※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年07月28日(SAT)/ニュース記事
2012-08-26


【記事一覧】






ロンドンオリンピック開幕 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013923901000.html

+記事コピペ収納
ロンドンオリンピック開幕
7月28日 9時18分 K10039239011_1207281110_1207281120.mp4
史上初の3回目の開催となるロンドンオリンピックが、204の国と地域が参加して開幕しました。大会は来月12日まで26競技、302種目が行われます。

ロンドンオリンピックの開会式は日本時間の28日、午前5時からオリンピックスタジアムで始まりました。
開会式ではイギリスの伝統的な田園風景や、18世紀から19世紀の産業革命の様子を再現するなどしたショーが披露されました。
この後、オリンピック発祥の地、ギリシャを先頭に、それぞれの国と地域の選手がアルファベット順に入場行進しました。
日本の選手団は全体の95番目に登場し、旗手はレスリングの吉田沙保里選手が務めました。
行進の最後に開催国のイギリスの選手団が入場すると、会場を訪れたおよそ8万人の観客から、ひときわ大きな歓声が上がっていました。
この後、イギリスのエリザベス女王が開会を宣言し、イギリス国内やアイルランドをリレーされてきた聖火がイギリスの7人の若手選手に引き継がれました。
そして7人がそれぞれ、スタジアムの中央に用意された複数の小さな聖火台に火をともした後、すべての火が1つに合わさりました。オリンピックが同じ都市で3回開かれるのは史上初で、大会には204の国と地域から1万人余りの選手の参加が見込まれています。開会式に参加した日本選手団の上村春樹団長は、「スタジアムの中に入った瞬間に緊張感があり、素晴らしいものと感じました。日本は、サッカー男女が続けて勝ち、いいスタートを切れたのでこの流れで進みたいです」とコメントを出しました。
開会式で日本選手団の旗手を務めたレスリング女子の吉田沙保里選手は、「最高の舞台で最高の役目を任せられ、最高の気持ちです。オリンピックの重みが旗にはありました。競技で金メダルを目指して頑張ろうという気持ちがさらに強くなりました」とコメントを出しました。







各地で38度超 大気状態も不安定に NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013927421000.html

+記事コピペ収納
各地で38度超 大気状態も不安定に
7月28日 15時7分 K10039274211_1207281513_1207281516.mp4
28日も全国的に気温が高くなり、関東や東海では38度を超える猛烈な暑さになっています。
気象庁は、こまめに水分をとるなど熱中症に一層注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、全国的に高気圧に覆われる状態が続いていて、28日も強い日ざしが照りつけ気温が上がっています。
午後2時半までの最高気温は、群馬県館林市で38度4分、茨城県大子町で38度3分、群馬県伊勢崎市と岐阜県多治見市で38度2分と、38度を超えたのをはじめ、前橋市で37度6分、京都府京田辺市で37度2分、福島県伊達市で36度8分と各地で35度以上の猛暑日となっています。
また、福岡市で34度8分、仙台市で33度8分、東京の都心で33度3分、札幌市で32度3分と、30度以上の厳しい暑さになっています。
気象庁は、連日暑さが続いていることから、こまめに水分や塩分をとり、適切に冷房を使うなど、熱中症に一層注意するよう呼びかけています。
一方、西日本や東日本の山沿いを中心に大気の状態が不安定になっていて、局地的に雷を伴った激しい雨が降っています。
気象庁は急な雷雨や竜巻などの突風にも注意するよう呼びかけています。







諫早湾干拓事業 開門調査で農相現地入り NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013926091000.html

+記事コピペ収納
諫早湾干拓事業 開門調査で農相現地入り
7月28日 14時39分 K10039260911_1207281310_1207281311.mp4
郡司農林水産大臣は、長崎県の諫早湾干拓事業を巡って、漁業への被害との関係を調べる開門調査の実施に向けて、大臣就任後初めて長崎県と佐賀県を訪問し、まず佐賀県側の地元関係者と意見交換を行いました。

