※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2013年02月17日(SUN)/今日のまとめ
2013-02-21



その辺の石ころの中にも隕石があったりするのでしょう。たぶん。






【ニュース記事一覧】


隕石の白い“煙”宇宙からも撮影 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015572361000.html

+記事コピペ収納
隕石の白い“煙”宇宙からも撮影
2月17日 4時53分 K10055723611_1302170711_1302170716.mp4
ロシア中部で隕石が落下した際にできた白い帯状の煙のようなものが、アメリカの衛星によって宇宙からも撮影されていたことが明らかになりました。

これは、アメリカ軍が運用する気象衛星が撮影したもので、分析を行ったコロラド州立大学がホームページ上に公開しました。
衛星写真では、隕石が落下した際にできた白い帯状の煙のようなものが、ほぼ直線に伸びているのが分かります。
その先端近くには、何らかの影のようなものが写っているのも確認できます。
衛星写真の分析を行ったコロラド州立大学の研究者、スティーブ・ミラー氏は「隕石が落下した直後に、上空を衛星が通過したために撮影できた。隕石が地球に突入した際の状況を解明するうえで、新たな情報を提供してくれるだろう」と話しています。







ロシアで落下の隕石 捜索続く NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015579761000.html

+記事コピペ収納
ロシアで落下の隕石 捜索続く
2月17日 19時17分 K10055797611_1302171933_1302171951.mp4
隕石(いんせき)が爆発して破片が落下し、大きな被害が出たロシア中部のチェリャビンスク州では、3日目の17日もロシア政府が2万4000人を動員して壊れた窓ガラスなどの修復作業を急いでいるほか、落下した破片の捜索を続けることにしています。

ロシア中部に15日、落下した隕石について、NASA=アメリカ航空宇宙局は、およそ1万トンの小惑星が猛烈な速度で大気圏に突入して爆発し、その一部が落下したとみています。
チェリャビンスク州一帯では、爆発の強い衝撃でおよそ4500棟の建物で窓ガラスや壁が壊れるなどの被害が出て、子ども250人を含む1100人を超える人たちがけがをしました。
ロシア政府は2万4000人を動員して、18日から授業を再開する学校をはじめ、これまでに1700棟余りの建物で窓ガラスなどの修理を終えたということです。
一方、ロシア政府は、凍った水面に直径8メートルの穴が見つかったチェリャビンスク近郊の湖の周辺で直径1センチほどの物体を複数採取して、隕石の破片かどうかを調べているほか、別の場所でも捜索を続けることにしています。
また、チェリャビンスク州に隣接する隣国のカザフスタン北部でも、3つの村で住民から隕石が落下するのを目撃したという情報が寄せられたことから、カザフスタン政府が破片が落下した痕跡がないか調査を行っています。
チェリャビンスクで復旧作業進む
隕石の落下から2日がたったチェリャビンスクでは、爆発などの衝撃波で壊れた建物の復旧作業が進んでいます。
このうち中心部にある大学の体育館では、衝撃波によって窓ガラスのおよそ80%が割れ、地元の建設会社が臨時の措置として透明のシートを張る作業を進めています。
建設会社によりますと、復旧作業は18日までには終わる見通しだということです。
また、州立病院の1つでは、割れたガラスの破片で切り傷を負うなどしてこの2日間でおよそ160人の患者が治療を受けましたが、ほとんどの患者は自宅に戻っており、今も入院しているのは頭などにけがをした10人だということです。
中心部の繁華街では、買い物や食事を楽しむ市民の姿も見られ、チェリャビンスクの街は平静を取り戻しつつあります。







「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000563-san-ent

+記事コピペ収納
「隕石、尖閣に落ちれば」 日テレ「バンキシャ!」で不適切発言

産経新聞 2月17日(日)20時26分配信

隕石の落下で窓ガラスが崩壊したままのショッピングセンター=17日、ロシア南部チェリャビンスク(佐々木正明撮影)(写真:産経新聞)

日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」で17日、ロシアの隕石落下を伝えるニュースの中で、コメンテーターとして出演していた中国出身の経営コンサルタント、宋文洲氏(49)が「(隕石は)尖閣諸島に落ちてくれないかと思った。なくなればトラブルもなくなるから」などと発言し、アナウンサーが謝罪する一幕があった。

