※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年11月07日/ニュース記事
2012-01-09



イタリア国債が最安値を更新 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/t10013794691000.html

+記事コピペ収納
イタリア国債が最安値を更新
11月7日 19時40分
週明け7日のヨーロッパの債券市場では、信用不安が拡大することが懸念されているイタリアの今後の財政再建への不信から、イタリア国債が売られ、10年物の国債はユーロ導入以来の最安値を更新しました。

先週末、フランスのカンヌで開かれたG20サミットでは、巨額の債務を抱えるイタリア政府が、IMF=国際通貨基金の監視を受けながら財政再建を進めていくことが合意されました。これを受けた週明け7日の債券市場では、朝方、イタリアの国債が売られてユーロ導入以来の最安値を更新し、10年物の国債の利回りは、一時、6.6%前後に上昇しました。国債の利回りは、政府が新たに国債を発行する際の金利の目安になるもので、現在のイタリア国債の水準は、財政危機に陥ったアイルランドやポルトガルが自力での財政再建を断念して、金融支援を余儀なくされた7%程度という金利に近づいています。一方、ヨーロッパの株式市場でも、信用不安の広がりへの懸念からロンドンやパリ、フランクフルトなど主な市場で株価は値下がりしています。市場関係者は「ギリシャ情勢の混迷で先週末のG20サミットでも、信用不安問題の解決に目立った進展がなかったうえに、イタリアを巡ってはベルルスコーニ首相の政権基盤の弱さが財政再建の行方を不透明にしている」と話しています。







TPP 経団連会長が首相に期待 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/k10013793011000.html

+記事コピペ収納
TPP 経団連会長が首相に期待
11月7日 18時47分
経団連の米倉会長は、野田総理大臣が、10日にも、みずからの考えを表明するとみられているTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉への参加の是非について、「日本が経済連携で後れを取っているなか、TPPはノーというのはあり得ない話だ」と述べ、野田総理大臣の政治判断に期待感を示しました。

この中で、米倉会長は、「TPPに関する議論は、今、大詰めを迎えているが、まずは交渉に参加して日本の主張をどんどん言っていくことが一番重要だ」と述べ、日本はTPP交渉に参加すべきだという考えを改めて強調しました。そのうえで、米倉会長は、「日本が経済連携に後れを取っているなか、『TPPはノー』というのはあり得ない話だ」と述べ、野田総理大臣の政治判断に期待感を示しました。一方、TPPに参加すれば、日本国内の農業が大きな打撃を受けかねないという懸念が農業団体などから出ていることについて、米倉会長は、「日本の農業をどう強化していくかは、TPPとは関係なく、日本の将来にとって重要なので経済界も協力していきたい」と述べました。日本自動車工業会の志賀俊之会長は、記者団に対し「自動車業界は、自由貿易を要望してきたが、それ以外の産業には不利な点もあるので、国民レベルでしっかり議論し、国として正しい方向を決めて欲しい」と述べました。そのうえで、志賀会長は「多国籍での貿易の枠組みは非常に重要で、かやの外にいる不安感は非常に大きい」と述べ、自動車業界としては、TPP交渉への参加を求める考えを改めて強調しました。







TPP交渉過程 積極的に開示 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/k10013791631000.html

+記事コピペ収納
TPP交渉過程 積極的に開示
11月7日 18時47分
藤村官房長官は、7日午後の記者会見で、日本がTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉に参加する場合には、各地で対話集会を開くなどして、交渉の過程で得られる情報を積極的に国民に開示していく考えを示しました。

この中で、藤村官房長官は、与野党からTPPに関する情報が不足しているという指摘が出されていることについて、「現時点で分かることは説明し、党の議論にもかけてもらっているが、今、情報が少ない理由には、日本が交渉に参加していないという部分も確かにある」と述べ、交渉に参加していないことが、情報不足につながっているという認識を示しました。そのうえで、藤村官房長官は「もし、日本がTPPの交渉に参加した場合は当然、その経過で、いろいろな問題があることを、全国的にしっかり国民に知らせながら交渉を進めていく」と述べ、日本がTPPの交渉に参加する場合には、各地で対話集会を開くなどして、交渉の過程で得られる情報を積極的に国民に開示していく考えを示しました。







“世界一”技術 スパコン発売へ NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/k10013789121000.html

+記事コピペ収納
“世界一”技術 スパコン発売へ
11月7日 16時4分
世界一の処理速度を誇る次世代のスパコン・スーパーコンピューターの「京」の技術を利用した新たなスパコンが販売されることになり、新技術の開発や先端医療など幅広い分野での利用が期待されます。