諫早湾干拓事業を巡って、政府は事業と漁業への被害との関係を確かめるため、来年12月までに、堤防の排水門を一部に限って開ける方法で調査を行う方針ですが、長崎県や地元自治体は、開門した際の農業や防災への対策が不十分だとして反対しています。
こうしたなか郡司農林水産大臣は、先月の大臣就任後初めて現地を訪れており、まず佐賀県の古川知事や漁業関係者らと意見交換を行いました。
この中で郡司大臣は、「定められた時間の中でそれぞれが歩み寄ることで、解決の糸口を探したい」と述べました。
これに対し古川知事が、「開門調査で有明海の環境変化を把握したあとには、それに対応した対策を講じてもらい、有明海の再生のために取り組んでもらいたい」と述べたほか、有明海沿岸の漁業関係者は、「前倒しの開門で、有明海を宝の海に戻してもらいたい」と述べ、早期の開門実施を求めました。
郡司大臣は午後からは、長崎県諫早市を訪れて、調査に反対している長崎県の中村知事や地元自治体の関係者と意見交換を行い、来年12月の期限までに調査を実施できるよう理解を求めることにしています。







八王子スーパー事件 女子生徒を追悼 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013929461000.html

+記事コピペ収納
八王子スーパー事件 女子生徒を追悼
7月28日 17時1分 K10039294611_1207281810_1207281811.mp4
東京・八王子のスーパーで高校生を含む女性3人が拳銃で撃たれて殺害された事件から17年になるのを前に、被害者の女子生徒が通っていた高校で追悼式が行われ、同級生らが事件の解決を願いました。

平成7年7月30日、東京・八王子市のスーパーの事務所で、アルバイトの女子高校生2人と従業員の女性の合わせて3人が拳銃で撃たれて殺害されました。
事件の発生から30日で17年になるのを前に、被害者の1人で当時17歳の矢吹恵さんが通っていた東京・町田市の桜美林高校で追悼式が行われ、当時の同級生などおよそ20人が集まりました。
参加者は全員で黙とうしたあと賛美歌を歌い、突然、命を奪われた矢吹さんを追悼し、事件の解決を願いました。
中学、高校と同級生だった鷹野めぐみさんは、「事件当時は17歳で、同じだけの年月が流れ、彼女の時間は長い間止まったままなんだと改めて思いました。一日も早い解決を願いたい」と話していました。
殺人事件の時効はおととし廃止され、警視庁の捜査が続いています。事件を巡っては、日中混成の強盗グループにいた日本人の元死刑囚の話で、現在、カナダに住む中国人のメンバーの男が実行犯を知っている可能性があるという情報があり、警視庁は旅券法違反の疑いでこの男の逮捕状を取り、カナダ政府に身柄の引き渡しを求めています。







「こうのとり」ISSにドッキング NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013922721000.html

+記事コピペ収納
「こうのとり」ISSにドッキング
7月28日 4時53分 K10039227211_1207280813_1207280818.mp4
今月21日に打ち上げられた日本の宇宙輸送船「こうのとり3号機」は、予定より2時間余り早い28日午前2時半すぎ、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしました。

「こうのとり3号機」は、今月21日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、徐々に高度を上げながら6日かけて地上400キロほどの軌道を回る国際宇宙ステーションに接近しました。
そして、27日午後9時20分すぎ、宇宙ステーションに滞在中の星出彰彦宇宙飛行士も参加してステーションのロボットアームで「こうのとり3号機」をつかみました。
地上と無線交信した星出飛行士は、こうのとりの管制を行っている筑波宇宙センターに向けて、「宇宙ステーションの窓から見える『こうのとり』は非常にきれいです」と話しました。
このあと、宇宙ステーションの結合部に取り付ける作業が行われ、作業は順調に進み、予定よりも2時間余り早い、28日午前2時31分、ドッキングしました。
「こうのとり3号機」には、宇宙ステーションで使われる生活物資のほか、日本の大学や企業などが開発した超小型衛星やメダカを飼育する実験装置などが載せられ、星出さんが作業や実験に当たることになっています。
“管制側としてやりやすかった”
「こうのとり3号機」が国際宇宙ステーションとドッキングしたことを受けて、「こうのとり」の管制を行っている筑波宇宙センターで担当者が記者会見しました。
「こうのとり」のプロジェクトリーダーで、JAXA=宇宙航空研究開発機構の小鑓幸雄プロジェクトマネージャは、「今回、エンジンや通信機器を国産のものに変えたため初号機よりも増して緊張したが、スムーズにできて安心した。『こうのとり』が大気圏に再突入するまで、気を緩めずに作業に当たりたい」と話しました。
「こうのとり」の管制を担当した内山崇フライトディレクタは、星出さんから直接、管制室に激励などの電話が3回あったことを紹介し、「日本語でやりとりができることは、管制側として非常にやりやすかった」と述べました。







JAXAの研究施設を公開 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013922881000.html

