※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年09月28日(FRI)/ニュース記事
2012-09-30


【記事一覧】






■■■■■■■■■■■■┌────────────────────────────┐
■■■■■■■■■■■■| たった3500円のカツカレーで庶民感覚とは……   │
■■■■■■■■┌──└────────────v──────────┬───-─┘
■■■■■■■■|フフフ…庶民感覚と言っても所詮は偽り… ....|
┌─────└────────v───────┬─────────┘
| 我らの様な庶民感覚を持てないとは .|
| 庶民代表の面汚しよ…             .│
└────v─────────────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡               ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|             _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /            ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\          '    `
  大阪朝日新聞   毎日新聞社    朝日新聞本社          安倍晋三
  6300円(カツ有り)  5040円(カツ無し) 3675円(カツ無し)     3500円のカツカレー(決起集会の会場費込)







“火星に川” 探査機が証拠発見 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015351981000.html

+記事コピペ収納
“火星に川” 探査機が証拠発見
9月28日 10時43分 K10053519811_1209281222_1209281228.mp4
先月、火星に着陸したNASA=アメリカ航空宇宙局の探査機「キュリオシティ」が、火星でかつて川が流れていたことを示す有力な証拠を発見し、火星に生命が存在した可能性につながる成果として注目されています。

NASAは、27日、先月6日に火星に着陸した探査機「キュリオシティ」が、これまでに撮影した火星の地表の画像を詳しく分析した結果を発表しました。
それによりますと、画像には、直径が1センチ前後の丸みを帯びた小石が多数、写っていて、そのすぐ近くには、こうした小石が集まって出来た岩石が露出していることが分かりました。
こうした小石や岩石は、地球では川辺など長期にわたって水が存在していた地域で特徴的に見られることから、NASAは、画像が撮影された場所には、かつて、川が流れていたと結論づけました。
また、ほかの探査機で得た周辺の地形のデータと合わせて分析した結果、川は流れが秒速およそ1メートルで、水深が最大で数十センチあった可能性があるとしています。
火星については、以前から大量の水があったと指摘されていますが、NASAでは「これほど直接的で目に見える形での有力な証拠はなかった」としています。
NASAによりますと、川がいつ流れていたのかはまだ特定できていないということですが、火星にも生命が存在した可能性につながる成果として注目されています。







韓国外交通商相“第2の侵略だ” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015373801000.html

+記事コピペ収納
韓国外交通商相“第2の侵略だ”
9月28日 21時57分韓国のキム・ソンファン外交通商相は、訪問先のニューヨークで、島根県の竹島について「日本の領有権の主張自体が第2の侵略だ」と述べ、日本側を厳しく非難しました。

このなかでキム外交通商相は、島根県の竹島について、「日本の植民地支配で最初に犠牲になった場所だ。韓国国民にとっては、日本が領有権を主張すること自体が第2の侵略だ」と述べ、日本側を厳しく非難しました。
そのうえで、28日に国連総会で行う演説については、「特定の国を敵視することはしないが、内容を聞けば分かるだろう。最終的な内容はいま検討中だ」と述べ、演説では直接、国名を挙げることは避けながらも、竹島の問題やいわゆる従軍慰安婦問題に言及し、日本をけん制する考えを示唆しました。







日中 国連総会で激しい応酬 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015361021000.html

+記事コピペ収納
日中 国連総会で激しい応酬
9月28日 15時43分 K10053610211_1209281606_1209281616.mp4
中国の楊外相はニューヨークで開かれている国連総会で演説し、沖縄県の尖閣諸島について「中国固有の領土だ」と述べて、中国独自の主張を展開するとともに、日本を名指しで非難しましたが、これに対し日本が答弁権を行使して反論するなど、双方が激しく応酬する異例の展開となりました。

