※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年06月04日(MON)/ニュース記事
2012-06-07



17年の逃亡生活 実態解明へ NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015575641000.html

+記事コピペ収納
17年の逃亡生活 実態解明へ
6月4日 7時22分 K10055756411_1206040725_1206060944
地下鉄サリン事件で特別手配されていたオウム真理教の菊地直子容疑者が3日夜、神奈川県相模原市内で身柄を確保され殺人などの疑いで逮捕されました。調べに対して「サリンの製造に関わったが当時は何を作っているのか知らない状態でした」と供述しているということです。警視庁は犯人をかくまった疑いで一緒に住んでいた男も逮捕し、17年間にわたる逃亡生活の実態解明を進めることにしています。

逮捕されたのは、オウム真理教の信者だった菊地直子容疑者(40)です。菊地容疑者は、平成7年3月に起きた地下鉄サリン事件で別の信者らとともに犯行に使われたサリンの製造に関わったとして平成7年5月に全国に特別手配されていました。
3日午前、「似ている女がいる」という情報が警視庁に寄せられ捜査員が神奈川県相模原市緑区城山の住宅付近で張り込んでいたところ、菊地容疑者が帰宅したため身柄を確保し、警視庁は、3日夜、殺人などの疑いで逮捕しました。
調べに対し、菊地容疑者は「私がサリンの製造に関わっていたことに間違いありません。しかし、当時は何を作っているのか知らない状態でした」と供述しているということです。
また、相模原市の住宅で一緒に暮らしていたという41歳の自称会社員高橋寛人容疑者(41)がおととしの12月から自宅に菊地容疑者をかくまっていた疑いが強まったとして逮捕しました。
警視庁によりますと、調べに対して「私の自宅に菊地直子をかくまってきたことは間違いありません」と供述しているということです。また「菊地容疑者とは7年前に派遣社員として働いていたところで知り合い、半年ほどして本人から『菊地直子だ』と打ち明けられた。平成18年から一緒に住み始めた」と供述しているということです。
警視庁は、高橋容疑者を取り調べるとともに菊地容疑者の17年間にわたる逃亡生活の実態解明を進めることにしています。
一方、菊地容疑者は平成8年の11月ごろ、同じく特別手配されている高橋克也容疑者(53)らと埼玉県内のマンションに潜伏していたことが分かっていて、警視庁は高橋容疑者の行方についても知っている疑いがあるとみて調べることにしています。







菊地容疑者“ほっとしています” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015585071000.html

+記事コピペ収納
菊地容疑者“ほっとしています”
6月4日 12時49分 K10055850711_1206041237_1206060944
地下鉄サリン事件で特別手配され、3日夜、殺人などの疑いで逮捕されたオウム真理教の菊地直子容疑者は「偽名を名乗って逃げてきたが、もう逃げなくてよいと思うとほっとしています」と供述していることが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は、潜伏していた住宅を捜索して、17年間に及ぶ逃亡生活の実態解明を進めることにしています。

オウム真理教の信者だった菊地直子容疑者(40)は、平成7年3月に起きた地下鉄サリン事件で、別の信者らと共にサリンの製造に関わったとして特別手配されていましたが、3日夜、相模原市の住宅に帰宅したところを身柄を確保され、殺人などの疑いで警視庁に逮捕されました。
警視庁によりますと、調べに対し菊地容疑者は「私がサリンの製造に関わっていたことに間違いありません。しかし、当時は何を作っているのか知らない状態でした」と供述しているということです。その後の調べに対し、「今まで偽名を名乗って逃げてきたが、もう逃げなくてよいと思うとほっとしています。たくさんの人に迷惑をかけることを大変申し訳なく思っています」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かりました。
警視庁や関係者によりますと、菊地容疑者をかくまったとして逮捕された高橋寛人容疑者(41)から紹介されて、2年ほど前から介護関係の会社で働くようになり、『櫻井千鶴子』という偽名を使っていたということです。
警視庁は、潜伏していた住宅を捜索するなどして、17年間に及ぶ逃亡生活の実態解明を進めることにしています。
菊地容疑者と高橋容疑者の接点は
菊地容疑者らの供述や関係者の話によりますと、2人は、7年前の平成17年に、高橋容疑者が派遣社員として働いていた横浜市内の会社で知り合ったということです。当時、菊地容疑者は「櫻井千鶴子」と名乗っていましたが、半年ほどして自分が「菊地直子」であることを打ち明けたということです。
2人は、翌年の平成18年から一緒に暮らし始め、4年ほどは東京・町田市内で、その後2年ほどは今の相模原市内の住宅に住んでいたということです。
また、2年ほど前には、高橋容疑者が、相模原市の介護施設の経営会社から内装工事を依頼されたのをきっかけに、菊地容疑者はこの会社で経理のアルバイトをするようになったということです。その後、会社の勧めで菊地容疑者は介護ヘルパーの資格を取得し、ことし1月ごろからはヘルパーとしての仕事もするようになったということです。