+記事コピペ収納
JAXAの研究施設を公開
7月28日 7時41分 K10039228811_1207280742_1207280746.mp4
JAXA=宇宙航空研究開発機構の相模原市にある研究施設が、27日から一般に公開され、初めて展示される探査機「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」の実物大の模型が、夏休み中の家族連れなどの目を引いていました。

JAXAは、毎年、夏休みに合わせて相模原市の研究施設を一般公開していて、ことしは、小惑星「イトカワ」から微粒子を持ち帰った日本の探査機「はやぶさ」の後継機、「はやぶさ2」の実物大の模型が初めて展示されました。
また、JAXAが大学と共同で開発している月や惑星の探査ロボットの実演も行われ、訪れた人たちは、ロボットが大きな石をよけたり、乗り越えたりして動く様子を興味深く見ていました。
中学1年生の男の子は「宇宙に行くのは色々準備が必要なんだなと思いました。宇宙に行ってみたいです」と話していました。
JAXAの阪本成一教授は「宇宙は遠い存在と考えがちですが、生の研究を見ることで、子どもだけでなく、大人にも夢を感じてもらいたいです」と話していました。
一般公開は28日まで行われます。







国連の武器貿易条約 交渉が決裂 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013923031000.html

+記事コピペ収納
国連の武器貿易条約 交渉が決裂
7月28日 11時48分 K10039230311_1207281411_1207281418.mp4
武器の輸出入の国際的な管理の強化を目指して今月初めからニューヨークの国連本部で行われてきた「武器貿易条約」の交渉は、会期最終日の27日、各国の意見の対立などから条約案について合意が得られず、時間切れとなって終わりました。

「武器貿易条約」は、大量破壊兵器と違いこれまで国際条約による規制がなかった通常兵器について各国間の輸出入を国際的に管理するための条約で、今月3日から国連本部で交渉が続いてきました。
しかし、議長が最終的に提示した条約案を巡って、会期最終日の27日、主な武器生産国のアメリカやロシアなどが、「条約案を精査する時間がさらに必要だ」と主張するなど、各国の意見の対立が続いたため合意は得られず、交渉は時間切れとなって終わりました。
会議終了後、条約を推進してきた国の1つ、フランスの代表は、「合意にあと少しというところでこのような結果になったことは非常に残念だ」と話しました。
また、同じく条約推進国である日本の外務省の武藤義哉審議官は、「1か月間、各国が意見を出し合ったことは大きな成果であり、次につなげていけると思う」と話し、日本としては、条約の成立を目指している80か国以上と協力し、今後、交渉の再開を各国に働きかけていく姿勢を明らかにしました。
しかし、交渉の再開には、国連総会の新たな決定が必要で、今のところ、その時期的なめどは立っていません。
国連のパン・ギムン事務総長は
武器貿易条約の交渉が合意に至らなかったことを受けて、国連のパン・ギムン事務総長は声明を発表し、「通常兵器の国際取引を規制する共通の基準となりえた条約で合意が得られなかったことは残念だ。しかし、これまでの交渉を基に、各国がさらに努力することを期待する」と述べて、条約作りに向けた次のステップが動き出すことに期待を示しました。







中国“環境汚染”抗議デモ収束 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120728/k10013931641000.html

+記事コピペ収納
中国“環境汚染”抗議デモ収束
7月28日 19時43分 K10039316411_1207281951_1207281953.mp4
中国東部の江蘇省で、日系企業の製紙工場から出される排水で環境が汚染されるおそれがあると主張する住民らが、地元政府が建設中の排水管の工事を中止するよう求めて大規模な抗議デモを行い、一部が暴徒化しましたが、政府側が要求を認めたため収束しました。

江蘇省南通市では、市内にある「王子製紙」の製紙工場から出される排水を海に流すため、およそ100キロの長さの排水管を建設していたところ、地元の住民から海水を汚染するおそれがあるとして、建設を中止するよう求める声が上がっています。
地元政府は、住民の抗議の動きを受けて26日、建設をいったん中断すると発表しましたが、住民らはあくまでも建設の中止を求めるとして、28日朝から政府庁舎の周辺に集まり、抗議デモを行いました。
デモの参加者は、みるみる膨れあがり、最も多いときには1万人近くに上りました。
デモの参加者は、開始直後は「故郷の環境を守れ」などと声を上げていましたが、次第に一部が暴徒化し、警察官らの制止を振り切って政府庁舎の中に入り、窓から書類などを投げたり火をつけたりしました。
さらに参加者の中には、「日本は中国を侮辱した」と書かれたビラを配り、日本に抗議する人もいました。
デモの開始からおよそ5時間半後には、地元政府の責任者が拡声機を通じて、「永久に工事を中止する」と発表し、住民の要求を受け入れる方針を示し、事態は収束しました。
参加した男性は「中止の決定はうれしいが、本当に中止されるのかまだ信用できない。推移を見守る必要がある」と話していました。しかし、政府の発表のあとも現場を離れない参加者もおり、中には警察官ともみ合いになり、けがをする人もいて緊張が続きました。







