※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊戯王/デッキ/ハンゼロ
2008-04-12

【基本戦法】
メカニカル・ハウンド 」で相手の魔法を封じ、「 英知の代行者 マーキュリー 」によるドロー効果で相手との物量の差を付け勝利する。

メカニカル・ハウンド 」「 英知の代行者 マーキュリー 」の効果を使うには手札が0枚である必要がある。なのでデッキに投入するカードは手札に持て余さないカードである事が重要。魔法・罠ではフリーチェーン効果が好ましく、モンスターはレベル4以下や特殊召喚し易いものを使う。

とにかく「 メカニカル・ハウンド 」「 英知の代行者 マーキュリー 」を素早くフィールドに揃える事が絶対条件であり、どちらかが欠けてもデッキは崩れてしまう。


【「 メカニカル・ハウンド 」の展開方法】
●「 封印の黄金櫃 」でサーチ→生け贄召喚or墓地に送って特殊召喚。
●地属性なので「 トロイホース 」も有ではあるが、他のモンスターとのバランスを考えると入れるスペースは厳しい。
●攻撃できなくても効果は使える「 生け贄人形 」は相性が良い。
●「 デビルズ・サンクチュアリ 」で生け贄モンスターを増やしたり、「 洗脳-ブレインコントロール 」「 エネミーコントローラー 」で相手モンスターを奪い生け贄にするのも有効。モンスターでは壁・手札コストにも使える「 ダンディライオン 」を推奨。


【「 英知の代行者 マーキュリー 」の展開方法】
●「 シャイン・エンジェル 」でデッキから特殊召喚。
●「 神聖なる魂 」によりゲームから除外→「 奇跡の光臨 」で特殊召喚。
●「 封印の黄金櫃 」でゲームから除外→「 奇跡の光臨 」で特殊召喚。
 ・・・とまぁフィールドに展開する方法は豊富なので、1ターンに3体揃える事も難しい話では無い。


【「 英知の代行者 マーキュリー 」の維持方法】
魔法による除去は「 メカニカル・ハウンド 」が存在すれば安全だが、
戦闘面で非常に不安なモンスターなので、フリーチェーンの「 和睦の使者 」が良い。
また手札を0枚にしてくれる「 命の綱 」もこのデッキでは良い働きをしてくれる。


【注意と対策】
相手ターンにドローしてしまうと、そこを狙われてしまい一気に崩壊する恐れがある為、相手ターンでも手札を消費できるカードを入れたい。

●「 砂塵の大竜巻 」は手札の魔法・罠をセットできるので無駄が無い。
●「 サンダー・ブレイク 」は手札1枚をコストとする万能破壊罠として有効。
●「 マジック・ジャマー 」はフリーチェーンでは無いが「 メカニカル・ハウンド 」がフィールドに出るまでの手札削減と魔法防御カードとして期待できる。
●魔法封じを重視しているが罠対策を軽視すると「 魔のデッキ破壊ウイルス 」等で痛い目に遭うので、万能カウンター罠である「 神の宣告 」を入れておくと良い。



【サンプル】
デッキ枚数:41枚

モンスター(15)
「メカニカル・ハウンド」×3
「英知の代行者 マーキュリー」×3
「コーリング・ノヴァ」×3
「神聖なる魂」×2
「マシュマロン」×1
「サイバーデーモン」×2
「ダンディライオン」×1

魔法(7)
「サイクロン」×1
「光の護封剣」×1
「封印の黄金櫃」×1
「洗脳-ブレインコントロール」×1
「エネミーコントローラー」×1
「生け贄人形」×1
「死者蘇生」×1

罠(19)
「聖なるバリア-ミラーフォース-」×1
「奇跡の光臨」×1
「神の宣告」×3
「天罰」×3
「和睦の使者」×3
「サンダー・ブレイク」×3
「砂塵の大竜巻」×3
「命の綱」×2



初出:2006/10/20