※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

侍とは

凄まじい切れ味を誇る武器『刀』に魂を投影し、己が信じる道を極めんとする、東方の武術を身につけた戦士。 (公式HPより転載)

侍とは

侍(さむらい)は、古代から中世にかけての日本における官人の身分呼称、あるいはそこから発展的に生じた武士の別名。「伺候する」「従う」を意味する「さぶらう」に由来する。(Wikipediaより抜粋)

侍とは

さぶらい〔さぶらひ〕【▽侍】
《動詞「さぶらう」の連用形から》
主君や主家のそば近くに仕える者。さぶらい人。
親王・摂関家などに仕えて、家務に携わる者。
武器をもって皇族や貴族の警固に任じた者。禁中の滝口、院の北面、東宮の帯刀(たちはき)の類。のち、上級武士の身分を表す呼び名となる。さむらい。
武家に仕える者。家の子。武士。さむらい。
(大辞泉より抜粋)

侍とは

武士道の精神を持ち、強気を挫き、弱きを救わんとするもののことを示す。
それは国籍や人種、性別をも超える大きな精神であり、
上司が困っていれば助けとなり、電車ではお婆ちゃんに椅子を譲り、
可愛い子ちゃんを見つければ勇気が出ず声をかけられない。
そんな自分はシャイボーイ。
(管理人語録から抜粋)



名前:
コメント: