※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年04月27日(FRI)/ニュース記事
2012-04-28



電力7社で過去最大の赤字に NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014774551000.html

+記事コピペ収納
電力7社で過去最大の赤字に
4月27日 17時47分 K10047745511_1204271810_1204271821
東京電力を除いた全国の電力会社のことし3月期の決算は、原子力発電所の運転停止が相次いで火力発電所の燃料調達が大幅に増えたことなどから、9社のうち関西電力や東北電力など7社が軒並み過去最大の最終赤字に陥りました。

27日までに出そろった東京電力を除く全国の電力9社のことし3月期のグループ全体の決算によりますと、中国電力と、原発がない沖縄電力は黒字を確保しましたが、そのほかの7社は最終赤字となりました。
7社の赤字額は、▽関西電力が2422億円、▽東北電力が2319億円、▽九州電力が1663億円、▽中部電力が921億円、▽北海道電力が720億円、▽四国電力が93億円、▽北陸電力が52億円と、いずれも過去最大です。これは、東京電力福島第一原発の事故を受けた原発の相次ぐ運転停止で、火力発電用の石油や天然ガスなどの調達が大幅に増えたことが主な要因で、9社の燃料費の総額は、前の年度より70%近く増え、合わせて3兆6000億円まで膨らんでいます。
今回の決算は原発に依存してきた電力会社の経営が改めて浮き彫りになった形で、各社は原発の運転停止が長期化すれば、電気料金の抜本的な値上げを検討する可能性も否定しておらず、原発の再稼働問題の行方は今後の経営判断に大きく影響しそうです。







シャープ 約3800億円の赤字 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014769981000.html

+記事コピペ収納
シャープ 約3800億円の赤字
4月27日 17時37分 K10047699811_1204271815_1204271821
大手電機メーカーの「シャープ」のことし3月期の決算は、主力の液晶事業の収益が悪化したことなどから、過去最大の3760億円の最終赤字となり、こうした事態を受けて、来年3月末までに2000人の配置転換を行うことを明らかにしました。

シャープが、27日に発表したことし3月期の決算は、売り上げが2兆4558億円と前の年の同じ時期と比べて18.7%下回りました。
また最終赤字は3760億円と過去最大の赤字決算となりました。
これは液晶テレビの販売不振をはじめ、主力の液晶事業で新製品の投入が遅れたことなどによるものです。
こうした事態を受けて、シャープは昨年度と今年度で、合わせて2000人を太陽光発電事業など成長が期待される分野に配置転換することを明らかにしました。
シャープの奥田隆司社長は「テレビの需要減退に対する見通しが甘かったうえ、新しいヒット商品を出すというメーカーとしての取り組みが不足していた点については大いに反省したい」と述べました。







ホンダ 震災などで大幅減益 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014774271000.html

+記事コピペ収納
ホンダ 震災などで大幅減益
4月27日 17時47分大手自動車メーカーの「ホンダ」のことし3月期の決算は、タイの洪水や東日本大震災の影響で世界各地の工場で減産を強いられたことなどから、本業のもうけを示す営業利益が前の年度をおよそ60%下回る大幅な減益になりました。

ホンダが発表したことし3月期のグループ全体の決算は、売り上げは前の年度の同じ時期を11.1%下回る7兆9480億円、営業利益は前の年度の同じ時期を59.4%下回る2313億円となりました。
これは、タイの洪水で現地の工場が浸水したり、震災の影響で部品の供給が滞って世界各地の工場で減産を強いられたことや、歴史的な円高で輸出の採算が悪化したことが主な要因です。
一方、来年3月期の業績について、ホンダは生産が回復しアメリカやアジアで販売が伸びることから、世界全体での販売台数が過去最高の430万台となり、営業利益は6200億円になる見通しだとしています。







雪どけ水で線路宙づり 避難指示 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014763161000.html

+記事コピペ収納
雪どけ水で線路宙づり 避難指示
4月27日 18時1分 K10047631611_1204271817_1204271821
27日朝、北海道夕張市のJR石勝線で線路の下の土砂が50メートルにわたって崩れ、線路が宙づりになっているのが見つかりました。列車の通過直後に雪どけ水などで緩んでいた土砂が崩れたとみられ、夕張市は近くの5世帯8人に避難指示を出しました。

27日午前7時すぎ、北海道夕張市のJR石勝線で走行中の普通列車の運転士が列車の揺れを感じてJRの司令センターに連絡しました。
JRが調べたところ、線路の下の土砂が幅およそ50メートル、高さおよそ4メートルにわたって崩れ、線路が宙づりになっているのが見つかりました。
列車は、そのまま終点の千歳駅に到着して乗客10人にけがはありませんでした。
JRによりますと、雪どけ水や26日の雨で土砂が緩んでいたとみられ、普通列車の通過直後に崩れたとみられるということです。
この影響で、JR石勝線は新夕張駅と夕張駅の間の上下線で28日も終日不通となり、バスとタクシーによる代行輸送が行われます。
現場は夕張駅から1キロ余りの場所で流出した土砂は近くの道路を塞ぎ、さらに崩れるおそれもあるということです。
このため夕張市は現場近くに住む5世帯8人に避難指示を出し、住民たちはホテルなどで夜を明かすことにしています。
液状化が原因か
夕張市のJR石勝線の土砂崩れについて、専門家からは、土砂が大量の雪どけ水を含んだところに列車の通過に伴う振動が伝わり、液状化して崩れたのではないかという見方が出ています。
地質防災が専門の北海道立総合研究機構地質研究所の石丸聡さんは、NHKが撮影した映像をもとに今回の土砂崩れを分析しました。
石丸さんは、この冬の記録的な大雪が今月に入って一気にとけだし、大量の水が地盤に流れ込んでいると指摘したうえで「崩れた場所は人工的に土を盛った場所で、強度が弱くなっている。そこに列車の通過に伴う振動が伝わり、土砂が液状化して外に流れ出したのではないか」と話しています。
また、今後について「雪が無くなっても、しばらく土の中に水が残っているので、少ない雨量でも土砂災害が発生する。崩れる前には周辺で地面に亀裂が入ることがあるので注意してほしい」と話しています。







東京都 尖閣諸島購入へ新部署 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014776231000.html

+記事コピペ収納
東京都 尖閣諸島購入へ新部署
4月27日 18時36分 K10047762311_1204272052_1204272101
東京都の石原知事は、沖縄の尖閣諸島の購入手続きを進めるため、現地調査や国との調整などにあたる新たな専門部署を来月1日付けで庁内に設置するほか、都民などからの寄付を受け付ける専用口座を開設したことを明らかにしました。

沖縄の尖閣諸島のうち、3つの島を購入する意思を表明した東京都の石原知事は、27日の会見で、「現地調査のため国に上陸の承諾を求めるなど、購入の手続きを進めるため、事務局組織を立ち上げる」と述べ、部長級1人を含む、合わせて7人の専門部署を来月1日付けで新たに設置し、購入手続きを進めていくことを明らかにしました。
そのうえで、都議会への説明時期について、「購入の仮契約ができる段階で議会に諮ろうと思う」と述べ、ことし12月にも開かれる定例議会をめどに仮契約などを済ませたいという考えを示しました。また、測量などの現地調査を行うための島への上陸を国が認めなかった場合について、石原知事は「許可が下りるまで求める。みんなの寄付で尖閣諸島を守ろうと思ってるときに国が上陸を許さないのは理が通らない」と述べました。さらに東京都が購入したあと、国が買い取りを申し出た場合について、石原知事は「国が本当に買い取るならいくらでもお譲りします。本来は国が買い取るべきだ」と述べ、動かない国に代わって都が購入するのだという今回の動機を強調しました。
一方、知事の発言のあと、都に対し、購入のための寄付をしたいなどの意見が4000件以上寄せられているということで、都は寄付を受けつけるための専用口座を27日に開設したことを明らかにしました。







倉庫3人死亡 酸素測定不適切 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014762101000.html

+記事コピペ収納
倉庫3人死亡 酸素測定不適切
4月27日 11時26分3年前、大分市の港で、貨物船の倉庫に入って鉱石の積み降ろし作業をしていた3人が酸欠で死亡した事故で、国の運輸安全委員会は、事故の背景には作業前の酸素濃度の測定を定められた方法で行わない習慣があったという報告書をまとめ、荷役会社などに対して危険性の教育をするよう勧告しました。

この事故は、平成21年6月、大分市の港で、貨物船の倉庫に入って銅の原料となる鉱石の積み降ろし作業をしようとした男性が突然倒れ、助けに入った作業の監督者ら2人も次々に倒れて、いずれも酸欠で死亡したものです。
国の運輸安全委員会がまとめた報告書によりますと、最初に倒れた男性が倉庫に入った際、入り口には入ってもよいという表示板が掲示されていました。
これは、助けに入って死亡した監督者が事故の30分ほど前に酸素濃度を測定して掲示したとみられるということです。
しかし、事故の20分後に測定された酸素濃度は、人が一瞬で死亡する低い濃度でした。
このため、運輸安全委員会が、事故前2年間の荷役会社の酸素濃度の測定状況を調べたところ、本来は倉庫の定められた12か所で測定して記録簿に記入することになっていますが、1か所も書かれていないケースがあるなど、定められた方法で行わないことが習慣になっていたことが分かりました。
運輸安全委員会は、荷役会社と精錬所が適切な指導をしていれば事故を防げた可能性があったと指摘し、両社に対して、作業員に危険性の教育をすることや事故に備えた訓練をするよう勧告しました。







小学生の列に車2人けが 愛知 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014760491000.html

+記事コピペ収納
小学生の列に車2人けが 愛知
4月27日 14時57分
27日朝、愛知県岡崎市の県道で、登校中の小学生の列に軽ワゴン車が突っ込み、10歳と8歳の男女の児童2人が足の骨を折るなどのけがをしました。
警察は軽ワゴン車を運転をしていた24歳の男を逮捕し、事故の原因について調べています。

27日午前7時15分ごろ、愛知県岡崎市鉢地町の県道で、登校中の小学生4人が横断歩道を渡っていたところ、左からきた軽ワゴン車にはねられました。
この事故で、小学3年生の8歳の女の子が左膝を骨折する大けがをし、小学5年生の10歳の男の子が顔やひざを打つなどのけがをしました。
警察は軽ワゴン車を運転していた岡崎市の24歳の会社員の男を自動車運転過失傷害の疑いでその場で逮捕しました。
男は出勤途中だったということで、調べに対し、「ぼうっとしながら運転していた。子どもたちに気づき、急ブレーキを踏んだが、ぬれていた路面でスリップしてぶつかった」と供述しているということです。
現場は児童らが通う小学校から南におよそ2キロ離れた見通しのよい信号機のない交差点で、警察は事故の原因について調べています。







千葉 運転の男“ボーっとしていた” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014763131000.html

+記事コピペ収納
千葉 運転の男“ボーっとしていた”
4月27日 14時21分 K10047631311_1204271407_1204271412
27日朝、千葉県館山市で登校のためバスを待っていた小学生と保護者の列に軽乗用車が突っ込んで1年生の男の子が死亡し、運転していた20歳の男がその場で逮捕されました。男はその後の調べに対し、「釣りをする場所を探している途中でボーとしてしまった」と供述しているということです。

27日午前7時半すぎ、千葉県館山市大賀でバス停にいた小学生4人と保護者2人の列に軽乗用車が突っ込みました。
この事故で、近くに住む小学1年生の山田晃正くん(6)がはねられて意識不明の重体となり、病院に搬送されましたが死亡しました。
警察は軽乗用車を運転していた館山市内の飲食店アルバイト、大河原央徹容疑者(20)をその場で逮捕し、自動車運転過失致死の疑いで調べています。
警察によりますと、大河原容疑者は調べに対し、「仕事は休みで当時は釣りをする場所を探していた」と供述しているということです。
また、「運転中に仕事のことを考えてボーっとしてしまった」と話しているということです。
警察によりますと、小学生たちは登校の途中、2人の保護者に付き添われバス停で一列になってバスを待っていて、死亡した男の子は列の先頭にいたということです。
現場の道路は片側1車線の見通しのよい直線が続いたあと、バス停の手前から緩やかな右カーブが始まり、警察が当時の状況を詳しく調べています。







ガールズバー 小学生雇い客引き NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120427/k10014775881000.html

+記事コピペ収納
ガールズバー 小学生雇い客引き
4月27日 18時27分大阪・ミナミの「ガールズバー」と呼ばれる飲食店が小学生や中学生の女の子を雇って、客の勧誘をさせていた疑いがあることが分かり、警察は、無許可で営業したとして、すでに逮捕している店長の男を労働基準法違反の疑いで書類送検しました。

この店は、大阪・ミナミの繁華街にあるガールズバー「Ace」で、店長の原健次郎容疑者は、風俗営業の許可を得ずに女性に接客をさせたとして逮捕されています。
その後の調べで、原容疑者がことし2月、大阪府内に住む小学6年生と中学1年生の女の子を雇って、繁華街の路上で客の勧誘をさせていた疑いが強まり、警察は労働基準法違反の疑いで書類を検察に送りました。
警察によりますと、女子児童らは、学校にほとんど通わず、ミニスカートをはいて化粧をし、年齢を偽って客を勧誘していたということです。
原容疑者は、調べに対して「2人は15歳未満で法律に違反することは分かっていた」と容疑を認めているということです。







名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