同番組内で、宋氏は、隕石落下の影響を伝える現地リポートに続いて意見を求められると、「地球って言うのは脆弱ですよね。巨大な地震もあれば、なんと予測もできない巨大な隕石も来て、人類は細かいことでもめている場合ではないんですね」と切り出し、「今日思ったのはですね、尖閣諸島に落ちてくれないかと思ったんですね。なくなればトラブルもなくなるから」などと笑いながら語った。宋氏の発言に、メーンキャスターの福沢朗氏は「ずいぶんと思い切ったご意見をいただきましたね」などと取りなしたが、約20分後に鈴江奈々アナウンサーが「スタジオで一部不適切な発言がありました。失礼いたしました」と謝罪した。

宋氏は中国出身で、経営コンサルなどを行う「ソフトブレーン」創業者。経済評論家としてテレビ番組などでも活躍している。日本テレビによると、「真相報道 バンキシャ!」には平成18年4月から出演。最近は年3回程度のペースで、ゲストコメンテーターを務めていた。







グアム事件 犠牲者追悼のミサ NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015574701000.html

+記事コピペ収納
グアム事件 犠牲者追悼のミサ
2月17日 12時10分 K10055747011_1302171213_1302171220.mp4
グアム島で、男が車で歩行者をはねたうえ、観光客などを刃物で切りつけ、日本人3人が死亡した事件を受けて、地元のカトリック教会では17日、犠牲者を追悼するミサが行われました。

今月12日の夜、グアム島の繁華街で、男が車で歩行者をはねたうえ、観光客などを次々と刃物で切りつけた事件では、栃木県の杉山利恵さん(28)と祖母の上原和子さん(81)、茨城県の横田仁志さん(51)の3人が死亡、日本人10人がけがをしました。
比較的治安がよいといわれるグアム島で起きた悲惨な事件を受けて、島で最も大きいカトリック教会では、17日、犠牲者を追悼するミサが行われ、地元の人たちのほか、横田さんの遺族も参加しました。
ミサでは、アプロン大司教が「亡くなった3人の方、ご遺族、そして事件で苦しむすべての人に祈りをささげましょう」と呼びかけました。
そして、グアムのカルボ知事とグアム島駐在の清水総領事が花輪をささげるなどして、3人の死を悼みました。
子供連れで出席した20代の女性は、「ご遺族が神のご加護を受けて、悲劇から立ち直れるよう祈りました」と話していました。







浜松 不発弾処理は無事に終了 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015579901000.html

+記事コピペ収納
浜松 不発弾処理は無事に終了
2月17日 19時17分 K10055799011_1302171926_1302171928.mp4
静岡県浜松市で、太平洋戦争当時のものとみられる不発弾を海岸に運んで爆破する処理が、新幹線の運転を一時見合わせるなどして行われ、夕方、無事に終了しました。

この不発弾は去年10月に浜松市内のJRの工場で見つかったもので、重さおよそ860キロで、太平洋戦争で使われたアメリカ軍の砲弾とみられています。
不発弾の信管は取り外せない構造になっていたことから、浜松市と自衛隊は4キロ離れた海岸に運んで爆破処理を行うことを決め、まず、午前中に不発弾を移す作業が行われました。
この作業に伴って、移動経路の周辺に住むおよそ1万人に避難指示が出され、12か所の避難所におよそ190人が避難しました。
また、鉄道や道路も規制され、東海道新幹線は浜松と豊橋の間の上下線で一時運転を見合わせ、32本が最大で1時間遅れるなど、1万4000人に影響が出ました。
そして、海岸に運び込まれた不発弾は穴に埋められたあと、6メートルほどの高さの砂山にしたうえで、午後2時ごろ、周りに敷いた爆薬に火がつけられました。
点火の際、ドンという音とともに砂山が沈み込み、自衛隊が掘り起こして調べた結果、午後5時半に爆破処理の無事終了が確認され、浜松市の鈴木康友市長から安全宣言が出されました。
浜松市によりますと、付近の住宅から被害の報告などは入っていないということです。
浜松市の鈴木市長は、「安全第一のため周到に準備して行った。大がかりな処理になり、住民に迷惑がかかったと思う」と話していました。