中国の楊外相は27日、国連総会の演説で、尖閣諸島について2分間にわたって取り上げ、「中国固有の領土で、争う余地のない歴史的な根拠がある。日清戦争末期の1895年に日本が盗み取った」と述べ、中国独自の主張を展開しました。
そして、日本政府による国有化について、「日本の一方的な行動は、中国の主権を著しく侵し、第2次世界大戦後の国際秩序と国連憲章への重大な挑戦だ」と述べ、日本を名指しで非難しました。
これに対して、日本国連代表部の児玉次席大使は演説終了後、見解が異なる演説に議場で反論できる答弁権を直ちに行使し「尖閣諸島を日本に編入した際には、中国側の支配が及んでいないことを確認している。中国の主張は論理的に成り立たない」と主張しました。
一方、中国の李保東国連大使も「公然と歴史をわい曲するものだ。中国13億の国民は憤慨しており、断固として争う」などと反論し、日中間で2度にわたり厳しいやりとりが繰り返されました。
国際社会の目が注がれる国連の場で、双方が激しく応酬する異例の展開となったことで、尖閣諸島を巡る日中の対立の根深さが、各国に強く印象づけられる結果となりました。







“国交正常化祝えないのは日本が原因” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015373831000.html

+記事コピペ収納
“国交正常化祝えないのは日本が原因”
9月28日 21時57分日本と中国の国交が正常化されてから29日で40年となりますが、中国政府は、これを祝えないのは日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことが原因だと非難し撤回するよう重ねて求めました。

日本と中国はいまから40年前1972年の9月29日に「日中共同声明」に調印して外交関係を樹立し、日中の国交が正常化してから29日でちょうど40年となります。
中国外務省の洪磊報道官は、28日の記者会見で、「日中国交正常化40周年のことし両国の友好関係を発展させるきっかけにしようとしていたが、日本の不法な島の購入によってすべてが壊された」と述べ、多くの記念行事が中止や延期になって両国で祝えないのは日本側の責任だとして沖縄県の尖閣諸島を国有化した日本政府を改めて非難しました。
そして洪報道官は「日本がすべての誤りを認めて正し、中国の主権を侵す一切の行動を停止して、日中関係を健全で安定した道に戻すように希望する」と述べ、国有化の取り消しを重ねて求めました。







中国側 日本が解決策示すべき NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015375071000.html

+記事コピペ収納
中国側 日本が解決策示すべき
9月28日 22時23分沖縄県の尖閣諸島を巡って日中関係が冷え込むなか日本の友好団体の代表らとともに中国共産党の要人と会談した田中眞紀子・元外務大臣が、27日の会談で中国側が故事を引用して日本が解決策を示すべきだという立場を強調したことを明らかにしました。

これは田中元外相が28日夜、北京の日本大使館で記者会見を開いて明らかにしたものです。
この中で田中元外相は、27日、日本側の友好団体の代表らとともに中国の最高指導部の1人、賈慶林氏と会談した際、賈慶林氏が「虎に鈴をつけた人が鈴を外せる」という中国の故事を引用したうえで「『問題を起こした側に解決する義務があり中国は、日本側が解決策を出すことを待っている。』という発言があった」と述べました。
これは、尖閣諸島を国有化した日本に対して国有化の撤回を求める中国の立場をあらためて強調したものです。
また、田中元外相は父の田中角栄元総理大臣が40年前に中国と国交を正常化するために北京でおこなった交渉に触れて「父は、生きて帰ってこれないかもしれないという覚悟で中国に出かけた。当時の交渉と比べれば父の時代のほうが並大抵のことではない」などと述べ、対話を継続することが日中関係の改善につながることに期待を示しました。







「敗戦国が戦勝国の領土を占領」中国が日本批判 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120928-OYT1T00208.htm

+記事コピペ収納
「敗戦国が戦勝国の領土を占領」中国が日本批判

【ニューヨーク=有光裕、北京=大木聖馬】国連総会で行われた野田首相の一般討論演説を機に、中国は27日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡って日本批判を繰り返した。


ただ、日本側は、尖閣諸島には領土問題は存在しないとの立場をもとに、中国側の挑発に乗らず冷静に対応する構えだ。

首相は26日(日本時間27日)の演説で、尖閣諸島周辺の領海に中国公船が侵入を繰り返したことを念頭に「主義主張を一方的な力や威嚇を用いて実現しようとする試み」などと批判。その後の記者会見では「妥協はあり得ない」と訴えた。

首相の国連演説に対し、中国外務省の秦剛(チンガン)報道局長は暗に日本を非難する談話を出した。さらに、秦局長は27日昼の記者会見で、首相の記者会見について、「(第2次世界大戦の)敗戦国が戦勝国の領土を占領するなど、もってのほかだ」などと日本を名指しで非難する長文の談話を発表した。

