※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年07月19日(THU)/ニュース記事
2012-07-19


【記事一覧】





厄介じゃのう。






大津市長「裏切られた…教育委員会制度は不要」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120719-OYT1T00769.htm

+記事コピペ収納
大津市長「裏切られた…教育委員会制度は不要」


いじめ問題について思いを語る越市長(大津市役所で)=矢野彰撮影 いじめを受けていた大津市立中2年の男子生徒が自殺した問題を巡り、同市の越直美市長が読売新聞のインタビューに応じた。

「学校で何があったのか、なぜ不十分な調査になったのかを明らかにしたい」と述べ、市が設ける外部委員会での真相解明に意欲を見せた。

この問題では、全校アンケート結果の大半を市教委が公表していなかったことが、今月4日に発覚。越市長は「非公表のものがあるとの報告を市教委から受けておらず、報道で知った」と弁明した。

越市長は、自身も小学校と高校でいじめに遭ったことを明かしている。市教委から、まとめ資料ではなく、詳細なアンケート回答を取り寄せて読んだ。男子生徒が同級生から受けた被害がいくつも記されており、「いじめが自殺の原因だと確信した」という。

一方、市教委は男子生徒の自殺後、「全校アンケートは不確かな情報が多く、いじめとの因果関係は断定できない」と主張していた。

越市長は「市教委の説明を受け入れてきたけれど、前提となる事実の確認がいいかげんで信用できないとわかった。裏切られたように感じた」。アンケート結果の全面公表をしぶる市教委に対し、「事実はあなたたちが言ってきたことと違う。これは出すべきです」と押し切り、10日以降の公表につながったという。

さらに、越市長はこれまでの市教委の対応のまずさを改めて認めた上で、その遠因に教育委員会制度の矛盾があると指摘。「市民に選ばれたわけではない教育委員が教育行政を担い、市長でさえ教職員人事などにかかわれない。民意を直接反映しない無責任な制度はいらない」と述べ、国に制度改革を求める意向を示した。

(2012年7月19日17時25分 読売新聞)







加害者の少年達は他にもいじめをしていた/「週刊文春」報じる(トピックニュース) - livedoor ニュース

ttp://news.livedoor.com/article/detail/6771364/

+記事コピペ収納
加害者の少年達は他にもいじめをしていた/「週刊文春」報じる
2012年07月19日13時00分

提供:トピックニュース
75コメント 19日に発売された「週刊文春」(7月26日号)では、「大津 中2いじめ自殺 新聞・テレビが報じない全真相」という記事を掲載し、同級生グループによるいじめの具体的な内容を、詳細な証言とともに報じている。

同誌では、加害者の少年は、横から寄ってきて乳首を血がにじむほどつまむといういじめを繰り返していたとされ、自殺した少年とは別の同級生も、被害にあったと明かしている上、自殺した生徒の担任だった教諭は、加害者グループから乳首をつままれ、出血した生徒を見ても「ヘラヘラしてるだけで全く注意してくれなかった」という。

また、いじめていたグループの少年たちは、「弱いヤツには平気で暴力的なことするけど、もっと強いヤンチャなグループにはヘイコラしてるような連中」だったという、自殺した生徒に近い同級生の証言も掲載している。ネット掲示板には、同誌で報じられた凄惨ないじめの内容に「読んで泣いてしまった」「絶句した」など、様々な反応が寄せられている。

【関連記事】
  • 【エンタがビタミン♪・番外編】「“死ぬ”という選択だけはしないで」「同じ目にあってみろ」。中川翔子、大津・中2自殺で怒りのコメント!
  • 大津いじめ 遺族側が尾木ママら推薦へ 大津市の外部調査委員
  • いじめ 事件化わずか、警察の消極姿勢一因か
  • 教育長はなぜ「家庭の問題」強調するのか 自殺生徒の父親は「責任逃れ」と激怒







橋下市長“コスプレ不倫”認める「娘に制服を着ろと言えなくなった」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/lcl12071908280000-n1.htm

+記事コピペ収納
橋下市長“コスプレ不倫”認める「娘に制服を着ろと言えなくなった」
2012.7.19 08:26 (1/2ページ)

週刊文春の報道について「これから家でものすごいペナルティーが待っている」と苦笑いする橋下徹大阪市長 =18日午後、大阪市役所
大阪市の橋下徹市長(43)は18日、19日発売の「週刊文春」に元愛人とされる女性の独占告白が掲載されることを受けて市庁舎で会見した。かつては報道をめぐり「バカ文春」とののしったが、今回は「バカは付けられない」と敗北宣言。女性から指摘された「コスプレ好き」については、認めた上で「娘に制服を着ろと言えなくなった」と自虐的に語った。(サンケイスポーツ)

