フォント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fedora の日本語フォントの基本は VLゴシックである。美麗なフォントで、デザイン的には十分。反面、カバーしている文字集合はまだ十全とは言えず、日常使う字でもまれにカバーしていないものもあるが、その場合はデザイン品質の劣る別のフォント(さざなみ)で代用されるので、読むには問題ない。

さざなみは VL に比べるとデザイン品質が劣るものの、読む(字を判別する)には全然問題ない水準だし、カバーしている字種範囲が広い。Fedora はVL とさざなみの両方を使うことによって、全般的に「豆腐になって読めない字」はほとんどなくなっている。