※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2014年07月20日(SUN)/今日のまとめ
2014-07-20









【ニュース記事一覧】

氷室京介、胸を骨折…雷雨でライブ中断「このリベンジをどこかで必ず」 (オリコン) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140720-00000313-oric-ent

氷室京介、胸を骨折…雷雨でライブ中断「このリベンジをどこかで必ず」

オリコン 7月20日(日)21時26分配信

両耳の難聴を明かした氷室京介が全国ツアー50公演ファイナルで胸部骨折も告白した

両耳の聴力悪化のため、ライブ活動の無期限休止を発表したロック歌手の氷室京介(53)が20日、38都市50公演計20万人を動員した全国ツアー『KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の最終公演を横浜スタジアムで迎えた。球場付近に落雷があり、約1時間中断したのち、前日のリハーサルで胸を骨折していたことを明かし、「命がけで」ソロデビュー曲「ANGEL」を歌唱後、「このリベンジをどこかで必ず、約束します」とステージを去った。

布袋寅泰、氷室とのラスト共演懇願「隣りでギター弾かせてほしい」

全50公演のファイナルは、1時間10分遅れの午後6時10分に幕を開けた。地鳴りのようなスタンディングオベーションで出迎えられた氷室は、パワフルにこぶしを突き上げると「ようこそ、横浜ベイビー!」と思いの丈を込めて絶叫。会場からほど近い横浜港で打ち上げられた3000発の花火と激しい稲光がフラッシュするなか、スタジアム付近で落雷があり、午後8時15分、アンコール2曲目でやむなく中断された。

氷室はライブ中、前日のリハーサルで雨に濡れたステージで滑り、胸を打撲したことを明かしていたが、約1時間の中断後に再登場すると「きのう、レントゲンを撮ってもらって、骨が折れてるって言われて…」と告白。「何百回も歌ってきたけど、命がけで歌いたいと思います」と紹介し「ANGEL」を熱唱した。

土砂降りの雨に打たれながら氷室コールに包まれたヒムロックは「きょうは本当に申し訳ない。プロとして。このリベンジをどこかで必ず、約束します」と誓い、「サンキュー」と客席に手を掲げ、深々と一礼し、ステージを後にした。

88年7月のソロデビューから25周年を迎えた氷室の“ライブアーティスト”として集大成ともいえるライブでは、「あの時期にしか書けなかったお気に入りの曲」と紹介した「DEAR ALGERNON」(88年)、事務所を独立した転機のときに作ったという「魂を抱いてくれ」(95年)といった代表曲を、時折左耳のイヤーモニターを押さえながら熱唱した。

【関連記事】
氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」
氷室京介「妻は前から知っていた」 電撃発表“寝耳に水”報道を否定
氷室京介、耳の不調「7年前から」 活動休止は苦渋の決断
卒業発表の真意は…「ファンの皆様へ」事務所コメント全文
「氷室には負けない」・・・布袋寅泰が回顧録で綴る(08年04月05日)

最終更新:7月20日(日)22時49分






氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」 (オリコン) - Yahoo!ニュース

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140718-00000354-oric-ent

氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」

オリコン 7月19日(土)20時53分配信

氷室京介、活動休止の理由は“耳の不調”「これ以上やっていくのは無理」

活動休止の理由を明かした氷室京介

来年予定しているファイナルコンサートをもって、ライブ活動を休止することを電撃発表したロック歌手・氷室京介(53)が19日、横浜スタジアムで全国ツアー『25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION』の公演を開催。大勢のファンが注目するなか、活動休止の理由について“耳の不調”であることを明かした。

布袋寅泰、氷室とのラストBOΦWY共演懇願「隣りでギター弾かせてほしい」

氷室は今月13日、山口・周南市で行われたライブ中、きょう19・あす20日の横浜スタジアム2日間公演をもって、「氷室京介を卒業する」と電撃発表。終演後に更新された公式サイトでは「来年予定されているファイナル公演をもって、氷室京介としてのコンサート活動を休止」する意向であることが改めて報告された。

