Coqインストール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Coqインストール

Linuxの場合

Ubuntu または Debian の場合

  • # sudo apt-get install coq coqide

ソースから最新版をインストールする場合

ソースからインストールするためにはocaml, camlp5が必要です。ソースにはREADMEの他にINSTALLというファイルがあって、そこにインストールするための詳細が記述されています。

Macの場合

  • MacOS 10.6の場合 macportsを使うことになる
  • MacOS 10.5の場合、バイナリイメージをそのまま導入可能
  • MacOS 10.4以下の場合上記のソースからインストールでO.K.

Windowsの場合

  • Coqダウンロード先ページよりインストーラをダウンロードしてインストール


Proof General のインストール

コンソールのcoqtop, あるいはGUIのCoqIDEでも良いけど、emacsが好きな人はProof Generalを使うと良い。
日本語も少なくともコメントでならばEUC-JPで入力可能なので、勉強会でデモするには便利。
但し、MacOSXだとbackslashはコンソールのemacsでないとうまく入力出来ない?

入手先

ProofGeneral入手先のdownloadより入手。
  • 適当なディレクトリにProofGeneral-3.7.1.tgzを置く
  • $ tar xpzf ProofGeneral-3.7.1.tar.gz とかで展開
  • ~/.emacs に(load-file "dir/generic/proof-site.el") と書く。(dir=展開したファイルにpathが通る様に指定)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。