※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊戯王/デッキ/ゾンビロック
2008-06-30




【使い方】
ゾンビ・マスター 」「 生還の宝札 」で手札確保し、「 ステルスバード 」「 スカラベの大群 」「 イナゴの軍勢 」「 デス・ラクーダ 」等で守り攻めていく。



【戦術・コンボ】

ゾンビ・マスター 」+「 生還の宝札 」くらい。



【主要カード】




「ゾンビ・マスター」
闇属性・★4・ATK1800/DEF0
【アンデット族・効果】このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、手札のモンスターカード1枚を墓地に送る事で、
自分または相手の墓地に存在するレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

生還の宝札 」と合わせ、戦線の充実を。「 アンデットワールド 」下ではサイクルリバースモンスターの蘇生も行える。




「ゴブリンゾンビ」
闇属性・★4・ATK1100/DEF1050
【アンデット族・効果】このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、相手はデッキの一番上のカードを墓地へ送る。
このカードがフィールド上から墓地に送られた時、自分のデッキから守備力1200以下のアンデット族モンスター1体を選択し、お互いに確認して手札に加える。その後デッキをシャッフルする。

ゾンビ・マスター 」「 馬頭鬼 」「 デス・ラクーダ 」等のサーチ。




「馬頭鬼(めずき)」
地属性・★4・ATK1700/DEF800
【アンデット族・効果】墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、自分の墓地からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

プリーステス・オーム 」を採用する場合、地属性が邪魔になる事もあるが、単純に蘇生効果付きのアタッカーは強力。
異次元からの埋葬 」も有効に働く。




「デス・ラクーダ」
地属性・★3・ATK500/DEF600
【アンデット族・効果】このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

生還の宝札 」だけでも手札確保は行えるので、合わなければ抜いても良い。




「生還の宝札」
永続魔法
【効果】自分の墓地からモンスターがフィールド上に特殊召喚された時、デッキからカードを1枚ドローする事ができる。

ゾンビ・マスター 」「 馬頭鬼 」「 生者の書-禁断の呪術 」等と合わせて。




「アンデットワールド」
フィールド魔法
【効果】このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上及び墓地に存在する全てのモンスターをアンデット族として扱う。
また、このカードがフィールド上に存在する限りアンデット族以外のモンスターのアドバンス召喚をする事はできない。

帝によるロックカードの除去を封じ、蘇生効果の範囲が広がる。
プリーステス・オーム 」「 D-HERO ディスクガイ 」「 混沌の黒魔術師 」等も採用できるが強力な分、依存し過ぎの事故注意。





【デッキ:42枚】

モンスター(20)
「ゾンビ・マスター」×3
「馬頭鬼」×3
「ゴブリンゾンビ」×3
「ゾンビキャリア」×2
「デス・ラクーダ」×1
「スカラベの大群」×2
「イナゴの軍勢」×1
「ステルスバ-ド」×3
「闇の仮面」×2

魔法(10)
「生還の宝札」×2
「生者の書-禁断の呪術」×2
「死者蘇生」×1
「平和の使者」×3
「レベル制限B地区」×1
「貪欲な壺」×1

罠(12)
「神の宣告」×3
「魔宮の賄賂」×3
「天罰」×3
「死のデッキ破壊ウイルス」×1
「グラヴィティ・バインド-超重力の網-」×1
「光の護封壁」×1



【アンデットワールド型デッキ:42枚】

モンスター(18)
「ゾンビ・マスター」×3
「馬頭鬼」×3
「ゴブリンゾンビ」×3
「ゾンビキャリア」×2
「スカラベの大群」×2
「イナゴの軍勢」×1
「ステルスバ-ド」×2
「闇の仮面」×1
「プリーステス・オーム」×1

魔法(15)
「生還の宝札」×2
「生者の書-禁断の呪術」×3
「アンデットワールド」×3
「テラ・フォーミング」×1
「死者蘇生」×1
「異次元からの埋葬」×1
「平和の使者」×3
「レベル制限B地区」×1

罠(8)
「神の宣告」×3
「魔宮の賄賂」×3
「グラヴィティ・バインド-超重力の網-」×1
「光の護封壁」×1



初出構築日:2008/04/08