この日、ファンの前で「ちゃんと報告します」とマイクを握った氷室は、「年のせいもあって耳が7年前くらいから右耳の調子が悪い」と告白。「ライブでは聞き耳は左なのでそれでやってたけど、(最近)左側の耳がどこかのトーンだけが聞こえない」と明かし、「これ以上やっていくのは無理」と神妙な面持ちで語った。

また、年齢的な問題も一因のようだ。デビュー25周年で全国50公演のロングツアーを敢行中で、「この歳で50本は正直、つらかった」と本音を吐露。「9本目の九州・博多でライブしたときに『今回のツアーで最後』だと、関係者やうちのかみさんにも伝えた」と決断に至るまでの経緯を明かした。

衝撃発表の真相を明かした氷室は、ファンに向かって「とりあえず長い間こうして支えてくれて、氷室京介はお前らが作ってくれた存在。お前らが作った氷室京介。きょうとあしたでお返しする。俺は自分の今のコンディションでできることをしっかりと考えてやる」と声を張ると、大歓声に包まれた。

ロック界のカリスマ的存在の氷室は、1982年にBOΦWYのボーカリスト「氷室狂介」としてデビューし、84年に現在の名前に改名。88年4月にバンドを解散、同年7月21日にソロデビューした。現在は3月に開幕したソロデビュー25周年ツアー(全50公演)中で、あす20日に同所でファイナルを迎える。

【関連記事】
卒業発表の真意は…「ファンの皆様へ」コメント全文
「氷室には負けない」・・・布袋寅泰が回顧録で綴る(08年04月05日)
氷室京介、米国移住理由明かす「何もできないスター様でいたくなかった」 (14年06月26日)
氷室京介「卒業」発表に動揺広がる 高橋まこと「言葉がない」 (14年07月14日)
氷室京介の「全編BOOWY」ライブ 残されたメンバー3人が胸中綴る(11年04月19日)

最終更新:7月19日(土)21時49分







「1人で連れ去り監禁した」と供述 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013157481000.html

「1人で連れ去り監禁した」と供述
7月20日 19時08分

岡山県倉敷市で行方が分からなくなっていた小学5年生の女子児童が、19日夜、無事保護され、49歳の男が監禁の疑いで逮捕された事件で、警察が20日、男の自宅を捜索した結果、ランドセルなど女の子の所持品が見つかりました。
男は「自分1人で連れ去り監禁した」と供述していて、警察は詳しい経緯を調べています。

この事件は、岡山県倉敷市の小学5年生で11歳の女子児童が、今月14日の下校途中に行方が分からなくなったもので、警察は19日夜、岡山市北区の無職、藤原武容疑者(49)を監禁の疑いで逮捕するとともに、自宅に居たこの女の子を5日ぶりに無事保護しました。
警察は20日、未成年者誘拐の疑いで藤原容疑者の自宅を捜索した結果、女の子が使っていたピンクのランドセルや、学校の制服、それに靴などの所持品が見つかりました。
女の子が持っていたGPS機能付きの携帯電話は見つかりませんでした。
藤原容疑者は、警察の調べに対して容疑を認めていますが、その後の調べで「自分1人で連れ去り監禁した」と供述していることが、警察への取材で新たに分かりました。
藤原容疑者のシルバーの車は、ことし4月下旬以降、女の子の自宅付近で少なくとも3回、近所の人などに目撃されていたことから、警察は、女の子を計画的に狙った可能性もあるとみて、事件に使われたとみられる車を押収して詳しい経緯を調べています。


女子児童の母親「これ以上ない喜び」

女子児童が無事、保護されたことについて、女の子の母親が報道機関にコメントを寄せました。
この中で母親は「娘が無事に家族の元へ帰ってまいりました。娘の姿を確認し、抱きしめることができて、これ以上ない喜びを感じました。本当にありがとうございました。これもひとえに娘のために多くの情報を寄せてくださった皆様やご支援くださった皆様、一生懸命に捜査をしていただいた警察の皆様のおかげです。今は捜査の行方を見守り、娘と家族の時間を大切に過ごしたいと思っております」などと心境をつづりました。


