※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2009年05月28日/遊戯王OCG 【デュアルプラント】
2009-05-28





6月のストラクチャーデッキに収録されるカードが狂気染みているので、試しに回しました。

「スーペルヴィス」
装備魔法
【効果】デュアルモンスターにのみ装備可能。装備モンスターは再度召喚した状態になる。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地へ送られた時、自分の墓地に存在する通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。

「フェデライザー」
風属性・★2・ATK700/DEF不明
【魔法使い族・効果】このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキからデュアルモンスター1体を墓地へ送り、デッキからカードを1枚ドローする事ができる。





【デッキ:40枚】

モンスター(19)
「ローンファイア・ブロッサム」×3
「コピー・プラント」×3
「ギガプラント」×3
「炎妖蝶ウィルプス」×2
「UFOタートル」×3
「フェデライザー」×3
「ナチュル・コスモスビート」×1
「クリッター」×1

魔法(15)
「死者蘇生」×1
「スーペルヴィス」×3
「継承の印」×3
「思い出のブランコ」×3
「未来融合-フューチャー・フュージョン」×1
「おろかな埋葬」×2
「二重召喚」×2

罠(6)
「神の宣告」×3
「魔宮の賄賂」×3


【エクストラデッキ:15枚】
アームズ・エイド」×1
A・O・J カタストル」×2
氷結界の龍 ブリューナク」×1
ゴヨウ・ガーディアン」×1
ブラック・ローズ・ドラゴン」×2
パワー・ツール・ドラゴン」×3
ダーク・ダイブ・ボンバー」×1
スターダスト・ドラゴン」×1
レッド・デーモンズ・ドラゴン」×1
ミスト・ウォーム」×1
超合魔獣ラプテノス」×1




※未発売の「スーペルヴィス」は「戦線復活の代償」、「フェデライザー」は「一刀両断侍」で代用。
未所持の「継承の印」は「早すぎた埋葬」、「パワー・ツール・ドラゴン」×1は「サイコ・ヘルストランサー」で代用。





カード配分はコロコロ変えていますので、上の採用カードは画像撮影時のものです。今だと少し変えてありますね。
未来融合-フューチャー・フュージョン」で「超合魔獣ラプテノス」を呼び出した時の火力・展開力は鬼畜そのものですので「龍の鏡」をどうするかなーというところでウロウロしている感じ。

ローンファイア・ブロッサム」をサーチするカードも結構悩ませます。「UFOタートル」が「炎妖蝶ウィルプス」の存在もあって便利なので3枚積んでありますが、これ以上増やすか否か。

上記の内容ですと「ナチュル・コスモスビート」が浮いてる感もありますが、相手ターンに手札から特殊召喚できるレベル2チューナーなので結構好き。
パワー・ツール・ドラゴン」と合わせて「XX-セイバー ガトムズ」を呼べる点も影ながら良いんです。

各種蘇生カードや「貪欲な壺」「転生の予言」も考えてしまいますね。
アームズ・ホール」はどうでしょう。制約が気に入らないので無しの方向でいますが…。「名工 虎鉄」は流石に邪魔か。





回し方その1
手札に必要なカード:「ローンファイア・ブロッサム」×1、「スーペルヴィス」×1、

01:「ローンファイア・ブロッサム」を召喚。
02:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
03:手順02と同じ。
04:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「ギガプラント」を特殊召喚。
05:「スーペルヴィス」を「ギガプラント」に装備し、再度召喚状態にする。
06:「ギガプラント」の効果で、墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
07:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「コピー・プラント」を特殊召喚。
08:「コピー・プラント」+「ギガプラント」から「パワー・ツール・ドラゴン」をシンクロ召喚。
09:墓地に送られた「スーペルヴィス」の効果で、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚。
10:「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でデッキから「スーペルヴィス」と「継承の印」を計3枚選択し、ランダムに1枚を手札に加え、2枚をデッキに戻す。
    手札に加えたカードが「スーペルヴィス」なら手順05へ戻る、「継承の印」なら手順11へ。

11:「継承の印」を発動。墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
12:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「コピー・プラント」を特殊召喚。
13:「コピー・プラント」+「ギガプラント」から「パワー・ツール・ドラゴン」をシンクロ召喚。
14:「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でデッキから「スーペルヴィス」と「継承の印」を計3枚選択し、ランダムに1枚を手札に加え、2枚をデッキに戻す。
    手札に加えたカードが「スーペルヴィス」なら展開終了(「思い出のブランコ」があれば続く)、「継承の印」なら手順11へ。



回し方その2
手札に必要なカード:「スーペルヴィス」×1、「思い出のブランコ」×1
墓地に必要なカード::「炎妖蝶ウィルプス」×1、「ギガプラント」×2、「ローンファイア・ブロッサム」×1

