※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2011年11月14日/ニュース記事
2012-01-09



モンスター・ナインなど2社(テレビ番組制作、「マッスルミュージカル」興行会社)、破産 (帝国データバンク) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000301-teikokudb-ind

+記事コピペ収納
モンスター・ナインなど2社(テレビ番組制作、「マッスルミュージカル」興行会社)、破産
帝国データバンク 11月14日(月)11時44分配信

(株)モンスター・ナイン(TDB企業コード988767661、資本金3億5000万円、港区麻布台1-9-10、代表樋口潮氏)と関係会社の(株)デジタルナイン(TDB企業コード987197879、資本金5000万円、同所、同代表)は、11月11日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は北川秀二弁護士(千代田区平河町1-2-2、電話03-3239-7175)。債権届け出期間は12月16日までで、財産状況報告集会期日は2012年3月12日午後1時30分。

(株)モンスター・ナインは、2005年(平成17年)2月に設立され、テレビ番組の企画・制作を主体とするほか、アミューズメントパークを経営していた。具体的には、TBS系「スポーツマンNo.1決定戦」、「サスケ」、「KUNOICHI」などの特番や、テレビ東京系「ソロモン流」、TBS系「筋肉祭」といったレギュラー番組を手がけ、「マッスルパーク」をお台場、北海道千歳などに展開し、2008年3月期には年収入高約31億5000万円を計上していた。

しかし、番組制作の受注が減少していたことに加え、2011年春頃に実施を予定していた大規模なイベントが中止になったことや、千歳マッスルパークが客足減少から2011年8月末で閉園したことで業況は大きく縮小していた。

(株)デジタルナインは、1997年(平成9年)6月設立されたイベント興行事業者。具体的には「マッスルミュージカル」と称するショーで、元体操選手などがアクロバティックなスポーツショーを行っていた。2009年3月期は年収入高約17億円を計上していた模様であるが、震災後の「マッスルミュージカル」が全て中止になったことに加え、2011年10月以降の再開のメドが立たなくなり、事業継続を断念、今回の措置となった。

負債はモンスター・ナインが債権者約104名に対し約18億600万円、デジタルナインが債権者約116名に対し約17億6000万円で、2社合計で約35億6600万円。 最終更新:11月14日(月)11時44分







原発利用率、20%割れ=77年以降で初―10月 (時事通信) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111114-00000043-jij-bus_all

+記事コピペ収納
原発利用率、20%割れ=77年以降で初―10月
時事通信 11月14日(月)13時0分配信

電気事業連合会は14日、10月の原発設備利用率が前月比2.1ポイント低下の18.5%と、月別の記録が残る1977年4月以降で、初めて20%を割り込んだと発表した。低下は東京電力福島第1原発事故が発生した今年3月以来8カ月連続で、過去最低の更新は3カ月連続。10月の低下は、九州電力玄海4号機がトラブルで自動停止したことが主因。
全国54基の原発のうち、現在43基が停止。関西電力が大飯原発3号機のストレステスト(耐性評価)結果を原子力安全・保安院に提出するなど、再稼働に向けた手続きは始まったものの、最終的に地元の合意が得られるかは不透明だ。11月も関電の2基が定期検査で停止する見通しで、今後も原発利用率の低下は続きそうだ。 

【関連記事】
〔写真特集〕福島原発~福島第1原発を初公開~
【図解】原発の設備利用率
「死ぬだろうと思った」=相次ぐ爆発、難題続き-福島第1原発・吉田所長
〔写真特集〕津波、その瞬間~福島原発に迫る様子~
【ルポ】重大事故から25年、チェルノブイリは今~住民いまだ帰還できず
最終更新:11月14日(月)16時23分







全衆院議員のIDなど流出か NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111114/k10013956411000.html

+記事コピペ収納
全衆院議員のIDなど流出か
11月14日 19時11分
衆議院のネットワークのサーバーが外部から不正に侵入された問題で、衆議院事務局は14日、ネットワークを利用するためのすべての議員のIDとパスワードが流出したとみられるとする調査報告書をまとめました。

衆議院のネットワークは、議員のパソコンがコンピューターウイルスに感染したのをきっかけに、サーバーが不正な侵入を受けたことが明らかになったため、衆議院事務局が対策本部を設置して、詳しい被害の実態を調べていました。その結果、ウイルスには28台のパソコンと4台のサーバーが感染し、ネットワークを利用するためのすべての議員や秘書らのIDやパスワードのほか、一部の議員の文書やメールの内容も流出したとみられることが分かったということです。また、このウイルスは、盗み出した情報を中国やシンガポールに設置されたサーバーに送信するよう設定されていたということです。一方、参議院でも議員のパソコンがウイルスに感染していたことが明らかになっていますが、これまでの調査で、議員らの29台のパソコンが感染し、中国などのサーバーに不正に接続していたことが分かったということです。参議院事務局は今後、情報の流出がないかなど、さらに調査を進め、来月、最終的な報告書をまとめることにしています。







イタリア国債 買い戻される NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20111114/k10013957291000.html

+記事コピペ収納
イタリア国債 買い戻される
11月14日 20時52分
週明け14日のヨーロッパの債券市場では、イタリアで新しい首相が指名されたことが前向きに受け止められて、先週急落したイタリア国債が買い戻され、この結果、10年ものの国債の利回りは一時、6%台前半まで低下しました。

14日のヨーロッパの債券市場では、イタリアの新しい首相に著名な経済学者のマリオ・モンティ氏が指名されたことを前向きに受け止めるとともに、主要な閣僚にも経済政策に通じた人物が就任するという見方が広がり、朝方、イタリア国債が買い戻されました。この結果、先週、一時自力での財政再建が危ぶまれる7%台を大幅に上回った10年ものの国債の利回りは、6.3%前後まで低下しました。しかし、その後行われたイタリアの5年ものの国債の入札で、政府が高い金利の支払いを余儀なくされたことで、しだいに国債を売る動きも出ています。市場関係者は「イタリアを巡る信用不安が拡大するなか、経済改革の法案が速やかに議会を通過し、新首相も決まったことがひとまず前向きに受け止められている。ただ、財政の立て直しは一朝一夕に解決できる課題ではないため、新政権の政策には引き続き関心が高い」と話しています。







名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