容疑者宅への突入状況は

岡山県警の捜査員は、19日夜、岡山市内にある容疑者の自宅の窓ガラスを割って室内に踏み込み、小学生の女の子を保護しました。
19日午後10時10分、岡山県警の捜査員が岡山市北区の藤原武容疑者(49)の自宅で、呼び出すために声をかけたりドアをノックしたりしたということです。
しかし、反応がなかったため、10分後の午後10時20分、捜査員は自宅のリビングの窓ガラスを工具で割ったうえ鍵を外して室内に踏み込み、午後10時21分、藤原容疑者と小学5年生の11歳の女の子を見つけたということです。
女の子は1階の洋室にあるテレビでアニメを見ていて、捜査員が踏み込んだ際にはびっくりした様子でしたが、捜査員が児童の名前を呼ぶと「はい」と答えたということです。
藤原容疑者は女の子の近くにいましたが、特に抵抗する様子はなかったということです。
警察は、午後10時22分、藤原容疑者を監禁の疑いでその場で逮捕しました。


逮捕前に買い物帰りの男の姿

近所の男性によりますと、逮捕される10時間ほど前の19日午後0時半ごろ、藤原容疑者が買い物から帰ってきたときの姿を男性の妻が目撃していたということです。男性は「大量の商品が入ったスーパーマーケットの袋を自転車の前かごに積んだ藤原容疑者が家に入っていく姿を見たと妻から聞いた。ふだんはビールが入るようなコンビニエンスストアの袋を持っているのに、1人で食べる分としては多い量だと思った」と話していました。


容疑者特定は目撃のナンバーで

今回の事件で容疑者を特定する決め手となったのは、監禁の疑いで逮捕された男が所有しているシルバーの車が、ことし4月下旬以降、小学生の女の子の自宅付近で母親や近所の人に目撃され、そのナンバーを手がかりに車の持ち主を絞り込んでいったことでした。監禁の疑いで逮捕された藤原容疑者は、岡山ナンバーのシルバーの車を所有していて、警察は、19日夜、車を押収しました。
警察によりますと、藤原容疑者のシルバーの車がことし5月と先月、小学5年生の11歳の女の子の自宅付近で母親に目撃され、覚えていたナンバーを手がかりに警察は、該当する車を数十台に絞り込んだということです。
その後、ことし4月下旬ごろに女の子の自宅付近でシルバーの不審な車を目撃したという近所の人からのさらに詳しい情報が18日、警察に寄せられたということです。この際、目撃した人は、男が車のナンバープレートのようなものを外す不審な行動をするのを見ていて、その下から見えたナンバーの4桁の数字を覚えていたことで、車の絞り込みが進み容疑者の特定に至ったということです。






名簿業者 「1企業に100万件を転売」 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013149481000.html

名簿業者 「1企業に100万件を転売」
7月20日 5時56分

「ベネッセコーポレーション」の顧客の個人情報が流出した事件で、逮捕されたシステムエンジニアから情報を買った名簿業者が、警視庁の事情聴取に対し「1つの企業におよそ100万件を転売したほか、学習塾などにも100件から1000件単位で売った」と説明していることが、警視庁への取材で分かりました。
顧客情報は名簿業者などを通じて広く拡散しているとみられ、警視庁が詳しい実態を調べています。

この事件はベネッセコーポレーションの通信教育サービスの顧客の情報が大量に流出したもので、外部業者のシステムエンジニアの松崎正臣容疑者(39)が、個人情報1000万件余りを名簿業者に売却する目的で記憶媒体にコピーしたとして、不正競争防止法違反の営業秘密の複製の疑いで警視庁に逮捕されました。
警視庁によりますと、松崎容疑者は延べ1億件の個人情報を持ち出し、東京・千代田区の名簿業者に繰り返し売り渡していたということですが、この業者が任意の事情聴取に対し、「1つの企業におよそ100万件の情報を転売した」と説明していることが、警視庁への取材で分かりました。
さらに、「住所の地域を限定して個人情報を求めてきた学習塾など、数十社にも100件から1000件単位で売った」と話しているということです。
流出した顧客情報は名簿業者などを通じて広く拡散したとみられ、警視庁は詳しい実態を調べています。