(2012年9月28日09時00分 読売新聞)







官房長官“中国の演説 根拠ない” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015355441000.html

+記事コピペ収納
官房長官“中国の演説 根拠ない”
9月28日 12時22分 K10053554411_1209281225_1209281228.mp4
藤村官房長官は記者会見で、沖縄県の尖閣諸島を巡って、中国の楊外相が国連総会の演説で「日本が盗み取った」と主張したことについて、「全く根拠がない」と批判し、今後、さまざまな機会を通じて反論していく考えを示しました。

この中で、藤村官房長官は、沖縄県の尖閣諸島を巡って、中国の楊外相が国連総会で「中国固有の領土であり、日本が盗み取った」などと述べたことについて、「中国独自の主張には、全く根拠がない。この点は、今後、反論の機会が出てくるので、しっかりと反論をしたいと思う」と述べました。
また、藤村官房長官は、日本政府が、国連総会の場などで尖閣諸島を巡る日本の立場の発信を強めていることに関連し、「これまで領土問題は存在しないことを、国際的な広報で声高に発信してきた訳ではなかったが、今後は、国際広報をしっかりやり、積極的に発信するということに方向転換した。ただ、領土問題は存在しないという前提に変わりはなく、現時点で国際司法の場で争う必要はないと考えている」と述べました。
一方、藤村官房長官は、悪化している日中関係について、「何より意思疎通を維持・強化しながら、両国が大局的観点から、お互いに冷静に対応していくことが必要だ」と述べ、中国側に冷静な対応を求めました。
さらに、29日で日中国交正常化から40年となることについて、「1972年以来、日中関係は、戦略的互恵関係という形で大きく発展してきた。時々に難しい問題があったが、大局的な見地から冷静に話し合いで解決していくべきだ」と述べました。







尖閣上陸 日本人2人書類送検 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015372941000.html

+記事コピペ収納
尖閣上陸 日本人2人書類送検
9月28日 20時41分今月18日、国が立ち入りを禁止している沖縄県の尖閣諸島の魚釣島に上陸した日本人2人について、沖縄県警察本部は許可を得ずに立ち入ったとして軽犯罪法違反の疑いで書類送検しました。

書類送検されたのは、東京・練馬区の自営業の45歳の男と、鹿児島市の会社役員の60歳の男です。
沖縄県警察本部によりますと、2人は今月18日、国が立ち入りを禁止している尖閣諸島の魚釣島に許可を得ずに上陸したとして、軽犯罪法違反の疑いが持たれています。
尖閣諸島を巡っては、これまでにも日本人のほかに中国や台湾の活動家などが上陸していますが、2人が上陸したのは、中国当局の船が尖閣諸島の周辺に近づき、海上保安本部が警戒に当たっているさなかでした。
羽田国土交通大臣は記者会見で「今回は処罰する意志を被害届という形で表したい」と述べ、海上保安庁が沖縄県警察本部に被害届を出していました。
沖縄県警察本部によりますと、魚釣島に上陸したとして書類送検されるのは今回が初めてだということです。







安倍総裁 政権奪還の考え強調 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20120928/k10015371741000.html

+記事コピペ収納
安倍総裁 政権奪還の考え強調
9月28日 19時59分 K10053717411_1209282006_1209282011.mp4
自民党の安倍総裁は、新しい執行部の発足を受けて記者会見し、「政権を奪還するための強力な布陣で、経験に裏打ちされた重厚な執行部を構成した」と述べ、新たな態勢で次の衆議院選挙での政権奪還を目指す考えを強調しました。

