※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日記/2009年06月19日/≪sm1077672≫アイドルマスター「Twinkle Snow Powdery Snow」Perfume(透-架P)
2009-06-19








「アイマス作品の1本だけを取り上げよう」4回目です。


今回は2007年09月17日投稿のコチラの作品。

アイドルマスター「Twinkle Snow Powdery Snow」Perfume (透-架P)



有名な作品ですが、単に自分が 鬼好き だから取り上げ。
あー、でも最近アイマス見始めたって方は知らないかもですね。2007年かぁ…時間経つの早い早い。


多分ニコマスで1本だけ『 至高のPV 』として選出するとしたら、「コンピューター・ドライビング」か此方のどちらかを挙げる事になる…でしょうか。それくらい好きで御座います。

なんかねー、彼女達がプログラムでは無く自分の意思で動いているとさえ思わせるものがあるんですよねー。
シンクロの高い作品は数あれど、そういう感覚に意図せずなるのはホントに稀。
自分は勝手に「 命あるPV 」と呼んでおりますが(笑)。












1枚目の画像は00:01。2枚目の画像は00:14。
後ろ姿から始まり、柔らかくも芯の通った腕の動きがあり、美希の軽ジャンプで最初のサビ歌に入ります。
00:07で正面を向くと共にクレジットが消えるとか、導入からして相当ふいんき(何故か変換できない)の作り方が上手いです。
照明の色と動きもこの空気にシックリと収まります。











画像は01:01、01:04、01:07。
ここにアップカットがあるゆえに初見では気付き難いかもですが、01:26まで実質ノーカットシンクロなんですよね。
アップが入る事により、何だか「ミュージック・ステーション」的な音楽番組を見ている気にさせる演出になっているなぁと感心しました。
00:58~01:12での動きの生っぽさは昨今中々得られませんよ。










画像は01:30の亜美、01:34の美希。
トリオPVでは何かとセンターポジションがメインとなるものですが、
画像のように、所々で印象深い表情を入れてくるので3人のバランスが引かず出過ぎずで丁度良いバランスな仕上がりになっています。
これ、雪歩×美希×亜美の組み合わせっていうのもインパクトに貢献してますよね。
この3人でこの曲でこの衣装でこのステージで…不思議な魅力を与えてくれます。










画像は02:18と02:27。
この辺り、足の動きとカメラアングルが大好物で御座います。
舞台装置と同期し始まり、リズムに溶け込んだステップはGJと言わざるを得ない。
可愛さも加わった クールビューティー .+* ってヤツですか。曲との相性が半端無い。











画像は02:42、02:44、02:48。
02:39~02:54は笑顔三発とアピールが入るパートです。
各アイドルのボーカルの声質まで合わせているのが嬉しい。
コチラを見ながら向かって右の方へ移動する美希の動きが美味いんです。このタイミングでこう来られるとグッときます。
…しかしスマイル良いよねぇー。あるのと無いのを脳内比較してみると、入れてくれた事に只感謝。









画像は03:42。
これだけ曲に乗れるPVなのに最後を「青い鳥」の振りで締めても平気ってのが面白い。
なんでこんなに合うんだろうか?。Pが魔法を使っている気がしてならない。
上からの紙吹雪(?)が雪が降ってくる演出となり、舞台色も一層栄えますよね。







このPV、単なるシンクロ率の高さだけでなく、
「ちりばめた~」 「包み込む~」 「ラララ~」 「溶かせたらいいね~」 等に代表される詩と振りの融和性が凄いんですよね。
元のダンス(「思い出をありがとう」「青い鳥」)など存在しないかのような違和感の無さは毎回、心の中だけでなくリアルに拍手を贈りたくなる。

それと以前に、「もしこの作品に他のアイドルが入ったら」という事もよく考えました。
誰か一人くらい代用が効くのかなーとシャッフルしてみましたが亜美が真美になるくらいで、このメンバー以上の相性は望めませんでした。
恐らくこの『 ほんわり不思議系 』な3人だからこそ生まれる曲との相性なんでしょうね。
そういえば雪歩、美希、亜美って特別な接点ありましたっけ?。ドラマCDとかなら何かあるのかなぁ?。
亜美が真に変わるだけで一気にネタにされそうなのが恐ろしい(笑)。





こういうシンクロ主体の作品で感想文を書くのって難しいですね。ぶっちゃけ観た方が確実で早いんで。
まー、アレです。 透-架P作品が好き 、って記事を書きたかっただけなんですね。そんな訳で当Wikiのページナンバー999を献上致します。



序でに発掘してきたマイメモリーも置いておきますね。もう一つメモリーあったような気がするんですが…行方不明です。。(単に記憶違いか)




名前:
コメント:

◇◆ 前へ次へ目次へ