※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2008年12月28日/柿寒天作り
2008-12-28




今日は家の掃除をしました。
面倒なんだけど、一度やり始めると結構火がついてしまいまして、午後2時に始めて終わったのは午後10時でした(ゴハンとか休憩とか含む)。
でも、どんだけやっても物を手放さない限り、どーにも綺麗に整理整頓とはいきませんね。。
自分だけの判断で処理できれば随分スッキリできるのですが…。まぁ仕方ないね。






さて。

余って外に放置しておいた柿が大分熟してしまい、このままだと食べ難いので、寒天で固めて食べる事にしました。







【作り方】
まずは、皮を剥きます。柔らかいので半分は手で剥けました。




種を取り除き、水500mlくらいと共に鍋に入れて、20分煮込みます。




そこに粉末寒天8gと砂糖を適当に加え、3分程度かき混ぜます。
それを容器に移して、冷めてから冷蔵庫へ入れます。








こんな感じで。




出来たものをスプーンで突いてみると、かなりの守備力。こんにゃく+ゼリー÷2くらいの。
でも一旦刺さると割とススっと掬えました。




食べた感想ですが、掬う時とは逆に口の中では普通に砕けてくれまして一安心。
生の柿の味がそのまま残っており、甘さもデザートとして丁度良い具合。
自画自賛ですが、今まで食べた柿の料理では一番柿らしい美味しさでした。
食感が若干ゴリゴリしている点だけ気になりますが、それ以外は良かったです。
粉を5グラムくらいにしていれば、もっと美味しく出来そうですね。来年やってみますか(覚えていれば)。




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