※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2009年03月10日/遊戯王OCG 【サイキック族】-2日目
2009-03-10






【リンク】




昨日の続きです。

サイキックデッキを組む際に惜しくも不採用となってしまったカード達にコメントを添えていきたいと思います。






  • 「カバリスト」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
念動収集機 」で特殊召喚できるレベル1。
サイキックブレイク 」でレベルを上げてやれば「 サイコ・コマンダー 」と「 ナチュル・ビースト 」のシンクロ召喚も狙えます。
アポート 」で「 マスター・ジーグ 」を特殊召喚するような構成なら800ライフ掛かるサーチ効果も株が上がりそう。

  • 「パワー・インジェクター」 :不採用理由=アタッカーとしては三番手以降。
レベル4。攻撃力全体500アップは悪くないが、ローレベル式の構成なので「 強化人類サイコ 」「 サイコ・ウォールド 」が優先される。

  • 「ディストラクター」 :不採用理由=他のカードで事足りる感。
レベル4。1000ライフでセットされた魔法・罠を1枚破壊。1ターンに何度でも撃てるのは有難いが、自壊効果とセット限定というのが響く。
早期決戦型なら優先して採用しても良いとは思います。サイキックデッキというよりは、「 大寒波 」「 魔封じの芳香 」を使うようなデッキで使い捨て感覚でもアリかなと。

  • 「テレキアタッカー」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
レベル4。攻撃力1700で、サイキック族の破壊を肩代わりする効果を持つ使えるモンスター。「 サイキックブレイク 」で攻撃力2000の状態にしたい。

  • 「ストーム・サモナー」 :不採用理由=無い方が安心。
レベル6。デメリットの多さが目立つ。「 アポート 」「 サイコ・チューン 」で特殊召喚しても良いですが、
それなら「 マスター・ジーグ 」を入れたいところ。長所は“サイキック族でレベル6”という点に尽きる気がします。

  • 「マスター・ジーグ」 :不採用理由=デッキコンセプトの違い。
レベル8。「 ハイパーサイコガンナー 」の素材としても便利。
サイコ・チューン 」で特殊召喚し「 マテリアルドラゴン 」のリリースに使えば3200ライフ回復できます。
ディストラクター 」と同様にサイキックデッキ以外での活躍が期待できそう。「 トレード・イン 」「 死皇帝の陵墓 」を使うデッキとかね。

  • 「アポート」 :不採用理由=あれば嬉しい程度。
ライフコストが無ければ優先されたでしょうに。効果自体の問題ではなく、800ライフとデッキに余裕があるかという話。
1ターン目から「 メンタルマスター 」の効果を使う事ができるっていうのは魅力なんですが。

  • 「サイキックブレイク」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
レベルアップと300の攻撃力補正が美味しいので、出来れば入れておきたかった1枚。特殊召喚にも対応していたなら多分積んでました。

  • 「サイコ・ソード」 :不採用理由=無くても平気。
最大2000アップしますが、それなら「 巨大化 」「 団結の力 」なんかを1枚用意しておけば良いんじゃないかと。
クレボンス 」が戦闘破壊されない攻撃力3200のアタッカーになるというのは面白そうですが。悪くは無いんですけどね。

  • 「サイキック・インパルス」 :不採用理由=無い方が安心。
先攻1ターン目に使えれば良い感じですが、それ以外ではジャマになる事が多いと思われ。良い意味でバランスの取れた効果なんですけどね。

  • 「サイコ・チューン」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
マテリアルドラゴン 」のリリースに最適な1枚。シンクロ召喚したサイキック族も特殊召喚できるので、可能な限り採用したいカードではあります。

  • 「ブローニング・パワー」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
デッキスペースが無いと、どうしても汎用性のある「 神の宣告 」を先に積んでしまいます。
念動収集機 」後なら優秀なカードになるので、「 神の宣告 」と2:2くらいの割合で入れても良いとは思います。

  • 「サイコ・ヒーリング」 :不採用理由=デッキスペースの都合。
念動収集機 」「 異次元からの帰還 」との併用。出来る事なら入れておきたい。

  • 「超能力治療」 :不採用理由=「 サイコ・ヒーリング 」の方が安定する。
メンタルマスター 」との相性が抜群…のハズなんですが、エンドフェイズというのが辛い。
大量展開からの即死殴りを目的とするなら邪魔になる事も多々。「 魔導雑貨商人 」で手札に加わると損した気分になるし。

  • 「念導力」 :不採用理由=他に優先すべきカードが沢山。
残念ですが。

  • 「サイコ・チャージ」 :不採用理由=「 サイコ・トリガー 」の存在。
貪欲な壺 」を採用した方が回収対象が多く、魔法カードゆえの速攻性もあります。
まー、サイキック族のみでデッキを組むなら此方でも良いと思います。





あと、昨日載せたデッキのサイキック族色を強くしたものを。

【デッキ:40枚】

モンスター(20)
「メンタルマスター」×3   
「クレボンス」×3
「サイコジャンパー」×3
「サイコ・コマンダー」×2
「ライフ・コーディネイター」×2
「メンタルプロテクター」×3
「強化人類サイコ」×2
「サイコ・ウォールド」×2

魔法(11)
「緊急テレポート」×1
「念動収集機」×3
「最古式念導」×3
「洗脳-ブレインコントロール」×1
「サイコパス」×2
「死者蘇生」×1

罠(9)
「ブローニング・パワー」×3
「サイコ・ヒーリング」×2
「サイコ・トリガー」×3
「異次元からの帰還」×1



魔導雑貨商人 」「 マテリアルドラゴン 」「 オネスト 」「 神の宣告 」を抜いた構成。
これらのカードは他のデッキでも使いたいので、サイキック族系のカードで穴埋めした形です。これでもまぁそれなりに戦えはします。

あぁ、昨日の分には書きませんでしたが、 特殊召喚を封じられると大体死ねます。 お気を付け下さい。






名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