“黒い雨”の影響巡り討論会 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015581261000.html

+記事コピペ収納
“黒い雨”の影響巡り討論会
2月17日 23時3分 K10055812611_1302180010_1302180027.mp4
広島市にある放影研=放射線影響研究所が、去年、原爆投下直後に降った放射性物質を含む『黒い雨』の影響を分析し、「浴びたことによる死亡リスクの増加は見られない」という見解を公表したことを巡り、これを疑問視する広島や長崎の研究者が、放影研側と意見を交わす公開討論会が17日に開かれました。

討論会には、放影研の代表や黒い雨の影響を研究している広島や長崎の専門家など、5人がパネリストとして参加しました。
この中で、放影研側は、戦後まもなくの調査で「黒い雨にあった」と回答した広島と長崎の被爆者などおよそ1万3000人分のデータについて分析結果を示し、「長崎の人たちのがんの死亡リスクだけ増加が見られるが、人数が少なく、ほかの項目では差が出ていないことなどから、黒い雨による死亡リスクの増加は見られない」と説明しました。
これに対し、研究者からは、「長崎のがんの死亡リスクが増加している結果は無視できない」とか、「もっと違った分析のしかたがあるのではないか」などと、疑問を投げかける意見が相次ぎました。また、会場で傍聴していた人たちからは、「放影研は黒い雨のデータを開示し、外部の意見も取り入れながら研究を進めてほしい」といった声が上がりました。
討論会のあと、放影研の大久保利晃理事長は、「外部へのデータの開示は難しいが、できるかぎりの分析は今後も続けていくつもりだ」と話していました。







福島党首“参院選は党存亡懸けた戦い” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015577531000.html

+記事コピペ収納
福島党首“参院選は党存亡懸けた戦い”
2月17日 16時7分 K10055775311_1302172101_1302172108.mp4
社民党の福島党首は、党の全国代表者会議で、夏の参議院選挙について「党の存亡を懸けた戦いだ」として、改選議席を上回る3議席以上の獲得に全力を挙げる決意を強調しました。

この中で福島党首は、先の衆議院選挙で、旧社会党から現在の社民党に移行して以降、最も少ない2議席の獲得にとどまったことについて、「衆議院選挙で大敗北し、党員や支持者の皆さんの懸命の努力に報いることができなかった責任は、ひとえに党首である私にある。ただただ申し訳ない」と陳謝しました。
そのうえで福島氏は夏の参議院選挙について、「安倍政権は集団的自衛権の行使を認め、憲法9条を改悪しようとしているが、今こそ多くの人と力を合わせて阻止しなければいけない。参議院選挙は、党の存亡を懸けた戦いであり、私も全身全霊で戦う決意だ」と述べ、改選議席を上回る3議席以上の獲得に全力を挙げる決意を強調しました。







朝日新聞デジタル:「民主党は消えてなくなっていいのか」民主・細野幹事長 - 政治

ttp://www.asahi.com/politics/update/0217/TKY201302170059.html

+記事コピペ収納
「民主党は消えてなくなっていいのか」民主・細野幹事長[PR]

■細野豪志・民主党幹事長

アベノミクスで株が上がって円安になり、景気が良くなっているからと言って、我々が安倍晋三首相に遠慮する姿勢であっては絶対にならない。正面から徹底的に論争をし、民主党の存在を示したい。それは簡単なことではないと思う。民主党は(議員の)数も少ないし、政党支持率も低い。しかし、本当に民主党は要らないのか、消えてなくなっていいのか。生活者の立場で政策をつくる政党はなくていいのか。改革政党として、物事を変えていこうという政党がなくなっていいのか。私は違うと思っている。(滋賀県彦根市での集会で)







補正予算案や国会運営巡り討論 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015574621000.html

+記事コピペ収納
補正予算案や国会運営巡り討論
2月17日 12時10分 K10055746211_1302171218_1302171220.mp4
NHKの「日曜討論」で、今年度の補正予算案の取り扱いについて、自民党の中曽根参議院議員会長が、景気回復などのため早期に成立させたいという考えを示したのに対し、民主党の輿石参議院議員会長は、問題点を洗い出して徹底した審議を行うべきだという認識を示しました。