いつもの橋下節はサク裂しなかった。

「妻は記事を見ています。正直大変な状況です。もう本当に」

汗をかきながらの説明。橋下氏を窮地に立たせたのは、「大阪の元愛人だけが知っている 橋下徹大阪市長はスチュワーデス姿の私を抱いた!」との見出しを掲げた週刊文春の報道。橋下氏が茶髪タレント弁護士時代の2006年、不倫関係にあったという当時20代後半で大阪・北新地の高級クラブホステスの告白記事だ。

退庁前に廊下で行う通常の会見後、10歩ほど移動し、報道について会見。最初に否定か肯定かを突きつけられると「今回は週刊文春にバカはちょっと付けられない」と白旗をあげた。

「事実と事実でない部分がある」としたうえで、「知事になる前までは、聖人君子のような生き方をしていたわけではない」と弁明。「公人になる前でも、僕自身の人間性を判断する要素として報じられてしまうのは仕方がない」と開き直った。



橋下市長“コスプレ不倫”認める「娘に制服を着ろと言えなくなった」+(2/2ページ) - MSN産経ニュース
ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/lcl12071908280000-n2.htm

橋下市長“コスプレ不倫”認める「娘に制服を着ろと言えなくなった」
2012.7.19 08:26 (2/2ページ)

週刊文春の報道について「これから家でものすごいペナルティーが待っている」と苦笑いする橋下徹大阪市長 =18日午後、大阪市役所
事実でない部分については「先に妻に説明しないと」と苦笑いを浮かべ言葉を濁したが、事実上の“敗北宣言”だ。

約1カ月前、週刊文春の元カレ報道で同様に釈明した人気アイドル集団、AKB48の指原莉乃(19)とダブる。指原はHKT48へ“ペナルティー移籍”したが、橋下氏は「僕はものすごいペナルティーが家で待っています。指原さんは福岡でまた活躍できるでしょうが、僕は家をどうするか。ここ(市庁舎)でずっと泊まり込んでやるのもいいかも」とシュン。

記事で指摘された通りのコスプレ好きかどうかは「弁護士時代にテレビで言っていた」と説明し認めた。3男4女の父だが「娘に制服を着ろと言えなくなった」といい「今回は親のポカ。子供たちは今のところ明るく振る舞ってくれているから心強い。思いっきり迷惑をかけてしまった」とザンゲ。最後まで反省しきりだった。







いよいよ「日中開戦」か?各国メディアが盛んに議論―米華字メディア (Record China) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120719-00000018-rcdc-cn

+記事コピペ収納
いよいよ「日中開戦」か?各国メディアが盛んに議論―米華字メディア
Record China 7月19日(木)14時48分配信


拡大写真
17日、尖閣諸島をめぐる日本と中国の対立が激化する中、各国メディアが「日中開戦」の可能性について論じ始めている。写真は3月、野営訓練を行った山東省の武装警察。
2012年7月17日、尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる日本と中国の対立が激化する中、各国メディアが「日中開戦」の可能性について論じ始めている。米華字サイト・多維新聞が伝えた。

【その他の写真】

中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」は16日、専門家の意見として、「両国が開戦しても自衛隊は人民解放軍の敵ではない」とした上で、「日本が中国の我慢の限界を超えてくるようなら、国家主権と領土の完全性を守る中国の揺るぎない決意を全世界にみせつけよう」と強気の報道を展開。

清華大学当代国際関係研究院の劉江永(リウ・ジアンヨン)副院長も、「日本が釣魚島を軍事利用したり、軍を駐留させたりすれば、それは明らかな武力威嚇。両国の平和友好条約を破棄したのと同じことで、立派な宣戦布告だ」とこれに同調した。

一方、日本メディアも負けてはいない。同日、尖閣諸島の購入計画に関する世論調査の結果として、65%が「賛成」を表明していると報道。購入計画に反対の意向を示した丹羽宇一郎駐中国大使を「おとがめなし」で帰国させたことも、「中国への抗議の意味が薄れてしまう」と反発する声が多いと報じた。

尖閣問題をめぐる日本の世論は、「対中強硬派」が主流を占めているようだ。国民の間では、「開戦したら、どちらが勝つ?」といった話題が盛んに交わされている。14日に骨格が明らかになった2012年版の防衛白書でも初めて、「中国共産党と人民解放軍の関係に変化がみられ、軍の影響力が増している」と明らかな対中警戒感が示された。

では、日本の同盟国である米国はどうみているのだろうか?16日付ウォール・ストリート・ジャーナルは「米国は巻き込まれるのを恐れ、実質的な介入はしないだろう。日本は中国やロシアとの領土紛争に独自に立ち向かうしかない」と突き放している。

同日付の米紙ニューヨーク・タイムズも「日本は慰安婦問題で韓国や米国との仲もぎくしゃくさせている。こうした浅はかにもみえる外交が、日本をアジアで『孤立』させている」と冷ややかだ。

全く別の見方をしているのが、ロシアメディア。16日付イズベスチヤは「日中が大規模な衝突を起こすことはない」と報道。その理由として、日本の尖閣購入計画は消費税率引き上げや原発問題、復興の遅れなど問題山積みの内政から国民の目をそらせるためのパフォーマンスにすぎないと指摘している。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
尖閣購入を批判の丹羽大使が一時帰国=外相と尖閣問題、国交正常化記念行事を協議―中国メディア
日本よ、目を覚まさせてあげよう、尖閣問題で中国と争っても勝ち目はない―中国紙
尖閣問題と南シナ海問題=アジアの領土紛争で漁夫の利を得た米国―韓国メディア
侵略者=日本人を倒す「尖閣」防衛ゲーム、Apple Storeが販売中止に―中国メディア
<尖閣問題>日中関係は落ちるところまで落ちた、後は徐々に上向いていくだけ―露メディア
最終更新:7月19日(木)14時48分







「恩を仇で返す日本を制裁せよ」…尖閣問題、中国で論説 (サーチナ) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120719-00000046-scn-cn

+記事コピペ収納
「恩を仇で返す日本を制裁せよ」…尖閣問題、中国で論説
サーチナ 7月19日(木)17時36分配信

新華社や中国新聞社など中国メディアは19日、尖閣諸島の問題に関連して「恩を仇(あだ)で返す日本を制裁する場合もある」とする論説を配信した。著者は中国政策科学研究会国家安全政策委員会の趙昌会研究員。

日本は経済で中国の恩恵を大きく受けていながら、安全保障面では「中国を敵とする決意をした」と主張。日本は、中国が平和的な発展と善良な隣国であることを求めていると確信し、中国の「言いたいことも言わず耐え忍ぶ国策」を見て、「中国は自ら、自分の牙を抜いたと見なしている」と論じた。

続けて、「二面性のある(日本)国民の性格は黙認すべきでない」、「中国は今から、態度を変えてよい。さまざまな政策や、経済、政治、外交、安全面、防衛面、さらに世論などさまざまな方法で、「しばしば恩を仇で返す悪行を繰り返す日本に思い知らせる場合もある」と主張した。

日本に対する制裁の手段としては、第一に経済を挙げた。まず、日本経済の中国市場への依存度は上昇しつつあると指摘。著名企業でも、中国市場に依存しなければ発展や生き残りが難しい場合があると主張。中国は(制裁など)さまざまな権利を惜しむべきではないと論じた。

東南アジア市場でも、「日中の企業はライバル関係にあるが、日本経済の抵抗力には限界がある。多くの市場を失うことは確実」と主張。日本には「ある程度の先端技術があるが、先端技術は日本だけのものだけはない。中国は別のパイプから取り入れることもできるし、自分自身の努力で獲得することもできる」との考えを示した。

レアアース資源についても、「好都合なことに、相当部分は中国が掌握している」と指摘し、日本向け輸出にかぎって、関税率を引き上げることを提唱した。

本格的協議が2012年内に始まる予定の日中韓自由貿易協定について、「日本に多くの要求を突きつけたり、日本が獲得できるはずだった優遇項目を減らす、場合によっては交渉妥結を無期限に引き伸ばすなど『〓刀之計(戦意を失ったと見せかけて、いきなり攻撃する計略)』を使ってもよい」と論じた。(〓は手へんに「施」のつくり部分)

日本旅行についても、中国人観光客を日本以外の地域に向かうように誘導することを提唱。「中国人観光客の金がほしい日本の小売業は、大打撃を受ける」と主張した。(編集担当:如月隼人)