走行中のバスに「刃物男」 警察が追跡・逮捕 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013155121000.html

走行中のバスに「刃物男」 警察が追跡・逮捕
7月20日 15時11分

20日午前、福岡県の九州自動車道を走行中の高速バスの車内で、刃物を持った26歳の男が運転手を脅してバスを走らせましたが、およそ30分後に追跡していた警察官に銃刀法違反の疑いで逮捕されました。
男は乗客に対し、「警察を呼べ」などと要求したということで、警察は詳しい動機やいきさつを調べています。

20日午前11時ごろ、福岡県の九州自動車道下り線の若宮インターチェンジ付近を走っていた高速バスの乗客から、「刃物を持った男が運転席のそばにいて、警察を呼べと言っている」と通報がありました。
警察によりますと、男は運転手に小型ナイフを見せて「まっすぐ行け」などと脅し、目的地からそれて熊本方面にバスを走らせたため、警察が追跡していたところ、およそ30分後にバスが太宰府インターチェンジ付近で路肩に止まり、警察官が車内で男を取り押さえて銃刀法違反の疑いで逮捕しました。
逮捕されたのは福岡県福智町の無職、小林優之容疑者(26)で、調べに対し容疑を認めているということです。
このバスは午前10時半に福岡県直方市のバスセンターを出て福岡市の天神に向かう西鉄の高速バスで、小林容疑者のほか、乗客21人と運転手の合わせて23人が乗っていましたが、けがをした人はいませんでした。
警察によりますと、小林容疑者は乗客に対し、「携帯を出せ」、「通報して警察を呼べ」と要求して通報させましたが、「乗客を傷つけたりはしない」と話していたということです。
警察は詳しい動機やいきさつをさらに調べています。


乗客「男に携帯で通報するよう言われた」「運転手の横の乗降口で刃物」

警察に通報した60代の乗客の女性は、当時の車内の状況について、「容疑者の男は走っているときに、運転手の横の乗降口のところで刃物を持って立っていた。
私はいちばん前の座席に座っていたので携帯で通報するように言われた。
持っていたのはステンレスのような真ん中に丸い穴のあるナイフだった。
男は運転手に『回送にしろ』、『スイッチは押すな』、『そのまま前に向かって走れ』と言っていた」と話していました。
また、「何年か前に起きたバスジャックが頭をよぎった。
こわいから今となってはもう何も覚えてない。
私は男に言われて自分の携帯で110番通報してずっと警察の人と話してた」と話していました。






姉と弟を殺害 姉の夫を逮捕 大分 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013159231000.html

姉と弟を殺害 姉の夫を逮捕 大分
7月20日 21時35分

今月16日、大分市の住宅で69歳の弟と72歳の姉が殺害された事件で、警察は20日、姉の夫を殺人の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは三重県四日市市の冨永良男容疑者(76)です。この事件は今月16日、大分市明野南の県営住宅の1階の部屋で、この部屋に住む藤澤勝美さん(69)と、同居している藤澤さんの姉の冨永孝子さん(72)が死亡しているのが見つかったものです。
冨永良男容疑者は冨永孝子さんの夫で、「ナイフで2人を刺した」と話し、自分の首を刃物で切るなどしてけがをしていたことから、警察はけがが回復して退院するのを待って、20日、殺人の疑いで逮捕しました。調べに対し、容疑を認めているということです。
警察によりますと、死亡した冨永孝子さんは冨永良男容疑者と離婚の調停中で、ことし3月ごろから弟の藤澤さんのもとを訪れ、同居していたということです。警察は動機などさらに詳しく調べています。






