LiveCD


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • いわゆるインストール用 DVD とは別に、LiveCD なるものが配布されている。これは、システムの HDD を使わずに CD一枚で Fedora を起動させるというもの。LiveCD で Fedora 11 を起動した後、その状態から Fedora 11 を HDD にインストールすることもできる。
  • 当方の環境の場合、Fedora 11 の LiveCD は起動するが、HDD に Fedora 11 をインストールしようとすると、おかしなことになる。どうやら、HDD がきちんと認識されていないようで、インストール先 HDD の情報が実際とは異なって表示されるし、設定を変更することもできない。
  • 上記の状況は、Fedora 11 のインストール用 DVD からインストール(クリーンインストール)しようとしたときと同じ。上記状況のままクリーンインストールを続行した場合、そのままインストールが続けられるが、再起動後いわゆる firstboot の時点で固まってしまい、先に進まない。HDD の既存のデータはインストーラによって上書きされ、すでに破壊されている。結局、Fedora 10 を改めてインストールするしかない。
  • 結局のところ、当方ではいまだに Fedora 11 をインストールできていないのだった。