自民党は28日の総務会で、副総裁に高村正彦元外務大臣、幹事長に石破茂前政務調査会長、総務会長に細田博之元幹事長、政務調査会長に甘利明元経済産業大臣をそれぞれ充てる人事を了承し、安倍新執行部が発足しました。
このあと安倍総裁は、副総裁と党3役の4人と共に記者会見し、「政権を奪還するための強力な布陣だ。自民党は、経験に裏打ちされた責任感を持っており、その観点から重厚な新執行部を構成した」と述べ、新たな態勢で次の衆議院選挙での政権奪還を目指す考えを強調しました。
そして、大阪市の橋下市長が代表の新党「日本維新の会」について、「憲法改正などを実現するためには、彼らのパワーや発信力は必要だと思うが、次の衆議院選挙ではライバルとして正々堂々と戦いたい。自民党は、衆議院の300小選挙区のうち、すでに多くの選挙区で候補者を決めており、お互いの理念の下に論戦を交わすことが国民の期待だ」と述べました。
さらに、派閥の在り方については、「これまで派閥が担ってきた新人議員の教育や落選した前議員へのきめ細かな配慮を、党が十分に担っているとは言えず、“派閥を変える”ということを目に見える形で示したい」と述べました。
高村副総裁は「外交面で安倍総裁を支えていく。今の日中関係は、目先のことにこだわって、互いに損をする関係になっている。本来の戦略的互恵関係に戻ってもらうため、私の人脈や経験を生かしていく。加えて、党の役員全体が協調していけるような雰囲気を作る役割を果たしていきたい」と述べました。
石破幹事長は「いかなる場合も、選挙に強い自民党を作ることが、困難な問題を国民に理解してもらうために必要だ。地方組織との連携を密にし、総裁を頂点に一人一人の党員が同じ目的意識を持つ一体感を醸成したい。選挙の基本が全国の候補者に徹底されているのか、点検することを急ぎたい」と述べました。
細田総務会長は「民主党政権が、自分勝手なことを言って、あとから修正したりマニフェスト違反をしたりしているのは、党の意思決定機関がしっかりしていないからだ。党の意見集約のしかたは大事であり、われわれは総務会の伝統を踏まえ、さまざまな課題が山積するなかで役割を果たしていきたい」と述べました。
甘利政務調査会長は「責任野党として、経済の再生プランを作り、『政策の自民党』を訴えて、国民の信任を取り戻したい。次の衆議院選挙の政権公約については、安倍総裁のカラーを出すため、安倍総裁が思いを込めて訴えたいことは部分的に追加することも考えたい」と述べました。







フジテレビ『とくダネ!』で厚生省指定の難病を「お腹が痛くて」と表現し安倍総裁批判 - ガジェット通信

ttp://getnews.jp/archives/256459

+記事コピペ収納
フジテレビ『とくダネ!』で厚生省指定の難病を「お腹が痛くて」と表現し安倍総裁批判

2012.09.28 16:45:31 記者 : srbn

9月26日、自民党総裁選挙が行われた。40年ぶりとなる決選投票にもつれ込む接戦の末、安倍晋三元首相が石破茂氏を破って自民党総裁に返り咲いた。安倍総裁といえば、2006年に小泉内閣を引き継ぐ形で戦後最年少の当時52歳で首相の座についた人物である。「美しい国づくり」「戦後レジームからの脱却」といったスローガンを記憶している方も多いだろう。総理大臣としては06年の9月から07年の9月という1年ほどの任期であった。そんな安倍元首相が退陣するきっかけとなったのは“潰瘍性大腸炎”という病気を患ってしまったからであった。

厚生省指定の難病“潰瘍性大腸炎”とは?
“潰瘍性大腸炎”は、日本で10万人を超える患者が発症している厚生労働省指定の特定疾患である。特定疾患とは、単に難病とも呼ばれる病気のことを指す。原因不明で治療方法が確立しておらず、後遺症を残す可能性のある病気や、症状によって患者や家族に経済的・精神的負担が大きくかかる疾病を難病と呼んでいる。

今回安倍総裁が苦しめられた“潰瘍性大腸炎”は、大腸に潰瘍ができる炎症性疾患である。発症する原因は不明とされているが、過度なストレスが原因なのではないかとも言われている。症状は、出血を伴うこともある下痢、頻繁に起こる腹痛など。結膜炎、虹彩炎など目の病気との合併症も多く報告され、重症の潰瘍性大腸炎になると肝炎や肝硬変といった内臓の病気を併発することもあるようだ。水や栄養を取り込むために必要な大腸に潰瘍ができてしまうので、栄養を取り込むことが難しくなる。ただでさえ体力が低下している時に食事による栄養補給が困難なため、点滴による栄養の投与も多い。食事制限も多く、おかゆや煮込みうどん、火を通した芋類や野菜類、赤みの多い肉、白身魚あたりはOK。逆に脂っぽいもの、乳製品、果物、お菓子類はNG。