水の事故相次ぐ 4人死亡1人重体 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013156951000.html

水の事故相次ぐ 4人死亡1人重体
7月20日 18時30分

多くの地域で夏休み最初の日曜日となった20日、各地で水の事故が相次ぎ、NHKが20日午後8時現在でまとめたところ、4人が死亡、1人が意識不明の重体になっています。

このうち静岡県松崎町では20日午後1時半ごろ、町内の海水浴場に家族と訪れていた川崎市の中学3年生の女子生徒が溺れて病院に運ばれましたが、死亡しました。
また山口県岩国市では、市内の海水浴場に家族と訪れていた6歳の男の子が溺れ、病院に運ばれましたが、死亡しました。
さらに長崎県の小値賀町では、東京からダイビングに来ていた46歳の男性が意識のない状態で浮いているのが見つかり、病院に運ばれましたが、死亡しました。
このほか、北海道の島牧村で友人と一緒に海を泳いでいた30歳の男性が溺れて死亡するなど、全国で4人が死亡、1人が意識不明の重体になっています。







新労働時間制で働きたい人 たった2割 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013155651000.html

新労働時間制で働きたい人 たった2割
7月20日 16時17分

政府が創設を目指す、働いた時間ではなく成果に応じて報酬を決める新たな労働時間制度で働きたいと考える人は、労働者の2割にとどまることが調査機関のアンケートで分かりました。

アンケートは、社団法人「日本能率協会」が先月、企業などで働く20歳から69歳の男女を対象に行い、1000人から回答を集めました。
それによりますと、働いた時間ではなく成果に応じて報酬を決める新たな労働時間制度について、「働きたい」と答えた人は19.7%と全体の2割にとどまりました。
これに対して、「働きたくない」は24.8%、「どちらとも言えない、分からない」は55.5%でした。
ただ、新制度の対象とすることが検討されている年収1000万円以上の人に限れば、「働きたい」が34.6%、「働きたくない」が26.9%と「働きたい」と答えた人が上回っています。
また、新制度の印象を複数回答で聞いたところ、「努力しても成果が出るとは限らないので報われない」が25.3%、「成果の客観的な評価基準がないので不安」が24%とマイナスの印象が上位を占めました。
日本能率協会の曽根原幹人センター長は「新制度については労働者の不安が強く、生産性を高める働き方や成果をきちんと評価できる仕組みを研究する必要がある」と話しています。






小沢氏 野党協力すれば政権交代も可能 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013155641000.html

小沢氏 野党協力すれば政権交代も可能
7月20日 16時17分

生活の党の小沢代表は、みずからが主宰する政治塾で講演し、野党各党が力を合わせれば、次の衆議院選挙での政権交代も可能だとして、選挙協力などを進めていく必要があるという認識を示しました。

この中で、生活の党の小沢代表は「日中関係は、政治、経済、あらゆる面で異常な状態にあり、放っておくわけにはいかないが、今の安倍政権では打開の道はない。日韓関係も同じだ。さらに、雇用政策では、非正規雇用を拡大するような方針を示していて、本質的に許容できない」と述べ、安倍政権の外交や雇用政策を批判しました。そのうえで、小沢氏は「安倍政権を生む原因となったのは、民主党政権への大きな失望であり、それを許してしまったことは残念だが、このまま思うままにさせてはならない。再び政権交代を果たすことは夢物語ではなく、野党各党が意識を共有して力を合わせれば、次の衆議院選挙で必ず、自民・公明両党に代わって、政権を担えると確信している」と述べ、野党各党が選挙協力などを進めていく必要があるという認識を示しました。






防衛相「機雷の掃海は安定地域に限定」 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013153311000.html

防衛相「機雷の掃海は安定地域に限定」
7月20日 12時17分

小野寺防衛大臣は、NHKの「日曜討論」で、シーレーン=海上交通路で武力攻撃が発生した際の国際的な機雷の掃海活動について、集団的自衛権の行使として掃海活動を行うのは派遣する地域が相当安定している場合に限定されるという認識を示しました。

