぞ」
「教育委員会に画像添付してメールしといたほうがいいよ匿名で生徒の親っていう設定にしとけば後腐れもない」

といった返信が相次ぎ、これに背中を押される形で県教委に連絡したものとみられる。

この問題をめぐっては、賛否両論「少なくない数をいただいている」(県教委)といい、ネット上でも、「偏向している」と教諭を批判する声がある一方、「なぜ授業内容を制限する必要があるのか」と、県教委側の対応を批判する声もある。

【関連記事】
韓流偏重「なぜ抗議されなきゃ?」 フジ、文書受取り拒否の高姿勢 : 2011/08/21
朝鮮日報が偽デモ画像を掲載 実は「2ちゃん」のネタ写真だった : 2011/08/22
ローソン、チャン・グンソクと年間契約 : 2011/07/15
恋人に言ってはいけない 「お給料、安くない?」 : 2011/08/26
紳助引退で「この人たち」が意識改革 「責任感もった大人になりたい」 : 2011/08/26
最終更新:8月26日(金)19時32分






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