selinux を切る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

筆者は selinux が何者なのか理解していない。通常は、selinux は有効になっている。普段は、これをあえて切る必要はない。

yum upgrade する場合、selinux が大量の警告を出す。警告にすぎないので多分問題ないと思うが、よく分からない。

得体の知れないものが背後で動作しているのも、何やら不気味。selinux を切るには、/etc/selinux/config の SELINUX=enforcing とあるのを、SELINUX=disabled に書き換えて、Fedora を再起動する。