※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2013年08月20日(TUE)/ミケランジェロ展に行ってきた
2013-08-20




【リンク】




ミケランジェロ展の魅力<福井県・まちかど県政> - YouTube


会場: 福井県立美術館
アクセス会期:2013年6月28日(金)〜8月25日(日)
休館日: 7月8日(月)、22日(月)、8月5日(月)、19日(月)
開館時間: 午前10時〜午後6時(入場は閉館30分前まで)
主催: 福井県立美術館、福井新聞社、福井テレビ
後援: 外務省、イタリア大使館、石川テレビ、富山テレビ
特別協賛: 大塚ホールディングス
学術協力: メタモルフォジ財団、カーサ・ブオナローティ
協力: 大塚国際美術館、大塚オーミ陶業、アリタリア-イタリア航空、日本通運
企画協力: アートプランニングレイ



何故か福井県でも開催されたので、昨日行ってきました。
上記の予定では8月19日が休館となっていますが、
臨時で開館してました。来場者数が良い感じなのかね?









人の入りはそこそこかな。
多くもなく少なくもなく、美術品を鑑賞するには適度。

ミケランジェロは、中学の美術の教科書に載ってたなぁとか
世界遺産のアレかぁーみたいな、ふわっと知ってるくらいでした。
実際作品を近くで見ると、まぁいいですね。
どの作品展でもそうですが、写真で見るのと違うわ。

《階段の聖母》、聖堂やプラート門の要塞化計画案、
システィーナ礼拝堂天井画あたりが印象深いか。
手紙が結構展示していたので、読めたらまた違ったんだろうなぁとか。

作者や作品の説明は、上のYouTube動画とか、検索した方が早いと思うので省略。
改めて調べると「へー」「ほー」言いますよ。




撮影禁止なので作品の写真はありません。
グッズ売店の近くの撮影場所で1枚。





買ったもの。
200ページ以上あるカタログとクリアファイル。
あとポストカードも何枚か。
ポストカード1枚が100円だと画集の2,000円、3,000円ってそんなに高く感じないよね。
何か図書館にあるような数万円単位の大きな画集も置いてありましたが、
その筋のファンなら買っちゃうんでしょうか。







今週末まで開催しているので、
近場で1,400円出す気がある人は行っときましょう。






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