討論では、世耕官房副長官が、今年度の補正予算案について、「参議院でも衆議院と同じくらいの十分な審議時間を取ることは前提とするが、補正予算は早く執行しないと、景気対策としての意味をなさない。安倍総理大臣が訪米すると少し日にちが空いてしまうので、その前に成立させてほしい」と述べました。
これを受けて、自民党の中曽根参議院議員会長は、「予算審議は非常に重要で、参議院でも衆議院並みの審議時間の確保が必要だ。衆議院の質疑時間は29時間半だったので、参議院も同程度やれればよく、安倍総理大臣のアメリカ訪問前までに確保できる。そうすれば、一日も早く補正予算案を成立させて、景気回復や防災対策などにも取り組める」と述べました。
これに対し、民主党の輿石参議院議員会長は、「参議院で補正予算案の審議に入る前から、安倍総理大臣が訪米する前に成立させてくれと言うのは、参議院の存在を無視した発言だ。時間を使って成立を引き延ばすことは毛頭考えておらず、年度内に予算を執行することも十分わきまえているつもりだ。国民のために問題点を洗い出し、景気回復につながる審議ができればと思っている」と述べました。
また、参議院で与党側が過半数を確保していないことを踏まえた国会運営について、自民党の中曽根氏は、「参議院で法案が否決されても衆議院で再可決することは可能だが、謙虚に丁寧に、野党側にも協力をお願いして、政策によって理解いただける点もあるかと思う。景気対策、震災・防災対策、成長戦略には協力をいただけるよう、丁寧にやっていきたい」と述べました。
一方、民主党の輿石氏は、参議院の問責決議案の取り扱いについて、「問責決議は、衆議院の不信任決議に値する重いものだ。民主党政権のときに、大臣の失言を巡って問責決議案が連続で提出され、参議院を政局の府にされてしまった。民主党は、国民のために、やってはいけないこと、やらなければいけないことをきちんと考えて対応していきたい」と述べました。







G20議長国“日本の政策は理解された” NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015572201000.html

+記事コピペ収納
G20議長国“日本の政策は理解された”
2月17日 4時53分 K10055722011_1302170510_1302170522.mp4
モスクワで行われたG20の議長国、ロシアのシルアノフ財務相は、会議終了後に会見し、各国は、通貨安競争は行わないことで一致し、円安が進む日本についてデフレからの脱却という政策のねらいが理解されたという認識を示しました。

モスクワで行われたG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、16日夜、共同声明を発表し、閉幕しました。
会議終了後の会見で、ロシアのシルアノフ財務相は、「輸出を増やし経済を強くしようと競争を促すのは各国政府の役割だが、その場合でも為替を安く操作してはならない。会議ではこれに合意して、共同声明にも盛り込んだ」と述べました。
そのうえで円安が進む日本について、「日本から、安倍政権の経済政策は最優先の課題であるデフレからの脱却を目標にしたものだという説明があり、G20は日本の立場を理解した」と述べ、日本の政策のねらいは各国に理解されたという認識を示しました。
また、IMF=国際通貨基金のラガルド専務理事は、記者会見で、円安が進んだ現状などを「通貨戦争」と表現して警戒感が広がったことについて、「為替の動きを心配する声はもちろんあるが、『通貨戦争』と言われるような事態は、今回の会議の時点では起きていない」と述べ、行き過ぎた見方だという考えを示しました。







パキスタンのテロ 死者80人に NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015575291000.html

+記事コピペ収納
パキスタンのテロ 死者80人に
2月17日 12時51分 K10055752911_1302171307_1302171314.mp4
パキスタン西部で、国内少数派のイスラム教シーア派を狙った爆弾テロがあり、子どもや女性など少なくとも80人が死亡し、およそ180人がけがをしました。