防衛相経験者ら 批判や懸念 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015601241000.html

+記事コピペ収納
防衛相経験者ら 批判や懸念
6月4日 22時10分4日発足した野田第2次改造内閣で、防衛大臣に拓殖大学大学院教授の森本敏氏を、民間から初めて起用したことについて、防衛大臣経験者などからは、批判や懸念が示されました。

防衛大臣経験者のうち、自民党の石破前政務調査会長は「民主党内に適任者がいないなか、固辞する森本氏に泣きつき、防衛大臣に無理矢理引っ張り出したと聞いている。行き当たりばったりで、国家運営への定見を持ちえない民主党の体質を示している。軍事的な対応に責任を負えるのは、選挙の洗礼を受けた政治家だけで、国会で野田総理大臣の文民統制についての見識を問いたい」と述べました。その一方で、石破氏は「民主党政権の2年半の間で、安全保障政策は混迷を極めているが、自民党の考えに極めて近い森本氏の起用で、安全保障政策が現実的なものに大転換すると思う」と述べました。

自民党の浜田国会対策委員長代理は「森本氏は、私が防衛大臣の時に防衛大臣補佐官を務めていただいたこともあり、見識をしっかり持った方だ。しかし、防衛省は政治的な課題が大変多く、民間登用が本当によいのか疑問だ。選挙を経て当選した国会議員が防衛大臣を受け持つのが望ましく、議院内閣制の下、特に防衛に関しては、文民統制を巡って疑問の声が出てもしかたがない」と述べました。

民主党の一川参議院幹事長は「今回の防衛大臣の人事は、私自身の思いからすると、『あれでいいのかな』という感じがある。文民統制=シビリアン・コントロールを考えると、政治家がしっかりと有権者の声を受けて、責任をもって国防政策にタッチするほうがいいのではないかと思う。学者の人は専門的な知識は豊富だが、自分の考えに凝り固まると困る」と述べました。
このほか、与党内では、民主党の川内博史衆議院議員が「森本氏の起用には、絶対に賛同できない。防衛大臣は文民でなければならないが、森本氏は元自衛官であり、文民でなかった時期がある。さらに、これまでの評論家としての活動で非常に偏った発言をしており、国際社会に誤ったメッセージを与えることになる」と述べました。

国民新党の下地幹事長は「今回の内閣改造で心配なのは、民間から防衛大臣を選んだのは初めてのケースだということだ。防衛大臣は最高機密を取り扱い、決断をしなければならないことがある。政治家は、そういったことを政務官や副大臣をやったりしながら経験を積んで大臣になるが、森本氏にはそういう経験がない。評論は優れていると思うが、あとは、周りがどうサポートしていくかだ。防衛省は、サポートの態勢づくりをしなければならない」と述べました。

一方、民主党の仙谷政策調査会長代行は「政治経験があったほうがいいかもしれないが、防衛省の場合、武官の存在もあり、それをどう使いこなすかは誰であっても同じだ。野田総理大臣が、今の東アジアの安全保障を巡る環境の中で、各国との安全保障の課題を解決していくために最もふさわしいと判断して選任されたのではないか」と述べました。







ディズニーシー“事故は操作ミス” NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015600981000.html

