Flexフレームワーク比較検証


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Flexフレームワーク比較の際の判断基準

理解しやすさ プログラムの際の簡易性を見ています
導入しやすさ タグの豊富さ、とっつきやすさを見ています
コーディング量 プログラムの書く量を見ています
用意されているクラス郡の使いやすさ ライブラリの使いやすさ(豊富さ)を見ています
テスタビリティ テストが簡単に行えるのかを見ています
用意されているドキュメントの量 公開されているドキュメントが豊富にあるかどうか(サンプルも含めて)見ています
サーバー技術との親和性 サーバーサイドの技術を利用しやすいかどうかを見ています
改造のしやすさ 既にプログラムされたものに手を加えたとき、動かすのが容易かどうかを見ています
保守のしやすさ プログラムを俯瞰したとき、見やすいかどうかを見ています
知名度 過去、記事に紹介があったかを見ています
導入しやすい案件規模 1画面につき30項目くらいの入力項目がある画面の開発を想定し、どの位の画面数の開発ならば、保守がしやすいかを見ています
教育コースが存在するか 研修があるかどうかを見ています

Flexフレームワークの比較表

  • 項目名のところをクリックするか、左側のページより、各フレームワークの検証サイトへと飛びます。
項目名 Cairngorm PureMVC Mate YUI-Framework
理解しやすさ
導入しやすさ
コーディング量 × ×
用意されているクラス郡の使いやすさ
テスタビリティ ×
用意されているドキュメントの量
サーバー技術との親和性
改造のしやすさ × ×
保守のしやすさ
知名度 ×
導入しやすい案件規模 画面数が~30くらいまで 画面数が~100くらいまで
教育コースが存在するか × × × ×
※批評が「?」については検証できていないものです。

なまえ:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。