※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年10月02日/ニュース記事
2011-10-02



5ミリ・シーベルト未満も除染支援…原発相 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111002-00000488-yom-pol

+記事コピペ収納
5ミリ・シーベルト未満も除染支援…原発相
読売新聞 10月2日(日)21時58分配信

細野原発相は2日、福島県庁で佐藤雄平知事と会談し、東京電力福島第一原子力発電所事故により拡散した放射性物質の除染の支援について、年間被曝(ひばく)線量が1~5ミリ・シーベルト未満の地域も含めて国が責任を持つ考えを伝えた。

政府は9月末、除染に関する国の財政支援は原則として年間5ミリ・シーベルト以上の地域とし、1~5ミリ・シーベルト未満の地域は放射線量の高い側溝など局所のみとする方針を示したが、県や関係市町村から不満が出ていた。

細野氏は会談で「除染の対象は1~5ミリ・シーベルトの地域も当然含まれる。我々の目標は1ミリ・シーベルト以下にすることだ」と述べ、従来の方針を転換する考えを表明。その後、記者団に「1~5ミリ・シーベルトの地域の除染は国が責任を持ってやる。どうやるかは市町村の考えにできるだけ寄り添いたい」と語った。 最終更新:10月2日(日)21時58分







金正日の孫? メディア露出後にフェイスブックを非公開に (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111002-00000006-cnippou-kr

+記事コピペ収納
金正日の孫? メディア露出後にフェイスブックを非公開に
中央日報日本語版 10月2日(日)13時10分配信


拡大写真
キム・ハンソル(写真上)の承認がなければフェイスブックのアカウントを見られないという案内文。
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の孫にあたるキム・ハンソル氏のものと推定されるフェイスブックアカウントに対する一般からのアクセスが遮断された。自身のフェイスブックアカウントに上がっていた文と写真が先月30日にメディアで大きく報道されたことに負担を感じてキム・ハンソルが自ら一般からのアクセスを遮断したとみられる。

1日午前から「HanSol Kim」という英文名で開設されたアカウントにアクセスすると、鍵の表示とともに「一部の情報のみを一般公開しています」と書かれた案内文が出てくる。前日まではキム・ハンソルのプロフィール写真9枚だけでなく、父親の金正男(キム・ジョンナム)と推定されるキム・チョルらとやりとりした文とコメントを制限なく閲覧できた。結局自身がフェイスブックで「友達」に設定した少数の知人にだけ情報を公開したと分析される。

彼のフェイスブックに上がった写真と文は先月30日にメディアに公開された。当時写真でキム・ハンソルは黄色く染めた髪にネックレスとイヤリングを着用するなど自由奔放な姿をしていた。彼のフェイスブックアカウントには蝶ネクタイをしてパーティ会場でガールフレンドの腰に手を回して撮った写真などがあった。また、キム・ハンソルと対話をやりとりしたキム・チョルのフェイスブックアカウントには金正男の写真とともに金総書記の後継者で金総書記の三男の金正恩(キム・ジョンウン)を「カンフーパンダ」に戯画化した合成写真が登録されていた。だが、キム・チョルのアカウントもやはり1日からアクセスできない状態に変わった。

フェイスブックとともにキム・ハンソルが開設したと推定されるツイッターアカウントとブログも一般のアクセスができないよう遮断された。彼のフェイスブックアカウントの名前と同じ「khsol616」でツイッターにアクセスすると、「承認されたフォロワーのみがツイートとプロフィール情報を確認できます」という案内文が出てくる。彼は43人のアカウントをフォローし、彼をフォローしている人は8人と出てくるが、リストは非公開に設定されている。

また、キム・ハンソルが作ったと見られるインターネットブログもやはり一般人が内容を見られないよう設定されている。ただし関心分野が写真、旅行、食べ物、ワイン、スパなどで、映画ではロマンチックコメディ「ラブアクチュアリー」とフットボールチームを素材にした「リメンバー・ザ・タイタンズ」などが好きだという事実だけ確認することができる。

【関連記事】
金正日の孫がボスニアのインターナショナルスクールに登録
金正日の孫と推定 キム・ハンソルさんの写真が話題
最終更新:10月2日(日)13時10分







あきたこまちPRおにぎり、コシヒカリと誤表示 (読売新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111002-00000518-yom-soci

+記事コピペ収納
あきたこまちPRおにぎり、コシヒカリと誤表示
読売新聞 10月2日(日)20時37分配信

秋田県産米「あきたこまち」のPRのため、同県が1日に東京・JR有楽町駅前でおにぎり9000個を無料配布した際、包装フィルムに「コシヒカリ100%使用」と誤表示していたことがわかった。

県は「製造業者のミスだが、せっかくのPRの機会だったのに残念」としている。

県は、1日から都内で開催中の県のPRイベントの一環としておにぎり配布を決め、全農パールライス東日本(本社・東京都千代田区)の千葉市の炊飯工場に製造を依頼した。この工場で扱うコメはコシヒカリが中心で、同日出荷するおにぎりからコシヒカリの表示を始めたため、あきたこまち約500キロ分のおにぎりにも同様の表示をしてしまったという。県の担当者が配布前に誤表示に気付き、「コシヒカリではなく、あきたこまちの新米です」と言いながら配ったという。 最終更新:10月2日(日)20時37分







小笠原諸島 外来種対策で昆虫増 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111002/k10015983041000.html

+記事コピペ収納
小笠原諸島 外来種対策で昆虫増
10月2日 14時18分
世界自然遺産に登録された小笠原諸島で、外来種のトカゲの「グリーンアノール」が入り込まないようにする取り組みを進めたところ、小笠原だけに生息する昆虫が増えたことが分かりました。

世界自然遺産に登録された小笠原諸島では、小笠原だけに生息する固有種の動植物や昆虫などが数多く生息していますが、こうした固有種を食べる外来種の対策が課題となっています。このうち、船の積荷に紛れ込むなどして、北アメリカから持ち込まれ、今は数百万匹に増えたとみられている「グリーンアノール」というトカゲについては、環境省が母島に入り込まないようにネットを張るなどの対策を3年前から進めてきました。その結果、固有種の「ヒメカタゾウムシ」という昆虫は、調査ポイントごとに見つかった数が、ことしは0.7匹を上回り、3年前の7倍以上に増えたことが環境省の調査で分かりました。グリーンアノールが入り込まないようにした効果が確認されたのは初めてだということで、環境省は、ほかの昆虫の生息数も調べることにしています。






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