※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2008年12月22日/遊戯王OCG カードイラスト画像
2008-12-22



昨日『Vジャンプ』2月号を追加で4冊買いに行ってきました。
気のせいか、いつもより売れ行きが良い様で、通常40冊くらい仕入れている店が発売2日目にして半分くらいになってました。
福井でこれなので、他所ではもっと売れてるのかなぁ?。それともやはり気のせいか。

で、ついでにゲームの攻略本コーナーも見に行ったんですよ。すると絶版と聞いている『MASTER GUIDE』が一冊置いてありまして、即買い。








2004年の10月に出た本が何であるのかと少し疑問を持ちつつ、帰宅し開封してみますと






今年の夏…だと…?。
再販してたんですね。知らんかったわ…。
付録の「 死霊ゾーマ 」「 地縛霊の誘い 」はこれで手元に2枚ずつなので、あと一冊あれば欲しいところですが、無いかなぁ。
ちなみに地元の本屋で“青い血”や“幻影的混沌モンスター”が付いている本は見た事がありません。出回ってこないのかねぇ。んー。






今日はですね、昨日の続きでして、気になったモンスターの画像でも載せておこうかなと。
レアカードのついでにスキャンしたんで、折角なので日記のネタにしてしまおうという事ですね。






「地縛霊の誘い」「死霊ゾーマ」「ブラック・マジシャン」
まずは、書籍付属の3枚。最近はこういうシンプルな背景が好き。初期の頃を思い出させるものがあります。









「ナチュル・ナーブ」「ナチュル・ビートル」「ナチュル・ロック」「ナチュル・ガーディアン」「ナチュル・ビースト」「ナチュル・ローズウィップ」「ナチュル・アントジョー」「ナチュル・コスモスビート」「ナチュル・スパイダーファング」
地属性のナチュル群。ガオーは昨日載せたので抜きで。
ナチュルのチューナーはレベルがバラけていて良いですね。でもこのシリーズで統一すると戦闘面がかなり不安なので、どうしても既存の植物族を主体にする事になるんですよね。
そういう意味でガオーさんの存在はナチュルにとって大きいです。







「氷結界の交霊師」「氷結界の風水師」「氷結界の修験者」
水属性の氷結界群。この氷結界というコンセプトは凄く良いなと思います。OCGには希少だった氷系統を充実させてくれているってだけでも有難いですよ。
でもアナタ方の龍さんはどちらかといえば結界を打ち崩してしまいますよね。。
交霊師さんのエウレカラーがお気に入り。というか氷結界のイラストは全部好みですね。







「ジュラック・モノロフ」「ジュラック・ヴェロー」「ジュラック・ティラヌス」
炎属性のジュラック群。フレムベル…どうなるのかねぇ?。まぁ最近微妙になっている恐竜族が強化されるのであればそれも良し。
モノロフだけ汎用性が高いですね。自己バウンスしないリクルーター対応の「 阿修羅 」みたいな。活躍する日がくるかなぁ。
…あー、1体スキャンし損ねたので、本日もティラヌス氏を載せておきました。ゴメン、プロトプスさん。。







「霞の谷のファルコン」「霞の谷の雷鳥」「霞の谷の巨神鳥」
風属性のミスト・バレー群。こいつ等がもう、化けましたねぇ。
今までは戦士くらいしか実戦に使えなかったですが、ファルコン、巨神鳥、雷神鬼等で一気に注目シリーズですよ。
もし、ミスト・バレーをタイトルとしたターミナルが出れば、更に強くなるでしょうよ。来年度への期待大。






あとですね、遊戯王デュエリストレベル認定様のアンケート板で2008年・最優秀新規カード投票を実施中です。
投票というものは、なるべく多く集まってくれた方が楽しいですので、お時間がある方はどうぞ参加してやって下さい





さて、明日も遊戯王の日記となります。内容は 【ミスト・バレー】



名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