これは、ことし6月世界一の処理速度を実現したスーパーコンピューターの「京」の開発に携わった大手電機メーカーが、「京」の技術を生かして業務用に製作したスパコンです。このスパコンの特徴は、コンピューターの頭脳にあたる「京」の装置を改良し、1.8倍の計算能力を持たせており、このスパコンを1000台余りつなぐと、理論上は、この会社の従来のスパコンよりおよそ200倍、「京」と比べても2倍の速度で計算ができるということです。これを活用しますと、例えば、飛行機や自動車などで新製品を開発する際の空気抵抗を調べたり、事故が起きた場合の詳細なシミュレーションができたりするようになるほか、医療分野では、レントゲン写真などを基に患者の心臓の鼓動する様子をコンピューターグラフィックスで正確に再現し、治療に役立てるといったことが、今より速く高い精度でできるようになるとしています。1台当たりの値段は5000万円からを想定しており、既に内外の研究機関や企業と商談があるということです。会見した「富士通」の佐相秀幸副社長は、「世界最高レベルのスパコンと言えると思う。社会から集められる大量のデータを蓄積、分析して、社会に役立てられると考えている」と述べました。スーパーコンピューターは、通常のパソコンに比べ、桁違いに速い計算速度を持ち、数年かかるような計算を1日や数か月という短期間でできることから、工業製品の製造現場や、新薬の開発、気象予報など、幅広い分野で欠かせない、基盤技術となっています。その国の産業競争力とも密接に関わることから、世界的にもしれつな開発競争が続いていて、その競争の指標となるのが、毎年6月と11月に発表される計算速度の世界ランキングです。理化学研究所によりますと、日本のスパコンは、18年前の1993年11月の時点では、1位を含め、上位500位の中に107台がランクインし、アメリカに次ぐ世界2位のシェアでした。しかし、その後、ヨーロッパやロシア、中国などの躍進が目立つようになり、上位500位に占める日本のスパコンのシェアは徐々に減少します。計算速度では、9年前の2002年に日本の「地球シミュレータ」が世界一を奪還しますが、シェアの減少傾向には歯止めはかからず、事業仕分けで次世代スパコンの開発が厳しい批判を受けた2年前の2009年11月の時点で、ランクインした日本のスパコンは16台、世界6位にまで後退していました。ことし6月、7年ぶり>に日本の「京」が計算速度世界一に返り咲きましたが、50位以内に入っているのは僅か4台で、総合力では、アメリカやヨーロッパに水をあけられた状態が続いています。







<野田首相>「消費税10%」を釈明 衆院予算委 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111107-00000095-mai-pol

+記事コピペ収納
<野田首相>「消費税10%」を釈明 衆院予算委
毎日新聞 11月7日(月)21時39分配信


衆院予算委で下地幹郎国民新党幹事長の質問に答える野田佳彦首相=国会内で2011年11月7日午後4時37分、藤井太郎撮影
野田佳彦首相は7日の衆院予算委員会で、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で消費税を10年代半ばまでに段階的に10%まで引き上げると「国際公約」したことについて、「『いきなり国際公約』と(の趣旨を)今日の本会議(の質疑)でも言われたが、そうではない。所信表明演説や国会の質疑、記者会見でも言っている」と述べ、国内でも説明した内容の繰り返しに過ぎないとの考えを強調した。

【発端は…】野田首相、G20で消費増税表明 10年代半ばに10%

そのうえで、税と社会保障の一体改革に伴う消費増税について「年金、医療、介護を持続可能にしていくには持続可能な財政でなくてはならない。歳入改革は避けて通れない。先送りできない」と理解を求めた。国民新党の下地幹郎氏への答弁。

一方、首相は同日の衆院本会議で、自民党が求めている東日本大震災に伴う復旧・復興関連予算を管理する特別会計の新設について「資金の流れを透明化する一つの方法だ」と述べ、12年度予算案からの導入を受け入れる考えを示唆した。

また消費税率引き上げ法案について「(来年の通常国会に)法案提出後は成立に全力を尽くし、実施前には総選挙で民意を問う」と述べ、法案成立前の衆院解散・総選挙には否定的な考えを示した。自民党の西村康稔氏への答弁。【佐藤丈一、笈田直樹】


【関連記事】
【財政健全化、強い決意】野田首相が「消費税10%」国際公約 実現には壁高く
【安全運転が裏目に】野田首相 質問されてない問題に、また答弁
【衆院解散・総選挙】玄葉外相、消費増税法案成立直後とは認識せず
【税と社会保障の一体改革に伴い】消費税増税、2段階程度で…藤井・党税調会長
最終更新:11月8日(火)9時2分







橋下前府知事が「共産党」にぶち切れ 「自宅前で『個人攻撃』街宣された」 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111107-00000005-jct-soci

+記事コピペ収納
橋下前府知事が「共産党」にぶち切れ 「自宅前で『個人攻撃』街宣された」
J-CASTニュース 11月7日(月)19時22分配信


大阪市長選の告示が近付いてきた。
橋下徹・前大阪府知事がネットのツイッター上で「共産党」に対してぶち切れしている。街宣車が「自宅マンション前に張り付いて、個人攻撃を行った」のだという。

橋下氏がいう「共産党の街宣車」は、共産党推薦の府知事選候補予定者、梅田章二氏の支持団体「明るい民主大阪府政をつくる会」の車のことのようだ。「つくる会」側は、「『橋下氏の自宅前』を意識して演説するようなことはしていない」と説明している。

