※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年09月16日/ニュース記事
2012-01-09



東京株195円高、世界経済の悪化懸念後退 2週間ぶり8800円台回復 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110916-00000569-san-bus_all

+記事コピペ収納
東京株195円高、世界経済の悪化懸念後退 2週間ぶり8800円台回復
産経新聞 9月16日(金)15時4分配信

16日の東京株式市場は、世界経済の悪化懸念が後退し、大幅に続伸して取引を終えた。日経平均株価の終値は、前日終値比195円30銭高の8864円16銭となり、終値では2日以来、2週間ぶりに8800円台を回復した。

東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、16・37ポイント高の768・13だった。

資金繰り不安がくすぶる欧州の銀行に対して、日米欧の主要中央銀行が一致して支援することを15日に発表。これを受け、欧州の債務問題に対する懸念が薄らぎ、朝方から買い注文が先行した。買い一巡後は高値圏でのもみ合いが続いたが、引けにかけて一段高となった。

【関連記事】
ドラクエ新作「Wii」対応まさかの裏目に ゲーム関連株が大幅安
家電量販店株、軒並み上昇 「節電ポイント」材料視
流通業界、「増税首相」に警戒感 百貨店株に売り集中
世界同時不況に現実味、金融政策効果上がらず
国交省、住宅エコポイント復活へ3次補正で要求
最終更新:9月16日(金)15時54分







恐竜の羽毛?琥珀の中に…進化解明に期待 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110916-00000560-yom-sci

+記事コピペ収納
恐竜の羽毛?琥珀の中に…進化解明に期待
読売新聞 9月16日(金)12時43分配信

【ワシントン=山田哲朗】恐竜や初期の鳥類に生えていた羽毛が、カナダ西部で発掘された白亜紀後期(7000万年前)の琥珀(こはく)に閉じこめられた状態で見つかった。

カナダ・アルバータ大学の研究者が16日付の米科学誌サイエンスで発表した。

羽毛はふつう、平らに押しつぶされた化石として残る。多数の羽毛が琥珀の中で、細部の構造まで保存されたまま見つかるのは珍しい。羽毛がどの恐竜や鳥のものなのかは特定されていない。しかし、1本の軸だけしかない原始的な羽毛や、軸が束になって生えている次の段階、さらに複雑に枝分かれした現代的な羽毛などが確認され、羽毛の進化解明に役立ちそうだ。

国立科学博物館の真鍋真研究主幹は、「巻き毛状の羽毛やカギ状の突起など、今回見つかった琥珀の中には羽毛の立体的な微細構造が残っており、進化したそのような羽毛がすでに白亜紀に出現していたことがわかる」と話している。 最終更新:9月16日(金)13時54分







川澄ちゃんのお肌を守れ!「ニキビのケアしたい」でCMオファー (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110915-00000320-sph-socc

+記事コピペ収納
川澄ちゃんのお肌を守れ!「ニキビのケアしたい」でCMオファー
スポーツ報知 9月16日(金)8時2分配信


拡大写真
チームに合流し笑顔で練習する川澄(右から2人目)と沢(左)(左から2人目は南山)
川澄ちゃんのニキビを治したい! なでしこジャパンのINAC所属7選手が15日、兵庫・三木市内で行われたチーム練習に1か月ぶりに合流。リーグ初優勝に向けて再始動した。12日に五輪予選が行われた中国から帰国した際、「今はニキビのケアをしたい」と発言したFW川澄奈穂美(25)のもとには、美容関係業者からCM出演やモニターの依頼が殺到。フィーバーは過熱するばかりだ。

なでしこの美容番長・川澄の影響力はとどまるところを知らない。先月15日までの韓国遠征以来、1か月ぶりに一堂に会したINACイレブンを見つめながら、チーム関係者は「川澄がニキビ、ニキビと言っていたので、美容系のCM出演やモニターの話が13日に一気に3社来た」と、ニキビ治療化粧品「プロアクティブ」のガシー・レンカー・ジャパン社などから依頼があったことを明かし、いずれかで受諾を検討中という。

五輪アジア最終予選が行われた中国から帰国した12日、千葉・成田市内での会見で、右ほおにできた大きな吹き出物を指さして、「今はニキビのケアをしたい。中国(の水や空気)は合わないんで」とふくれっ面をした川澄。スキンケアの希望もかなえてくれそうなCM出演話は、願ってもないものだ。

それでも、休むことなく突っ走ってきた、なでしこNO1アイドルは、“本分”を最優先することになる。W杯から帰国した7月以降、川澄とMF沢は、オフは必ず上京し撮影やテレビ出演をこなしてきたが、今後は「サッカー選手の基本に返る。東京行きを伴うテレビ出演はすべて断る」(同関係者)と、目標の全勝優勝のために体調管理を最優先するという。

さらに、川澄と沢に複数の芸能プロダクションからマネジメント契約の依頼が殺到していることを明かしつつ、「現状と変わらない方向でいく」と断る方針。フロントの仕事は増えても、“サッカー第一”で切り盛りを続けていく決意をにじませた。

14日は久々の完全オフを「(自宅で)ボーッとしてました」と川澄。練習再開で、「前半戦は悪い内容でも勝てたが、後半戦は内容にこだわりたい」と、なでしこ7人と韓国代表2人を擁する“女版銀河系軍団”の主将の顔を取り戻した。川澄の行動すべてが、さらなるフィーバーを作り出していく。

【関連記事】
なでしこ“美容番長”川澄にCM&モニター依頼が殺到
沢らINACに総額1億円超「―一番」サンヨー食品が支援
MVP級活躍の川澄、米国との再戦熱望…なでしこジャパン
川澄ちゃん不発も守備で貢献…五輪最終予選
なでしこジャパン 、 川澄奈穂美 、 プロアクティブ を調べる 最終更新:9月16日(金)11時5分





名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