大津・中学生いじめ自殺事件 ニヤケ校長は本誌直撃取材にも反省ゼロ 美人市長に届いていた文書が示す「ひどい現実」  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/33103

+記事コピペ収納
2012年07月28日(土)

7月17日、本誌の直撃取材を受ける校長。笑顔も見せた会見から一転、無表情で記者の問いには一切答えなかった
ttp://gendai.ismedia.jp/mwimgs/7/0/600/img_70a16a44cde332c24f64a982a73b9df5130835.jpg

右手を前に突き出し、いかにも迷惑そうな表情でフラッシュをさえぎる写真の男。昨年10月に自殺した中学2年生の広樹くん(当時13)が通っていた、滋賀県大津市立中学校の藤本一夫校長(59)である。

同級生3人による壮絶ないじめの内容が公表されたことで日本中の耳目を集めている同校だが、校長はしばらくの間、公の場には姿を現していなかった。

「7月になって自殺が大きく報道されると、校長先生を学校で見かけることもほとんどなくなりました。最近は『報道には嘘が含まれている』と校内放送で訴えていたので、いじめを認めたくないんだと思いました」(中学3年生の男子生徒)

そんな校長がようやく報道陣の前に姿を現したのは、冒頭のシーンの3日前の7月14日。教育長と市役所で開いた会見でのことだった。そこでは、広樹くんの自殺前に「いじめの認識はなかった」と明言し、暴行についても「けんかと判断した」と主張。ひたすら保身に終始したのである。最終的には「聞き取りが不十分で、大きな見落としであると感じている」として責任の一端を認めたが、いじめの判断基準について説明する際には薄ら笑いを浮かべるなど、とても問題に真摯に向き合っているとは思えない態度を見せたのだった。

真意を尋ねるべく、本誌は出勤する校長を自宅前で待ち、軽トラックに乗ってガレージから出てきた本人に直撃取材を敢行した。

      • フライデーです。広樹くんの自殺についてお伺いしたいのですが。

ところが、校長は記者の名刺を見ると不快な表情を浮かべ、激しくクラクションを鳴らす。記者はなおも窓越しに質問をぶつけたが、校長はいきなり軽トラを発進させた。結局、一言も言葉を発することなく、その場を立ち去ってしまった。



ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/33103?page=2

11月2日、市教委が議会に提出した文書。調査打ち切り後、学校でこの事件について話し合うことはなかったという
ttp://gendai.ismedia.jp/mwimgs/a/a/-/img_aa1f22fe9b4afca91fcfc4c5f9aa51bf239166.jpg

なぜこうも頑なに取材を拒むのか。そこには学校の根深い隠蔽体質が潜んでいる。掲載した文書(右)を見てもらいたい。昨年、自殺から22日後の11月2日に市教委が作成した「市内中学校生徒の死亡事故に伴う調査について」という報告書には、9月以降、広樹くんが同級生らから「トイレや運動場で繰り返し殴られたり、嫌がらせを受けたりした」事実が明記されている。しかもそのすぐ下には、文科省が示す「『いじめの定義』に当てはまる」と書き込まれているのだ。

すでに11月の時点で、学校と市教委はいじめの可能性を十分に把握していたことになる。ところが学校側は、同月21日に始めた加害生徒らへの聞き取り調査を「保護者から拒否されたため」という理由で翌週には打ち切り、自殺の原因究明を放棄したのだ。

同様に、市議会の教育厚生常任委員会が12月13日に作成した「市内中学校生徒の死亡事故に伴う事案に係る経過報告等について」では、広樹くんが同級生らと「じゃれあったり」、「ふざけあったり」する場面が教師により確認され、教師が指導した旨が記されている。しかし、アンケート結果からも分かるように、その実態は「じゃれあい」などといったかわいらしいものではなく、広樹くんへの一方的な〝傷害〟行為なのである。