+記事コピペ収納
ディズニーシー“事故は操作ミス”
6月4日 21時44分 K10056009811_1206050036_1206060944
先月、千葉県浦安市の東京ディズニーシーで、座席のセーフティーバーが下りないままジェットコースターが走り出し、乗客がけがをした事故で、施設を運営するオリエンタルランドは、スタッフの操作ミスが原因だとする調査結果を公表しました。

東京ディズニーシーでは、先月28日、「レイジングスピリッツ」というアトラクションで、乗客の34歳の男性の座席のセーフティーバーが下りないままジェットコースターが走り出し、危険を感じた男性が乗り場に飛び降りようとして足に軽いけがをしました。
この事故で、施設を運営するオリエンタルランドは、スタッフの操作ミスが原因だとする調査結果を、4日、公表しました。
それによりますと、このジェットコースターは事故の直前にも無人の席のバーが上がった状態で出発して緊急停止していますが、現場のスタッフが、再び出発させる準備をしているうちに、けがをした男性のバーが上がったままになっていることに気づきながら、誤って緊急停止の状態を解除してしまったため、ジェットコースターが突然、動きだしたということです。オリエンタルランドは、マニュアルを見直して安全教育を徹底するほか、代表取締役など18人の報酬の一部を返上し、事故のあと停止している「レイジングスピリッツ」は、安全対策を終えてから営業を再開するということです。
オリエンタルランドは「多くの人たちに迷惑をかけて申し訳ありません。確固たる安全の確保に取り組んでいきます」とコメントしています。







150人余乗った旅客機が墜落 NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015575341000.html

+記事コピペ収納
150人余乗った旅客機が墜落
6月4日 2時23分 K10055753411_1206040621_1206060944
アフリカ西部、ナイジェリアの最大都市ラゴスで、乗客乗員合わせて150人以上が乗った旅客機が、空港近くの住宅密集地に墜落し、ナイジェリア政府の当局者は生存者はいないもようだと話しています。

ナイジェリア政府によりますと、墜落したのは、首都のアブジャからラゴスに向かっていたナイジェリアの航空会社、ダナ航空の国内線の旅客機で、3日、ラゴスの空港近くの住宅密集地に墜落し、炎上したということです。
旅客機には、乗客乗員合わせて153人が乗っていたとみられ、救出活動が行われているということですが、ナイジェリア政府の危機管理当局は、NHKの取材に対し、乗客乗員の中に生存者はいないもようだと話しています。
また、旅客機は、3軒の建物に突っ込んだという情報もあり、地上でも巻き添えになった人がいるものとみられます。
現場からの映像では、ところどころで炎が上がり、灰色の煙が立ちこめるなか、旅客機の尾翼が大きく壊れているのが確認できます。
アブジャにある日本大使館は、乗客の中に日本人がいるかどうか航空会社や航空当局と連絡をとりながら確認を進めているということです。







775年に宇宙から強放射線か NHKニュース
ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120604/k10015576601000.html

+記事コピペ収納
775年に宇宙から強放射線か
6月4日 5時52分 K10055766011_1206040553_1206060944
樹齢の長い屋久杉を名古屋大学などの研究グループが調べたところ、奈良時代後半の西暦775年に宇宙から地球に強力な放射線が降り注いだとみられることが分かり、宇宙の現象と地球環境の関わりを探る手がかりになると注目されています。

名古屋大学太陽地球環境研究所の増田公明准教授らの研究グループは、宇宙からの放射線「宇宙線」などの影響で変化した「放射性炭素」に注目し、樹齢およそ1900年の屋久杉の年輪に含まれる放射性炭素の量を測定しました。
その結果、奈良時代後半の西暦775年の層に通常のおよそ20倍の放射性炭素が含まれていることが分かり、研究グループによりますと過去3000年間で降り注いだ最も強力な放射線とみられています。
原因は特定されていませんが、地球の比較的近くで発生する「超新星爆発」や太陽の表面で起きる可能性が指摘されている巨大な爆発「スーパーフレア」などの激しい現象が考えられるとしています。増田准教授は「当時の地球環境が影響を受けた可能性があり、今後の研究で宇宙からの放射線が増えると地球で何が起こるかを予想できるようになる」と話しています。この研究は、4日発行のイギリスの科学雑誌「ネイチャー」電子版に掲載されます。







名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