【関連記事】
尖閣諸島について「日中の了解」があったではないか=中国報道
尖閣:「わが方の海域、中国語使え」に日本側は従った=中国報道
在米華人が野田首相に“警告”…尖閣問題「でたらめやめよ」
日本は尖閣問題で国内法無視「日清戦争前夜を思わせる」=中国
尖閣に接近の台湾人「資金集めが必要、全地球の華人で上陸を」
最終更新:7月19日(木)18時24分







日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はない(1)=香港紙 2012/07/19(木) 09:54:25 [サーチナ]

ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0719&f=politics_0719_007.shtml

+記事コピペ収納
日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はない(1)=香港紙
2012/07/19(木) 09:54


 香港紙『アジア・タイムズ・オンライン』は18日付で、日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はないと主張する記事を掲載した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

■「尖閣諸島」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

 南シナ海の情勢が緊迫するなか、中国が東側で直面している圧力も日々巨大化している。近日の日中の一連の諸島をめぐる紛争は地域と世界の勢力バランスが変化しつつあることを示している。

 尖閣諸島(中国名:釣魚島)をめぐる紛争が発生したタイミングを考えると、何かのもくろみがあるように感じられる。中国とフィリピン・ベトナム間の南シナ海における衝突が悪化の一途をたどる中、日本はこの肝心な時期を狙って、中国側にプレッシャーを与えようと考えている可能性があり、同じように中国の経済と軍事力の影響を受けているアジアの隣国と手を結ぶことを狙っている。

 しかしながら、そのような策略は間違ってはいないだろうか。中国は従来、多国間の枠組みによって南シナ海での紛争を解決することに反対してきた。また東南アジア諸国連合(ASEAN)のなかでも、南シナ海問題に対する見解にはズレがある。中国の同盟国であるカンボジアはASEANが一体となって中国と対立することに反発している。さらに、ベトナムとフィリピンの間でも南シナ海をめぐっては対立がある。(続)(編集担当:米原裕子)

次のページ>



日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はない(2)=香港紙 (サーチナ) - Yahoo!ニュース
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120719-00000008-scn-cn

日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はない(2)=香港紙
サーチナ 7月19日(木)9時56分配信

香港紙『アジア・タイムズ・オンライン』は18日付で、日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はないと主張する記事を掲載した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。以下は同記事より。

注目したいのは、尖閣諸島問題の対立を今日まで深刻化させたのは、中国側ではないということである。日本政府の地政学的戦略と政治的なたくらみが、火に油を注ぎ、中国政府はいや応なしに行動に出るしかなかったのである。

そして、対立が表面化することによるデメリットは、将来性のあるメリットよりもはるかに多い。世界経済が減速し続けるなか、日中両国は互いの市場に頼って生き延びる必要がある。

二国間貿易と投資がもたらすメリットは海洋天然ガスや漁業資源がもたらす利益よりも大きな価値がある。また、日本の野心は歴史問題に縛られる。日韓軍事協定の署名が延期された主な原因は、日本の植民地主義が残した歴史的な爪あとがいまだに韓国で非難されているからである。フィリピンやベトナムとの対立があるなか、中国は好戦的であると思われるかもしれないが、日中間で衝突が発生すれば、地域の中で日本が同情を得るのはさらに難しいだろう。

衝突が発生することは中国の利益にそぐわないが、中国政府が領有権をめぐる対立において引くことは断じて無い。アメリカのアジア地域に対する思惑も、中国は極めて警戒している。海洋での紛争において、公式に日本の言動を支持するアメリカのいかなる動きも中国の内政干渉に当たり、それにより中国大陸と台湾の関係が近づく可能性もある。日韓軍事協定の失敗によって、地域のナショナリズムが地政学的な利害関係に勝ることは既に証明済みである。(終)(編集担当:米原裕子)

【関連記事】
日中の衝突がぼっ発しても日本に同情する国はない(1)=香港紙
尖閣諸島問題への対応が積極化する中国 今後は島への上陸も
在日米空母が南シナ海海域で垂直補給演習 中国が疑いの目
日本が尖閣の現状打破すれば、中国も棚上げをやめるだろう(1)
日本政府関係者「尖閣購入が成功すれば日中は激しく対立」
最終更新:7月19日(木)14時24分







“尖閣上陸不許可なら裁判も” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013708541000.html

+記事コピペ収納
“尖閣上陸不許可なら裁判も”
7月19日 18時57分 K10037085411_1207191901_1207191910.mp4
沖縄の尖閣諸島の購入を検討している東京都の石原知事は、調査のための上陸を国が認めなかった場合について、「裁判に訴えてでも理由を聞きたい」などと述べ、裁判も辞さない考えを示しました。

