※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レポート/岩本屋 豚骨醤油@十勝新津製麺

2008-02-15



商品名:「岩本屋 豚骨醤油」
価格:税込み298円  販売:十勝新津製麺㈱
サークルKサンクス で購入した 福井 のラーメン屋のカップ麺。
2007年9月18日(火)から 北陸(福井県・石川県・富山県)限定 で発売だそうです。
下記のサイドメニューも同時に発売されました。

近くのお店では 1日60個 売れたりもする今とても 熱い 一品なのだそうです。
(福井という 準田舎 な土地で60個というのはかなりの数値)

  • 岩本屋 煮玉子らーめん風むすび  税込み145円
紹介文:豚骨醤油ダシで炊いたご飯に、岩本屋の人気メニューでもある煮玉子をトッピングし、下半分をのりで巻いた商品です。

  • 岩本屋 チャーシュー丼(わさびマヨ風味) 税込み390円
紹介分:180g のご飯の上に刻み海苔を敷き、直火焼チャーシューを40g のせました。味がくどくならないように少量のタレをかけ、わさびマヨ風味に仕上げてあります。店主様からも高い評価を頂いた商品です。

サイドも美味そうなのですが、ラーメンだけで腹は十分になるだろうから今回は無しで。



この『岩本屋』、検索した所こんな感じのお店です。

2006年に開催された「第1回北陸ラーメン博」で非常に人気だった。ラーメンデータベース等、ラーメン通の間で評価の高い銘店。岩本店主は『池袋 屯ちん』で修行後、生まれ故郷の福井市で屋台から『岩本屋』を旗揚げし、2001年に現在の本店を開店。2005年には同県の武生市にも開店しており順調に勢力を拡大中。

福井県に居ながら、未だ行った事は無い・・・というか正直、今まで存在すら知りませんでした。
福井市は私の居る所からは結構遠いので。行ってみたいなぁ。

本商品の特徴ですが、
「スープは背脂が浮いて濃厚でこってりしていますが、豚特有の臭みがまったくない豚骨醤油味に仕上げました。具材は直火で焼いた本格的チャーシューと、青ネギ、海苔です。」

だそうです。期待しよう。



まず、フタを空けて、 【めん】【乾燥具材】 をカップに入れて、
お湯を注いで、フタをして、フタを上に 【特製スープ】【レトルトの具】 を乗せ温めて、
4分後にフタを空けて 【特製スープ】【レトルトの具】 をカップに入れて、
最後に 【のり】 を乗せて・・・出来ました。
なるべくパッケージの写真の様に盛り付けてみましたが、やはり違うのはインスタントの宿命。。


では、いただきます。



感想は・・・

あっさりと濃い豚骨


【レトルトの具】の中に 背油 が入っていたので結構濃い汁なのかなと思いスープを飲んでみましたが、スープ自体の仕様なのか、 豚汁 感覚で飲めます(勿論、豚骨の濃さもあります)。
麺ですが、 氷結乾燥ノンフライ麺 との事でどんなものかと思いましたが、そうですね…普通のカップめんに入っている麺よりもラーメン屋の麺らしさがあります。美味いですが、欲を言えばこのスープなら生めんが欲しくなりますね。 50円 高くしてでも生めんが良かったかも知れない…でもスープと麺の絡み具合は悪くないです。
具材ですが、ネギとメンマはまぁ無難な味。チャーシューと海苔はかなり美味しかったです。チャーシューはヘタなラーメン屋で食べるものよりも数段優れた味で、柔らかく塩加減もとても良い仕上がりでした。海苔は香りが 磯臭く (良い意味で)ラーメンとの相性は最高でした。ある種、具はこの海苔だけでも良いかも知れません。

とても美味しかったのですが、個人的に塩味が少々足りなかったので、塩を足して食べました。塩味が効いているラーメンがお好みの方はお湯の量を少なめに調整しましょう。
サイドメニューも食べてみたいですが、このカップ一杯で腹が膨れてしまうので食べる機会は無い、ですかね…。


2007/09/25(tue)


名前:
コメント:

◇◆ 『レポート』