この中で、小野寺防衛大臣は「機雷は磁石に反応するなどいろいろなタイプがあり、日本の掃海艇は木やプラスチックでできている。攻撃されたら大変弱いもので、現実的な対応として、それを守るために護衛艦をつけるといっても、護衛艦は鉄でできているので、機雷に触れると大変なことになる」と述べました。
そのうえで、「実際に自衛隊を出す立場からすれば、機雷の除去は相当、その地域が安定していなければ実際の問題としてはできない」と述べ、集団的自衛権の行使として掃海活動を行うのは、派遣する地域が相当安定している場合に限定されるという認識を示しました。
また、小野寺大臣は、年内に見直しを行う日米防衛協力の指針、いわゆるガイドラインに関連して「先にアメリカのヘーゲル国防長官との会談で伝えたのは、『今回の集団的自衛権の行使容認は、あくまでも限定的だ』ということだ。こういうメッセージは、アメリカ側にもしっかり伝わっている」と述べました。






マレーシア機撃墜 遺体収容と調査進まず NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013149761000.html

マレーシア機撃墜 遺体収容と調査進まず
7月20日 5時10分

ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜されてから2日がたちましたが、遺体の収容を巡り、ウクライナ政府と親ロシア派が対立しているほか、原因究明に向けた国際的な調査が始まる見通しも立っておらず、犠牲者の出身国ではいらだちが募っています。

10か国以上の298人を乗せたマレーシア航空機がウクライナ東部のドネツク州で撃墜されてから2日がたち、家族などから、遺体の収容や原因究明を求める声が高まっています。
ウクライナ政府はハリコフ州に新たに「危機対策センター」を立ち上げ、遺体の収容や身元の確認を行うとしていますが、墜落現場の周辺地域を実効支配する親ロシア派は、遺体をドネツク州南部の都市に運ぶと主張し、対立しています。
19日、NHKの取材班がハリコフ州で取材をしたところ、現場から遺体が運び込まれたという情報はなく、身元を確認して遺体を遺族のもとに返せる見通しは立っていません。
また、ウクライナ政府は各国政府などと協力して原因究明を行う考えを示していますが、その準備のために現地に入ったOSCE=ヨーロッパ安全保障協力機構の監視団も活動範囲を制限され、国際的な調査をいつ始められるかは不透明なままです。
こうしたなか、旅客機に193人が搭乗していたオランダは、ティマーマンス外相が19日、ウクライナのポロシェンコ大統領と会談し、亡くなった人たちが適切に扱われていないと憤りを示し、「このような事態にオランダの国民は激しい怒りを抱いている」と対応を迫りました。
ウクライナ国内の混乱で遺体の収容や調査が進まない現状に、各国ではいらだちが募っています。






ロシア国営テレビ 「証拠」に反論 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013150521000.html

ロシア国営テレビ 「証拠」に反論
7月20日 7時17分

マレーシア航空機が撃墜されたことを巡り、ウクライナ政府が、親ロシア派の関与を示す証拠だとしている電話の盗聴記録と地対空ミサイル「ブーク」の映像について、ロシア国営テレビは19日、ねつ造されたものだとする内容のニュースを放送しました。

このうち、親ロシア派の武装集団の1人がロシア軍の情報将校にマレーシア機の撃墜を報告しているとされる電話の盗聴記録について、ロシア国営テレビは、音声の専門家に分析を依頼した結果、会話の音声が編集されており、ねつ造されたものだと伝えました。
また、ウクライナ東部からロシアとの国境に向けて運ばれているとされる地対空ミサイル「ブーク」の映像については、映像に映り込んでいる自動車の広告の看板から、ロシア国境から離れた別の場所で撮影されたものだと反論しています。
ロシア政府は、撃墜されたマレーシア航空機を巡ってロシアに対する情報戦が仕掛けられているとしており、国営テレビを使って、これに対抗したものとみられます。