沖縄の尖閣諸島の購入を検討している東京都は、現地調査を行うために近く島への上陸許可を国に申請する方向で調整に入っています。これについて東京都の石原知事は19日の記者会見で、上陸について地権者の同意は得られているとしたうえで、できるだけ早く国に申請したいという考えを示しました。
そのうえで国が上陸を認めなかったり、回答を保留し続けたりした場合の対応について、「地権者が所有権を譲渡しようとしているときに国が上陸も測量もさせないという形で妨害するといったら法治国家ではない。国はどのような理由があって阻害できるのか裁判に訴えてでも聞きたい」と述べ、野田政権の対応次第で裁判も辞さない考えを示唆しました。







米“アサド政権は弱体化進む” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013707181000.html

+記事コピペ収納
米“アサド政権は弱体化進む”
7月19日 18時57分
内戦状態のシリアで、18日、アサド政権の幹部が反政府勢力による爆発で殺害されたことについて、アメリカ・ホワイトハウスの報道官は「アサド大統領は統制を失いつつある」と述べ、アサド政権の弱体化が進んでいるという認識を示しました。

シリアの首都ダマスカスで、18日、国防相などアサド政権の幹部が治安機関の建物での爆発で殺害され、反政府勢力の幹部はNHKの取材に対し、政権内部の協力を得て爆発物を仕掛けたことを明らかにしています。
これについて、アメリカ・ホワイトハウスのカーニー報道官は18日の記者会見で、「アサド大統領が統制を失いつつあることを示している」と述べ、アサド政権の弱体化が進んでいるという認識を示しました。
そのうえで、カーニー報道官は「国際社会は一致して、シリアの政権移行を支える必要がある。アサド大統領が政権の座にあるかぎり、暴力も混乱も増すばかりだ」と改めて主張しました。







安保理 アサド政権制裁決議案否決 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013715531000.html

+記事コピペ収納
安保理 アサド政権制裁決議案否決
7月19日 23時42分内戦状態に陥っているシリアを巡って、国連の安全保障理事会では19日、欧米諸国が提出したアサド政権に対する制裁決議案の採決が行われましたが、ロシアと中国が拒否権を発動して、否決されました。
ただ、各国は、シリアに派遣されている停戦監視団が今月20日に活動期限を迎えることから、監視団の撤退という事態は避けるため、活動期限を延長する新たな決議案の採決に向け、ぎりぎりの協議を続けるものとみられます。







タンザニア沖 フェリー沈没死者多数 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013696571000.html

+記事コピペ収納
タンザニア沖 フェリー沈没死者多数
7月19日 14時8分アフリカ東部のタンザニア沖で、乗員・乗客合わせて250人以上を乗せたとみられるフェリーが沈没し、これまでに31人が死亡し、多くの乗客が行方不明になっています。

事故が起きたのは、タンザニアの沖合で、18日、タンザニア最大の都市、ダルエスサラームを出港し、およそ35キロ離れたザンジバル島に向かっていたフェリーが沈没しました。
フェリーには、乗員・乗客合わせて250人以上が乗っていたとみられ、これまでに145人が救助されましたが、31人が遺体で見つかったほか、多くの乗客が行方不明になっているということです。
現地の日本大使館によりますと、乗船名簿には日本人とみられる名前はないということです。
ザンジバル島は、人気の高い観光地で、フェリーには外国人を含む観光客も乗っていたとみられ、地元当局では救助活動とともに転覆した原因を調べています。
タンザニア沖では去年9月にも定員を大幅に上回る乗客を乗せたフェリーが沈没し、200人以上が死亡しています。







97歳の“ナチス戦犯”逮捕 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013687911000.html

+記事コピペ収納
97歳の“ナチス戦犯”逮捕
7月19日 9時46分 K10036879111_1207191208_1207191216.mp4
第2次世界大戦中におよそ1万6000人のユダヤ人を強制収容所に移送したとして、人道に対する罪の疑いが持たれている、97歳のハンガリー人の元警察署長が、18日、ハンガリーの首都ブダペストで逮捕されました。