01:「思い出のブランコ」を発動。墓地の「炎妖蝶ウィルプス」を特殊召喚。
02:「スーペルヴィス」を「炎妖蝶ウィルプス」に装備し、再度召喚状態にする。
03:「炎妖蝶ウィルプス」の効果で自身をリリースし、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚(再度召喚状態)。
04:墓地に送られた「スーペルヴィス」の効果で、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚。
05:手順04で特殊召喚した「ギガプラント」を再度召喚。
06:「ギガプラント」の効果で、墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
07:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「コピー・プラント」を特殊召喚。(「コピー・プラント」を特殊召喚する前にデッキ内の「ローンファイア・ブロッサム」を墓地に送っておく。)
08:「コピー・プラント」+効果使用済みの「ギガプラント」から「パワー・ツール・ドラゴン」をシンクロ召喚。
09:「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でデッキから「スーペルヴィス」と「継承の印」を計3枚選択し、ランダムに1枚を手札に加え、2枚をデッキに戻す。
    手札に加えたカードが「スーペルヴィス」なら手順10-Aへ、「継承の印」なら手順10-Bへ。


10-A:「ギガプラント」の効果で、墓地の「炎妖蝶ウィルプス」を特殊召喚。
11-A:「スーペルヴィス」を「炎妖蝶ウィルプス」に装備し、再度召喚状態にする。
12-A:「炎妖蝶ウィルプス」の効果で自身をリリースし、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚(再度召喚状態)。
13-A:墓地に送られた「スーペルヴィス」の効果で、墓地の「炎妖蝶ウィルプス」か「ギガプラント」を特殊召喚。
     「炎妖蝶ウィルプス」なら手順15-A1へ、「ギガプラント」なら手順15-A2へ。

10-B:「継承の印」を発動。墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
11-B:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「コピー・プラント」を特殊召喚。
12-B:「ギガプラント」の効果で、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚。
13-B:「コピー・プラント」+効果使用済みの「ギガプラント」から「パワー・ツール・ドラゴン」をシンクロ召喚。
14-B:「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でデッキから「スーペルヴィス」と「継承の印」を計3枚選択し、ランダムに1枚を手札に加え、2枚をデッキに戻す。
     手札に加えたカードが「スーペルヴィス」なら手順19-Aへ、「継承の印」なら手順19-Bへ。


15-A1:「ギガプラント」の効果で、墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
16-A1:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「ナチュル・コスモスビート」を特殊召喚。
17-A1:「ナチュル・コスモスビート」+「炎妖蝶ウィルプス」から「氷結界の龍 ブリューナク」をシンクロ召喚。
18-A1:「氷結界の龍 ブリューナク」の効果で、相手フィールドを空ける。

15-A2:再度召喚状態の「ギガプラント」の効果で、墓地の「ローンファイア・ブロッサム」を特殊召喚。
16-A2:「ローンファイア・ブロッサム」の効果で自身をリリースし、デッキから「コピー・プラント」を特殊召喚。
17-A2:「コピー・プラント」+効果使用済みの「ギガプラント」から「パワー・ツール・ドラゴン」をシンクロ召喚。
18-A2:「パワー・ツール・ドラゴン」の効果でデッキから「スーペルヴィス」と「継承の印」を計3枚選択し、ランダムに1枚を手札に加え、2枚をデッキに戻す。
     手札に加えたカードが「スーペルヴィス」なら手順19-Aへ、「継承の印」なら手順19-Bへ。


19-A:「スーペルヴィス」を「ギガプラント」に装備し、再度召喚状態にする。
20-A:「ギガプラント」の効果で、墓地の「コピー・プラント」を特殊召喚。
21-A:「コピー・プラント」+効果使用済みの「ギガプラント」から「ダーク・ダイブ・ボンバー」をシンクロ召喚。
22-A:墓地に送られた「スーペルヴィス」の効果で、墓地の「ギガプラント」を特殊召喚。

19-B:「継承の印」を発動。墓地の「コピー・プラント」を特殊召喚。
20-B:「コピー・プラント」+「ギガプラント」から「ダーク・ダイブ・ボンバー」をシンクロ召喚。





スーペルヴィス」はデュアルモンスターのテコ入れとして文句無いものです。
やはり問題は「ローンファイア・ブロッサム」。自身をリリースできなければこれほどの性能にはならなかったのでしょうが…。

あと「パワー・ツール・ドラゴン」。
入手した時は自分にとって大して要るコに思えませんでしたが、数ヶ月で人の評価は変わるもんです。
サーチカードが半ランダムとはいえアドバンテージを回復できるヤツが弱い訳無いわな。「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」もいずれ活用(悪用)される日が来る?。



名前:
コメント:

◇◆前へ次へ目次へ