親ロシア派が遺体の捜索制限 批判強まる NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013153551000.html

親ロシア派が遺体の捜索制限 批判強まる
7月20日 12時17分

ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜された現場では、周辺地域を支配する親ロシア派の武装集団が、ウクライナ政府による遺体の捜索活動を制限していることから、ロシアに対し、武装集団に影響力を行使するよう求める声が強まっています。

10か国以上の乗客乗員298人を乗せて、オランダからマレーシアに向かっていたマレーシア航空の旅客機は、ウクライナ東部ドネツク州の上空で17日、撃墜され、ウクライナ政府は、これまでに186人の遺体を確認したと発表しました。
しかし、現場周辺を支配する親ロシア派の武装集団は、ウクライナ政府の捜索活動を制限していて、政府が身元の確認などの拠点に指定した東部のハリコフに、遺体が運び込まれたという情報はありません。
旅客機に27人が搭乗していたオーストラリアのシドニーでは、日本時間の20日午前9時半からアボット首相も参加して、犠牲者の追悼式典が開かれました。
式典に先立ちアボット首相は、「墜落現場で通常行われるはずの作業が全く行われていない」と述べて、遺体の収容が進んでいないことに不満をあらわにしました。
また、乗客の中で最も多い193人が搭乗していたオランダは、ルッテ首相が19日、ロシアのプーチン大統領と電話で会談し、遺体の収容が円滑に進むよう、親ロシア派に対して直ちに影響力を行使すべきだと強く迫るなど、ロシアへの批判の声が一層高まっています。


オランダとロシアの首脳 電話で激しいやり取り

マレーシア航空機の撃墜で、最も多い193人の犠牲者が出たオランダのルッテ首相が19日、記者会見し、遺体の収容や調査が進まない現状についてロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、激しいやり取りを交わしたことを明らかにしたうえで、「プーチン大統領には今こそロシアが協力する意志があることを世界に示す最後のチャンスだと伝えた」と述べ、ロシアに対し親ロシア派に影響力を行使するよう強く求めました。






「ロシアからミサイル搬入 衛星写真ある」 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013158421000.html

「ロシアからミサイル搬入 衛星写真ある」
7月20日 20時24分

ウクライナのポロシェンコ大統領は、19日、フランスのオランド大統領との電話会談で、「地対空ミサイルがロシアから運び込まれる様子を捉えた衛星写真がある」と述べ、マレーシア航空機を撃墜したのは親ロシア派の武装集団であることは疑いようがないと主張しました。

ウクライナ大統領府によりますと、ポロシェンコ大統領は、フランスのオランド大統領との電話会談の中で、親ロシア派の武装集団が、マレーシア航空機の墜落現場からフライトレコーダーを持ち去ったほか、専門的な調査を妨害するなど、証拠隠滅を図っているとして非難したということです。
そのうえで、ポロシェンコ大統領は、「証拠隠滅は無意味だ。地対空ミサイルがロシアから運び込まれる様子を捉えた衛星写真などの証拠がある」と述べ、撃墜したのは親ロシア派の武装集団であることは疑いようがないと主張しました。
一方、オランド大統領は、地対空ミサイルがロシアから武装集団側に運び込まれたことが証明された場合、EU=ヨーロッパ連合が緊急の会合を開き、対応を話し合うという見通しを示したということです。






イラク 首都で爆弾テロ相次ぐ NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013150821000.html

イラク 首都で爆弾テロ相次ぐ
7月20日 9時25分

イスラム教スンニ派の過激派組織と政府軍の戦闘が続くイラクでは、首都バグダッドでシーア派の住民を狙ったとみられる爆弾テロが相次ぎ、首都でも宗派対立が先鋭化する懸念が高まっています。

