※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2008年08月26日/遊戯王OCG 『DUEL TERMINAL』と付録モンスター3枚
2008-08-26





昨日、遊戯王の『DUEL TERMINAL』へ行ってきました。

2回『スピードデュエル』をプレイしてきましたが、隠しデッキの【サイバー・エヴォリューション】で孔雀舞に挑んだらボコボコにされましたよ(笑)。





先攻1ターン目(自分):初期手札は「 サイバー・フェニックス 」「 砂塵の大竜巻 」「 ビッグバン・シュート 」。ドローカードは「 プロト・サイバー・ドラゴン 」。
サイバー・フェニックス 」を通常召喚でセットし、「 砂塵の大竜巻 」をセット。

後攻2ターン目(舞):「 音速ダック 」召喚。攻撃で「 サイバー・フェニックス 」破壊。

2ターン目(自分):ドローカードは「 サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー 」。「 プロト・サイバー・ドラゴン 」をセット。

2ターン目(舞):「 ハーピィ・レディ1 」召喚。「 音速ダック 」で「 プロト・サイバー・ドラゴン 」破壊。「 ハーピィ・レディ1 」のダイレクトアタック。

3ターン目(自分):ドローカードは「 リミッター解除 」。手札にモンスター無し。「 リミッター解除 」「 サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー 」をセット。

3ターン目(舞):ダイレクトで敗北。


2ターン目で「 プロト・サイバー・ドラゴン 」を攻撃表示で召喚し、「 サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー 」をセットしておけば違う結果になったのかなと(ダメか)。
「そのうちサイドラをドローできるだろう」という安易な考えが招いた結果です。
でも、ドロー運も無かった気がします。1ターン目に「 プロト・サイバー・ドラゴン 」を召喚する訳にもいかないので「 サイバー・フェニックス 」を出すしかなく、相手が「 音速ダック 」なら「 ビッグバン・シュート 」を装備していても意味無しでしたから。
…「 砂塵の大竜巻 」をスキャンしなければ良かったのかなぁと。他のカードにしておけば…まぁ対戦相手はランダムなので言ってもどうにもならない話。
無難に【光の召喚師】デッキの方が良かったですね。



今回の入手カードは20枚。結果は

【ウルトラレア】
A・O・J ライト・ゲイザー

【スーパーレア】
ワーム・イリダン
ニトロ・ウォリアー

【レア】
ビッグ・ピース・ゴーレム
氷結界に住む魔酔虫 」×2
ミスト・コンドル
A・O・J アンノウン・クラッシャー





と、なりました。
レア率は良かった分、被ったカードが目立ちますね。。「 氷結界に住む魔酔虫 」は3体目ですか…効果は微妙、だけどターミナルに措いて守備力1800は戦力になるかな。
もしモンスターカードゾーンを2ヶ所封じる事が出来れば…いや、それだと強いか。まぁ水属性・昆虫族という希少価値が活かせるといいねぇ。
A・O・J ライト・ゲイザー 」「 ワーム・イリダン 」は私的にワームの侵攻!!の当たりカードなので嬉しいです♪。
特に「 ワーム・イリダン 」は専用デッキを組みたくなる逸材。

「ワーム・イリダン」
光属性・★5・ATK2000/DEF1800
【爬虫類族・効果】自分フィールド上にカードがセットされる度に、このカードにワームカウンターを1つ置く。
このカードに乗っているワームカウンターを2つ取り除く事で、相手フィールド上のカード1枚を破壊する。


相性の良いカードは
デス・ラクーダ 」「 スカラベの大群 」「 イナゴの軍勢 」「 ステルスバード 」「 くず鉄のかかし 」「 八汰烏の骸 」「 強欲な瓶 」「 砂塵の大竜巻 」等。
光属性なのでパーミッションパーツの天使族と共に「 オネスト 」の恩恵を受けられる点も素敵です。
ネックはレベル5で控えたステ-タス。攻撃は「 くず鉄のかかし 」で防げますが、手札事故が気になります。






ついでに最近の書籍同梱カードも少しだけ触れておきますか。


「超魔神イド」
闇属性・★6・ATK2200/DEF800
【悪魔族・効果】このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、次のターンのスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚し、このカード以外の自分フィールドに存在するモンスターを全て破壊する。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分はモンスターを通常召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができない。「超魔神イド」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。



何度でも蘇生できそうですが、レベル6にしては攻撃力が足りないので戦闘破壊されてしまいそうですし、他の自分モンスターを破壊してしまうのは余りに戴けない。
やはり相手フィールドに送り込んでロック、が正解でしょうね。




「バイオレット・ウィッチ」
闇属性・★4・ATK1100/DEF1200
【魔法使い族・効果】このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキから守備力1500以下の植物族モンスター1体を手札に加える。



効果は悪くないですが、自身が植物族じゃない点が最大のマイナス。デッキに入れるスペースは無いんじゃないですかね。
戦闘を介する必要性を考えれば植物族にしてしまっても何ら問題は無かったハズなのですが…。
地味に攻撃力がある為「 死のデッキ破壊ウイルス 」にも対応できませんしねぇ。「 キラー・トマト 」で特殊召喚できるので何とか…。




「トラゴエディア」
闇属性・★10・ATK?/DEF?
【悪魔族・効果】自分が戦闘ダメージを受けた時、このカードを手札から特殊召喚する事ができる。このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の枚数×600ポイントアップする。
1ターンに1度、手札のモンスターを墓地に送る事で、 そのモンスターと同じレベルの相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体のコントロールを得る。
また1ターンに1度、自分の墓地に存在するモンスター1体を選択し、そのターンのエンドフェイズ時までこのカードは選択したモンスターと同じレベルにする事ができる。



すいません。これは今後ハジけそうな気がしましたのでVジャンプをまとめ買いしました。
緩い特殊召喚条件と3種ウイルスにも対応できる攻守変動効果、永続コントロール奪取、レベル変化…用途多望ですね。
リクルーターや「 クリッター 」「 悪夢再び 」に対応しないのは心配りなのかなぁ?。



名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