話題の高額カツカレー問題だが、本当に3500円も出して脂たっぷりのカツが乗ったカレーを食べることができていたら、病気の完治を祝うべきであり叩く対象ではないことがわかるだろう。

新薬を投与の結果 安倍氏「もう大丈夫」
「2年前に画期的な新薬が登場し、すっかり難病を克服した」という安倍総裁。この新薬だが、ウワサではゼリヤ製薬のアサコールという薬なのではないかといわれている。日本では新薬という扱いだが、海外ではよく使われている薬だそうだ。ただし、潰瘍性大腸炎は原因がはっきりしていないため同じ薬で万人に効果が現れるかというとそうでもないらしく、やはり難病であることには変わりない。

この難病をフジテレビ『とくダネ!』のコメンテーター田中雅子氏が「1年でお腹が痛くてやめちゃった」と言うと、メインキャスターの小倉智昭氏もこれに合わせて「子どもみたいだったもんね」と発言するなど、病気の実情に対して認識の甘さが見受けられた。また田中氏は「病気でやめるなんて二度と言ってもらいたくない」と続けた。自分がいつ病気になるかもわからないのによくそのようなことが言えたものである。

日本に10万人以上もいる難病“潰瘍性大腸炎”。あなたはただの腹痛と呼べるだろうか。
(画像は衆議院議員 安倍晋三 公式サイトより引用)







「高級カツカレーにネット非難」記事に怒りの声 「これぞ偏向報道」「どこのネットだよ」 - Infoseek ニュース

ttp://news.infoseek.co.jp/article/itmedia20120928085nl

+記事コピペ収納
「高級カツカレーにネット非難」記事に怒りの声 「これぞ偏向報道」「どこのネットだよ」- ITmedia(2012年9月28日18時17分)
nikkansports.comが掲載した「安倍新総裁、高級カツカレーにネット非難」という記事に、ネット民から非難が噴出している。記事はすでに1万回以上リツイートされているが、コメントの大半は「どこのネットだよ」「非難なんてしてません」など、記事の内容について疑問視するものだ。


記事では一連の“カツカレー騒動”について「(値段が)高すぎる」「既に庶民感覚を失っている」など、ネット民から安倍氏への非難が出ていると報じており、これに対し「自分の見ていたTwitterと異なる」との声が多くあがった。筆者も当日のタイムラインを見ていたが、安倍氏をバッシングしている人は少数派で、むしろ「さっそく安倍さん叩きか」「カツカレーくらい食べたっていいじゃないか」など、マスコミ側の報道姿勢を批判する声が大半だった。記事ではまるで安倍氏非難の方が主流であったかのように読めてしまい、実際とはずいぶん印象が異なる。


記事へのレスポンスはTogetterにもまとめられており、あきれている人、怒っている人など反応は様々。中には「これぞ【偏向報道】のお手本ともいえる記事」(@momonnga800さん)、「非難する意見はなくはなかったけどそれでこんな見出しにするのはどうなのよ」(@syunk38さん)、「捏造ごくろうさまです。最低だ」(@81_love_81さん)などかなり厳しい意見も見られた。







「高級品食べてないで庶民の味勉強を」 - 社会ニュース : nikkansports.com

ttp://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120928-1024235.html

+記事コピペ収納
「高級品食べてないで庶民の味勉強を」
26日の自民党総裁選直前、都内のホテルで決起集会を行った安倍晋三総裁(58)が、昼食に高級カツカレーを食べていたと一部の情報番組で報道され27日までに、インターネット上で“カツカレー騒動”が勃発している。

ネット情報を基に「SATSUKI」にカツカレーを食べに来た客は多数いた。40代の会社員男性は「3500円カレーがどんな物かと思い、つい来てしまいました。カツがしつこくなくてグッド。でも、1回で7日分のランチ代を使っちゃったよ。明日からどうしよう」と不安な表情を見せた。50代の主婦は「安倍さんが食べていたのは、このカレーじゃないの!? がっかり。高級品ばかり食べてないで、庶民の味から勉強しないと支持されないよ」と辛口コメントだった。

[2012年9月28日9時21分 紙面から]







ミスド店員がツイッターで客を罵倒『コジキ・きもい』発言で炎上|| ^^ |秒刊SUNDAY

ttp://www.yukawanet.com/archives/4299954.html





名前:
コメント:

◇◆前へ次へ目次へ