パキスタン西部の都市、クエッタにある野菜市場の近くで、16日、トラクターに仕掛けられた大量の爆発物が爆発しました。
地元の警察によりますと、この爆発で、子どもや女性など少なくとも80人が死亡し、およそ180人がけがをしました。
現場は国内で少数派のイスラム教シーア派の人たちが多く住む地域で、犠牲者の大半はシーア派だということです。
シーア派を異教徒と見なしている、スンニ派の過激派組織「ラシュカレ・ジャングビ」が、地元の各メディアに対して、シーア派を狙って爆弾を仕掛けたと犯行を認めました。
パキスタンでは近年、スンニ派の過激派組織によるシーア派を狙ったテロが急増していて、地元の人権団体は、去年1年間に殺害されたシーア派は400人を超え、過去最悪だったとしています。
クエッタでは先月10日にもおよそ100人が死亡する爆弾テロが起きていて、このときも「ラシュカレ・ジャングビ」がシーア派を標的にしたと犯行を認めています。







97%の都市で地下水汚染=高まる危機感―中国 (時事通信) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130217-00000058-jij-cn

+記事コピペ収納
97%の都市で地下水汚染=高まる危機感―中国

時事通信 2月17日(日)17時29分配信

【北京時事】中国の64%の都市で、地下水が深刻な汚染に見舞われていることが分かった。118都市で継続して調査したデータを基にしたもので、33%の都市も軽度の汚染があるといい「基本的に地下水が清潔な都市」は3%にとどまった。
このデータを報じた17日の中国紙・南方都市報(電子版)は「中国の地下水汚染は既に直視せざるを得ず、根本的に抑制せざるを得ない時に来ている」と危機感を訴えた。
中国では水資源全体の3分の1を地下水に依存。高度経済成長により化学工場などが排出する汚水が地下に流れ込むケースが深刻化しているほか、有害物質に汚染された地下水を飲用することで健康被害も拡大しているとされる。 

【関連記事】
〔写真特集〕中国汚染食品~韓国に密輸入された「人肉カプセル」~
〔写真特集〕環境汚染~中国の大気汚染~
〔写真特集〕不法投棄
春節明け、大気汚染また悪化=危険物質も検出-中国
大気汚染で早死に30万人か=専門家が分析-中国

最終更新:2月17日(日)19時40分







北朝鮮 核実験前日にミサイル燃焼実験 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20130217/k10015580111000.html

+記事コピペ収納
北朝鮮 核実験前日にミサイル燃焼実験
2月17日 19時42分 K10055801111_1302172058_1302172108.mp4
韓国の政府当局者は、今月、北朝鮮が3回目の核実験を行った前日に、北西部の基地で新型ミサイルの燃焼実験を行っていたことを明らかにし、北朝鮮が核実験に続きミサイルの発射を行う可能性もあるとみて警戒を強めています。

これは、韓国の政府当局者が17日に明らかにしたもので、北朝鮮が3回目の核実験を行った前日の今月11日、北西部トンチャンリにある基地で、新型ミサイルのエンジンの燃焼実験が行われたということです。
この新型のミサイルは去年4月、北朝鮮が軍事パレードで初めて公開したもので、韓国政府では、ミサイルの射程を延ばすために改良したエンジンの性能を確認する燃焼実験だったとみています。
新型ミサイルについて韓国の政府当局者は、「これまで発射されたことがないため射程は分からない」としていますが、専門家の間では、アメリカ本土も射程に収めるICBM=大陸間弾道ミサイルの可能性も指摘されています。
北朝鮮としては、核実験の直前に新型ミサイルの燃焼実験を行うことで、北朝鮮に圧力を強めるアメリカなどをけん制するねらいがあったとみられます。
韓国政府によりますと、直ちにこの新型ミサイルを発射する動きは確認されていないということですが、国連安全保障理事会などで北朝鮮に対し制裁措置が強化された場合、北朝鮮が発射に踏み切る可能性もあるとみて警戒を強めています。






シムシティすごすぎワロタwwwwwwwwww - なお、まにあわんもよう@なんJ

ttp://naomani.com/archives/23448782.html

SFCの最初のヤツは結構プレイしました。






大泉洋が考えた語呂合わせすごすぎワロタwww : 妹はVIPPER

ttp://vipsister23.com/archives/6267947.html

がっさーん!
また観たくなってきた。






名前:
コメント:

◇◆前へ次へ目次へ