12月13日に市議会の教育厚生常任委員会が作成した資料。事件前、担任が生徒から個別に話を聞くことはなかった
拡大画像表示 それを把握しておきながら、あえて文書に「じゃれあい」と記載してお茶を濁していたのが〝現実〟なのだ。この報告書に当然目を通しているはずの越直美大津市長は、今年1月の就任時点でなぜすぐに対策を講じなかったのだろうか。7月6日の定例会見で謝罪し、涙を流しながら〝当時〟の市教委の調査や公表の方法を否定したが、就任早々に対策を講じていればここまで大きな問題にはならなかったはずである。

市側は7月17日に「いじめと自殺の因果関係は不明」という姿勢を撤回。同日に行われた、遺族が市や加害者などを訴えた訴訟の第2回口頭弁論の終了後、市長が改めて学校・市教委の調査が不十分だったことを認め、謝罪をした。

「市長は遺族との和解の方針を示しましたが、その日に行われた囲み取材であろうことか『実は、広樹くんは父親からDVを受けていた』と記者らに話したんです。自殺の原因はいじめだけではない、ということを言いたかったのでしょうが、あまりにも責任転嫁な感は拭えませんでした」(全国紙社会部デスク)



ttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/33103?page=3

7月17日、市役所で会見した沢村教育長。あくまでも「自殺にはいじめ以外の要因もあった」と主張
ttp://gendai.ismedia.jp/mwimgs/0/7/250/img_07bf9854be01963828f8af1f7067ec3949758.jpg

市長が事故から9ヵ月の間何もしない中、加害者の生徒のうち2人が京都市内の中学校へ転校している。広樹くんの死後、「死んで清々したと言って笑っていた」というアンケート結果が残っているだけあり、新天地では何の後悔もなく暮らしているのかもしれない。

近所の住民はこう話す。

「主犯格の子の母親は、保護者会でビラを配っていましたよ。『うちの子はいじめていない。こういった中傷が続くなら訴える』と呼びかけていました。だから、反省なんてしていないでしょう」

そんな主犯格の母親に取材を試みるも、記者の姿に気が付くと警察署に避難。もう一人の加害者の母親も「話すべきところで話していますから」と話すに止まった。しかも最後は笑顔を作り、人気モデル・ローラを思わせる〝オッケーポーズ〟を披露したのだ。


全校生徒を対象にしたアンケート結果の一部。目撃したものや伝聞を含め、全336件の回答が集まった 市長、加害生徒の親たちの自己保身には呆れるばかりである。この状況で、広樹くんが浮かばれることはない。
ttp://gendai.ismedia.jp/mwimgs/9/3/300/img_936ed9f62812b1251674130aa357fc4197294.jpg

「フライデー」2012年8月3日号より







米紙、史上最悪の開幕式に「ソウルオリンピック」を選定=韓国 2012/07/28(土) 17:00:01 [サーチナ]

ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0728&f=national_0728_043.shtml

+記事コピペ収納
米紙、史上最悪の開幕式に「ソウルオリンピック」を選定=韓国


 米タイム誌(電子版)は27日、ロンドン五輪特集コーナーに「史上最悪の開幕式」ランキングを掲載し、1988年に開催されたソウル五輪を1位に挙げた。複数の韓国メディアが報じた。

■オリンピック特集 - サーチナ・トピックス

 記事を報じたグレン・リービー記者は、ソウル五輪について「開幕式は始まりから不幸だった」とし、「鳩を競技場に放つことは良いアイデアだったかもしれないが、実際には背筋が凍るような出来事が起きた」「聖火台に火を灯した瞬間、全世界が見ている前で鳩が焼けてしまった」と説明した。

 同コーナーでは当時の映像も紹介。映像には、開会式で放たれた鳩が聖火台の端に数羽留まり、聖火が灯された瞬間に焼けていく姿が映っていた。

 一方、最悪な開会式の2位は2010年に開催されたバンクーバー冬季五輪、3位は米国ワールドカップ、4位は91年の英国シェフィールド夏季ユニバーシアードとなった。(編集担当:新川悠)

【関連記事・情報】
  • 【韓国ブログ】日本がスペインに勝利「嫉妬するほど完璧だった」(2012/07/27)
  • 「韓国はロンドン五輪で金8個、総合9位に」米紙が予想=韓国(2012/07/26)
  • LGが許可無く広告に「五輪」使用…IOCから注意受ける=韓国(2012/07/15)
  • 日本がスペイン戦を制す…韓国では「大異変」と続々報道(2012/07/27)
  • 試合開始1時間以上遅れ、北朝鮮、国旗取り違えで抗議(2012/07/26)


ソウルオリンピック 開幕式 鳩 - YouTube


名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