■「駅前でやってくれよ」「自宅には来るな」

「共産党の選挙戦について考えて欲しいことがあります」。2011年11月7日未明、橋下氏は自身のツイッターで「読者」らにこう呼びかけ、10回の連続投稿で共産党批判を展開した。

ちなみに「つくる会」は、同会サイトによると、1971年結成(2004年に現在の名前に改称)、大阪商工団体連合会や日本共産党など56の団体・政党で構成されている。

橋下氏の「つぶやき」に戻ると、11月6日15時過ぎ、「共産党の街宣車」が、「僕の自宅マンション前に張り付いて、僕を批判する酷い街宣活動」をしたという。時間的にどの程度続いたのかは触れていない。

以下、橋下氏による「共産党」批判の一部を紹介すると、

演説の内容は、「政治活動と言うよりも完全に個人攻撃」。攻撃されるのは構わないのだが、「それだったらもっと人の居るところでしろよ」「駅前でやってくれよ」「自宅には来るな」と注文している。

また、「うちの子どもは受験生なんだよ。勘弁してくれよ」として、「受験生だろうがなんであろうが、政敵の子供であれば一切お構いなし。恐ろしい」と批判。「もう少し人の情けをもって、子供たちのことを考えてくれ」などと配慮を呼びかけている。

「子供の人権とかいつもワーワー口にするくせに、一番子供の人権を踏みにじっているのが共産党だ」「政敵を倒すためには一家皆殺し」と激しい表現も使っている。

■「意識的な『自宅前演説』していない」「仮にそうなら偶然」

実は、直前の11月5日、共産党推薦を受け大阪市長選に立候補を表明していた前市議が、立候補見送りを発表した。

「橋下氏の独裁を許してはならないという市民の声を生かす」ための撤退だとして、橋下氏に対抗する現職の平松邦夫市長を支援する考えも示していた。

こうした共産党側の対応へのいら立ちが、今回の橋下氏の「つぶやき」の背景にあるのでは、との憶測をめぐらせる向きもあるようだ。

「つくる会」は、橋下氏の指摘をどう受け止めるのか。事務局の担当者に話をきくと、橋下氏の該当ツイッターは取材前から読んでいた。

住宅街などを街宣車で走り、ところどころ車を止めて演説することは、今回に限らず「政治活動として普通に行っている」。

11月6日午後に橋下氏の自宅があるとされる場所を含む地区内で演説をしたのは事実だが、かなり広い地区であり、「意識的に『橋下氏の自宅前』で演説するようなことはしていないし、(今後も)しない」と説明した。

また、「マイクを使った演説の声は、比較的遠くにも届く」として、「(橋下氏は)車が見えたのか。声は聞こえたのだろうが、本当に『自宅前』だったかどうかは(橋下氏の)ツイッターをみてもよく分からない」と指摘した。仮に「自宅前」だったとすれば、「偶然だ」という。

少なくとも橋下氏の「自宅の近所」で演説があったのは間違いなさそうだが、「自宅前」か「自宅の近所」か、で受ける印象はかなり異なる。

■「演説は5分程度」

「つくる会」と協力している共産党の該当地区委員会の幹部にも聞いてみた。

橋下氏のツイッターを受け、この幹部が、当日に演説のマイクをにぎった男性らに話をきいたところ、「どれが橋下氏のマンションなのか」は知らないため、「橋下氏の自宅前」で演説を行ったかどうかは分からないと答えたそうだ。判定不能だ、というわけだ。

「その地区のどこか」に橋下氏が住んでいるようだが、地区は広く、また、演説はほかの地区でも行っており、橋下氏が住んでいるとされる地区でも演説すること自体は自然な流れだとも言いたいようだ。

また、該当地区での演説は5分間程度で、「特別長かったわけではない」。内容も、橋下氏らが進める人事評価厳格化をめざす職員条例問題に関する話が中心だったとしている。

街宣問題自体を超えて、「ほんと共産党って、(略)現実無視というか、人間の感情がないと言うか」などと批判されたことについて、共産党大阪府委員会の幹部に質問すると、

 「(橋下氏の)言い方について、いちいちコメントする気はない。もっと重要な政策論争をやりましょう」

と答えた。

もっとも橋下氏は、マスコミや他陣営による「中傷合戦でなく政策論争を」との論調に対し、「ツイッターや会見で政策論を具体的に展開している」としばしば反論している。

【関連記事】
橋下の大阪都構想、「評価する」が67% : 2011/11/07
「週刊バカ文春もバカ新潮も買ってしまった!」 橋下氏、批判記事に「余裕」の反撃 : 2011/11/04
「一生で切手になれない人の方が多い」 AKB48が切手セットお披露目 : 2011/11/07
大阪府の「職員リストラ法案」はタダの選挙対策ではない : 2011/08/24
法然と親鸞「2人展」初開催 「あずき割引」も : 2011/10/17
最終更新:11月7日(月)20時32分






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