※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2012年10月01日(MON)/遊戯王OCG 【魔轟神】
2012-10-01






デッキ2種。




1つ目はクェーサーとプレアデスを呼ぶ構成。
前回とは1枚しか替わっていません。

【デッキ(40)】

【モンスター(24)】
《魔轟神レイヴン》 ×2
《魔轟神クシャノ》 ×2
《魔轟神獣チャワ》 ×3
《魔轟神獣ケルベラル》 ×3
《魔轟神クルス》 ×3
《魔轟神グリムロ》 ×3
《魔轟神獣ノズチ》 ×3
《魔轟神獣ガナシア》 ×3
《レベル・スティーラー》 ×1
《ダンディライオン》 ×1

【魔法(15)】
《サイクロン》 ×3
《大嵐》 ×1
《簡易融合》 ×2
《ワン・フォ-・ワン》 ×1
《ワンチャン!?》 ×2
《死者転生》 ×2
《死者蘇生》 ×1
《おろかな埋葬》 ×1
《手札抹殺》 ×1
《貪欲な壺》 ×1

【罠(1)】
《神の宣告》 ×1


【エクストラデッキ(15)】
《魔轟神獣ユニコール》 ×1
《魔轟神レイジオン》 ×3
《フォーミュラ・シンクロン》 ×1
《TG ハイパー・ライブラリアン》 ×1
《A・O・J カタストル》 ×1
《大地の騎士ガイアナイト》 ×1
《ブラック・ローズ・ドラゴン》 ×1
《スクラップ・ドラゴン》 ×1
《シューティング・スター・ドラゴン》 ×1
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》 ×1
《セイクリッド・プレアデス》 ×1
《カオス・ウィザード》 ×1
《音楽家の帝王》 ×1





禁止になった 《氷結界の龍 ブリューナク》《大地の騎士ガイアナイト》 にしただけ。
1枚だけの変更ですが、これが大きい。
手札を捨てるのも、除去もこのカードに相当頼っていましたから。
ブリューナクは本当に『魔轟神龍』だったんだなぁ。
もう、クェーサーメインは完全に終了したといっても言い過ぎじゃない。安定感がまるで別物。




そういう訳で、現在は↓のデッキに組み直しております。




【デッキ(40)】

【モンスター(30)】
《魔轟神クシャノ》 ×1
《魔轟神獣チャワ》 ×3
《魔轟神獣ケルベラル》 ×3
《魔轟神獣ガナシア》 ×2
《魔轟神クルス》 ×2
《魔轟神グリムロ》 ×3
《カードカー・D》 ×3
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》 ×3
《クリッター》 ×1
《冥府の使者ゴーズ》 ×1
《トラゴエディア》 ×2
《バトルフェーダー》 ×3
《速攻のかかし》 ×3

【魔法(10)】
《サイクロン》 ×3
《大嵐》 ×1
《ブラック・ホール》 ×1
《死者蘇生》 ×1
《簡易融合》 ×2
《貪欲な壺》 ×1
《おろかな埋葬》 ×1

【エクストラデッキ(15)】
《魔轟神獣ユニコール》 ×1
《魔轟神レイジオン》 ×2
《フォーミュラ・シンクロン》 ×1
《TG ハイパー・ライブラリアン》 ×1
《A・O・J カタストル》 ×1
《大地の騎士ガイアナイト》 ×1
《ブラック・ローズ・ドラゴン》 ×1
《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》 ×1
《スクラップ・ドラゴン》 ×1
《スターダスト・ドラゴン》 ×1
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》 ×1
《セイクリット・プレアデス》 ×1
《カオス・ウィザード》 ×1
《音楽家の帝王》 ×1





《カードカー・D》 で手札補充して、 《冥府の使者ゴーズ》 《トラゴエディア》 《バトルフェーダー》 《速攻のかかし》 等で相手ターンを凌いで、
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》 《ブラック・ローズ・ドラゴン》 《ブラック・ホール》 で相手カードを喰らい、攻撃の機会を待つ戦法。
特殊召喚を封じられない限りは、そこそこ良い感じに戦えます。先攻クリスティアとかされると詰みますのでサイドチェンジで 《魔轟神獣キャシー》《スナイプ・ストーカー》《月の書》 等を。

《セイクリット・プレアデス》 とライフ回復用に 《マジカル・アンドロイド》 を採用したいんですが、枠が足りない。
抜くとしたら 《シューティング・クェーサー・ドラゴン》 。でも出せる時に出せないって羽目になるには惜しいモンスターなので抜きたくないです。愛着もあるし。

バスガイドが手に入るまでは、この構成を維持します。いつ入手できるか分かりませんが。高いだろうなぁ。



名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