逮捕されたのは、ラースロ・チョターリ容疑者(97)です。
チョターリ容疑者は第2次世界大戦中、当時ハンガリー領だったスロバキア東部の町で、警察署長として、およそ1万6000人のユダヤ人をポーランドにあったアウシュビッツ強制収容所に移送し、ナチス・ドイツによるユダヤ人の大量虐殺に加担した、人道に対する罪の疑いが持たれています。
チョターリ容疑者は戦後、カナダに移住しましたが、15年前には市民権を剥奪され、行方が分からなくなっていました。
その後、ナチス・ドイツの犯罪を追及するユダヤ系の団体が、「存命する最後のナチスの大物」として各国に情報提供を求めていたところ、先月、イギリスの新聞が首都ブダペストで暮らしていたチョターリ容疑者の様子を伝え、逮捕のきっかけとなりました。
これまでの調べに対しチョターリ容疑者は、「命令に従っただけだ」として、当時の行動は自らの意思に基づくものではなかったと主張しており、今後はユダヤ人の移送を命じた当時の指揮系統などの解明が焦点となりそうです。







内部文書問題 海自トップ処分 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013714151000.html

+記事コピペ収納
内部文書問題 海自トップ処分
7月19日 21時57分海上自衛隊の隊員が自殺したことを巡る裁判で、国が破棄したと説明してきたいじめに関する内部調査の文書が、その後、見つかった問題で、防衛省は、海上自衛隊トップの海上幕僚長を、口頭注意処分にしました。

この問題は、平成16年に海上自衛隊横須賀基地所属の護衛艦に勤務していた21歳の乗組員が自殺したことを巡る裁判で、国が破棄したと説明していたいじめに関するアンケート調査の文書が、6月になって海上自衛隊横須賀地方総監部で見つかったものです。
この問題で、防衛省は、文書管理の監督が不十分だったとして、19日、海上自衛隊トップの杉本正彦海上幕僚長(60)を口頭注意処分に、横須賀地方総監部の河村克則総監(59)を注意処分にしました。
この問題を巡っては、裁判を担当する横須賀地方総監部の事務官ら2人が、ことし初めに文書の存在を確認しながら、先月まで誰にも報告せず放置していたことが明らかになっていて、防衛省は、2か月後をめどに調査結果を取りまとめ、その後、ほかの関係者の処分も検討することにしています。







児童暴行の投稿動画 いじめで調査 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013694801000.html

+記事コピペ収納
児童暴行の投稿動画 いじめで調査
7月19日 12時36分 K10036948011_1207191238_1207191258.mp4
兵庫県赤穂市で中学生が小学生を殴ったり蹴ったりする様子を撮影した映像がインターネットの動画サイトに投稿されていたことがわかり、市の教育委員会は、いじめとして調査しています。
これまでの調査に中学生は「遊びのつもりだった」と話しているということです。

兵庫県赤穂市の教育委員会によりますと、映像は今月8日に市内の公園で撮影され、市内の中学3年の男子生徒が、小学6年生の男子児童を1分間、殴ったり蹴ったりする様子が写っています。
中学生の仲間が携帯電話のカメラで撮影したとみられ、インターネットの動画サイトに投稿されていました。
映像には、「これはおもしろい動画になる」という声や、暴力をはやしたてる声も録音されていて、市の教育委員会は「明らかな暴力行為だ」として、いじめと判断し調査を進めています。
これまでの調査に、中学生と小学生はいずれも「遊びのつもりでゲームとしてやった」と話しているということです。
一方、警察は19日、この中学生を別の傷害の疑いで逮捕し、映像に写っていた行為についても調べることにしています。







剣道日本一警官 少女に裸画像送らせる NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120719/k10013694321000.html

+記事コピペ収納
剣道日本一警官 少女に裸画像送らせる
7月19日 13時3分 K10036943211_1207191305_1207191310.mp4
剣道の全日本選手権で優勝した神奈川県警の警察官が、16歳の少女に裸の画像を撮影させて携帯電話のメールで送らせたとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、神奈川県警第2機動隊の巡査部長で、平成20年に剣道の全日本選手権の個人で優勝した正代賢司容疑者(31)です。
警視庁の調べによりますと、正代巡査部長は去年10月、インターネットの掲示板で知り合った当時16歳の女子高校生に携帯電話のカメラで裸の画像3枚を撮影させてメールで送らせたとして児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。
正代巡査部長は「好きだから裸の画像を送ってほしい」と要求し、送らせた写真の画像を自分の携帯電話に保存していたということです。
ことし5月に女子高校生側から警視庁に相談があって事件が発覚したということで、調べに対して正代巡査部長は容疑を認めているということです。
正代巡査部長は剣道で日本一になったほか、ことし5月にはイタリアで行われた剣道の世界選手権の団体でも日本の代表選手として優勝しています。
神奈川県警察本部の菅原保監察官室長は「捜査の結果を踏まえて、厳正に対処します」としています。




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