イラクでは先月、スンニ派の過激派組織がイラク第2の都市モスルを制圧したあと、シリアとの国境付近なども支配下に置いて政府軍との戦闘を続けています。
こうしたなか、首都バグダッドで19日、およそ1時間の間に4か所で相次いで爆発が起き、これまでに少なくとも18人が死亡し、58人がけがをしました。
爆発はいずれも車に仕掛けられた爆弾によるもので、シーア派住民が多い地区ばかりが狙われていることから、治安当局では、スンニ派の過激派組織に同調する勢力が首都での宗派対立をあおる目的で犯行に及んだとみています。
一方、モスルでは、過激派組織が少数派のキリスト教徒に対し、「19日までにイスラム教に改宗するか、税金を納めるかしなければ、命は保証しない」と布告し、弾圧を恐れる多くのキリスト教徒が北部のクルド人自治区などに逃れているということです。
政府軍は過激派組織の拠点への軍事作戦を続けていますが、制圧された地域を奪還することはできておらず、混乱の拡大に歯止めがかからない状況が続いています。







ガザ地区 戦闘の死者 300人超 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013149701000.html

ガザ地区 戦闘の死者 300人超
7月20日 6時58分

イスラエル軍が地上部隊による作戦を続けるパレスチナ暫定自治区のガザ地区では、一連の戦闘による死者が300人を超えたほか、避難する人も6万人を超え、市民への影響が深刻さを増しています。

ガザ地区に侵攻したイスラエル軍の地上部隊は、19日も北部や東部の境界線を中心に、イスラム原理主義組織ハマスが軍事目的で建設した地下トンネルを重点的に捜索するとともに、空軍が空からの攻撃も続けています。
ガザの保健当局によりますと、17日に地上作戦が始まって以降、ガザ地区での死者は97人に上り、これで、一連の戦闘によるガザ地区の死者は市民を中心に329人となりました。
また、けがをした人もおよそ2500人に上っています。
国連機関は、自宅を逃れて学校などに避難を余儀なくされている人が6万人を超え、前回、イスラエル軍の地上部隊がガザ地区に侵攻した2009年を上回ったと発表し、市民への影響が深刻さを増しています。
一方、ハマスもイスラエルに対する攻撃を強め、イスラエル南部では、ロケット弾の攻撃を受けて32歳の男性1人が死亡したほか、武装グループが地下トンネルを通ってイスラエル側に侵入して銃撃戦となり、ハマスの兵士1人とイスラエル軍の兵士2人が死亡しました。
犠牲者が急増するなか、国連は、パン・ギムン事務総長が近く、中東を訪問することを明らかにし、各国の要人と会談するなど、事態の打開を図るものとみられます。






国連事務総長 ガザ調停に向け中東歴訪 NHKニュース

ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140720/k10013153321000.html

国連事務総長 ガザ調停に向け中東歴訪
7月20日 12時17分

イスラエル軍がパレスチナ暫定自治区のガザ地区に地上部隊を侵攻させ、パレスチナ側の死者が増え続けるなか、国連のパン・ギムン事務総長は、今週からイスラエルとパレスチナを含む中東各地を訪問し、停戦の実現に向けみずから調停に当たることになりました。

パレスチナ暫定自治区のガザ地区では、イスラエル軍による軍事作戦の死者が300人を超え、国連はその大半が子どもを含む一般の市民だとしています。
一方で、ガザ地区に拠点を置くイスラム原理主義組織ハマスも、イスラエル側に向けロケット弾による攻撃を続けており、双方の停戦が実現する見通しは立っていません。
こうしたなか、国連のパン・ギムン事務総長は19日、今週1週間かけて、中東各地を訪問し、停戦の実現に向けみずから調停に当たることを明らかにしました。
パン事務総長は、エルサレムやパレスチナ暫定自治区のヨルダン川西岸のラマラでイスラエルやパレスチナの首脳と相次いで会談するほか、中東和平の仲介に当たってきたエジプトやヨルダン、さらにハマスに影響力をもつカタールやクウェートも訪れ、停戦を働きかける方針です。
パン事務総長は、2008年にイスラエルがガザ地区で大規模な軍事作戦を行った際にもみずから調停に当たった経緯があり、今回も事態の収拾に全力で当たる姿勢を強調しています。







名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