とりあえず雑記帳(跡地)

Slim3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WebコミックLibraryhttp://web-comi.appspot.com/
GAE/JとSlim3で作成してみた、各出版社から配信されているWebコミックをまとめて閲覧できるサイトです。只今、実験運用中…

参考サイト

公式サイト
公式サイト(Google Code) ダウンロードはコチラから
ひがやすをblog 開発者ひがやすをさんのブログ





Controller作成

  • 基本的に、リクエストを受け取るアクション1つに対して1つのControllerを割り当てる
    • Controllerは、slim3.rootPackageの直下にcontrollerという名前のパッケージを作成し、その下にXxxxControllerという名前で作成する。build.xmlにあるgen-controllerターゲットを利用すれば、パッケージ作成からクラス作成まで面倒見てくれる(後述)
    • controller以下のパッケージ階層とXxxxControllerのXxxxの名前が、アクションのリクエストURLに対応する参考(URL Mapping)
slim3.rootPackageにjp.fujiyan.gae.example.slim3を指定している場合
リクエストのURL 必要なController
/ jp.fujiyan.gae.example.slim3.controller.IndexController
/show jp.fujiyan.gae.example.slim3.controller.ShowController
/sub/ jp.fujiyan.gae.example.slim3.controller.sub.IndexController
/sub/show jp.fujiyan.gae.example.slim3.controller.sub.ShowController
  • gen-controllerターゲットでControllerを自動作成する。
  1. build.xmlを開く(ダブルクリック等)。
  2. Outlineビューからgen-controllerターゲットを選択し右クリック→[Run As]→[Ant Build]を選択する
  3. [Ant Input Request]ダイアログの[Input a controller path.]に、作成したいアクションのリクエストURLを入力すると、リクエストURLに対応したパッケージとControllerが作成される。
  4. また、Controllerの遷移先となるJSPも作成される。作成直後はwarディレクトリ直下に作成されるが、外部にJSPが公開されるのも具合が悪いので、WEB-INFの下(WEB-INF/jsp等)に移動したほうがベター。その際は、Controller内のJSPのパスも移動先に修正する。→そもそもGAE/JではJSPの直接参照が出来ないらしいので、war直下にあってもイイらしいです(炸裂!情熱の右フック!!)。

Service作成

  • Slim3では、ユースケース1つに対して1つのServiceを割り当てる、としている。「ユースケース」が何ぞや、というのもあるけど、難しい話はとりあえずすっ飛ばして、個人的には「Slim3に依存するフロー制御(画面遷移の実装等)はController」「ロジックのフロー制御はService」という棲み分けにしておく。
    • Serviceは、slim3.rootPackageの直下にserviceという名前のパッケージを作成し、その下にXxxxServiceという名前で作成する。やっぱり自動作成可能(後述)。
  • gen-serviceターゲットでServiceを自動作成する。
  1. build.xmlを開く(ダブルクリック等)。
  2. Outlineビューからgen-serviceターゲットを選択し右クリック→[Run As]→[Ant Build]を選択する
  3. [Ant Input Request]ダイアログの[Input a service name.]に、サブパッケージ名+Service名を入力すると、パッケージとServiceが作成される。

Model作成

  • DatastoreのEntityをタイプセーフにしたもの。
    • Modelは、slim3.rootPackageの直下にmodelという名前のパッケージを作成し、その下任意の名前で作成する。例によって自動作成可能(後述)。
  • gen-modelターゲットでModelを自動作成する。
  1. build.xmlを開く(ダブルクリック等)。
  2. Outlineビューからgen-modelターゲットを選択し右クリック→[Run As]→[Ant Build]を選択する
  3. [Ant Input Request]ダイアログの[Input a model name.]に、サブパッケージ名+Model名を入力すると、パッケージとModelが作成される。

プロパティの定義

  • インスタンス変数とgetter/setterを定義する。特にAnnotationは不要
    private String name;

    public String getName() {
        return name;
    }

    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }
  • 指定可能な型の一覧は、ここ

リクエストのパラメータをControllerで取得する

  • Slim3のControllerには、リクエストのパラメータを取得するための簡易メソッドが用意されている。
    • asString()
    • asShort()
    • asInteger()
    • asLong()
    • asFloat()
    • asDouble()
    • asBoolean()
    • asDate()
    • asKey()

Controllerでの処理結果をJSPで出力

  • 基本的には、各スコープ(Application/Session/Request)のattributeに値を設定し、Slim3のJSP Functions(特にh)で出力する。ループや条件分岐などの制御にはJSTLを利用する。
  • Slim3のControllerには、attributeに設定するための簡易メソッドが用意されている。
    • requestScope()
    • sessionScope()
    • applicationScope()
  • Serviceでデータを準備し、ControllerでServiceが準備したデータを上記メソッドでattributeに設定し、JSP FunctionsやJSTLを使って出力するのが定石か
  • Slim3のJSP Functionsのhは、Keyをパラメータとして用いる際に便利。引数にKeyのインスタンスを指定すれば、勝手にBase64にエンコードしてくれる。
bookListの要素がEntity(プロパティkeyを持つ)であるとき、下記のコードで、アンカーをクリックした際に、そのEntityのKeyをリクエストのパラメータに渡せる。
<c:forEach var="book" items="${bookList}">
<a href="/showBook?bookKey=${f:h(book.key)}">${f:h(book.name)}</a>
<hr/>
</c:forEach>

Controller側ではasKey()を使って、Keyに変換した状態で取得できる。
Key bookKey = asKey("bookKey");



認証




前方一致検索

  • String型プロパティの前方一致検索が可能
  • Modelクラス(@Modelアノテーションを適用したクラス)を定義すると、ModelMetaクラスが自動的に定義される
    • Bookクラスを定義すると、BookMetaクラスが自動的に定義される。
  • Bookクラスのnameプロパティを前方一致検索するには、下記のように記述する。
String value = "検索文字列";

BookMeta meta = new BookMeta();
StringAttributeMeta<Book> attrMeta = meta.name;
List<Book> list = Datastore.query(Book.class).filter(attrMeta.startsWith(value)).asList();



ModelRefのLazy Load

  • ModelRefのsetKey()で参照先のKeyを設定すれば、getModel()でLoadされる。
ModelRef<Foo> fooRef = new ModelRef<Foo>(Foo.class);

とある場合、

fooRef.setKey(fooKey);

とすれば、

Foo foo = fooRef.getModel();

でfooKeyが指すFooをLoadする




ModelRefで問い合わせ

  • ModelRefAttributeMetaを使えば、ModelRefで問い合わせが可能
  • 例えば、部署(1)対従業員(多)の場合、
// 部署
@Model(schemaVersion = 1)
public class Dept implements Serializable {
}

// 従業員
@Model(schemaVersion = 1)
public class Employee implements Serializable {
    private ModelRef<Dept> deptRef = new ModelRef<Dept>(Dept.class);
    
    public ModelRef<Dept> getDeptRef() {
        return deptRef;
    }
}
とある場合に、「ある部署に所属する従業員全員」という問い合わせは下記のコードで可能。
Key deptKey = [ある部署のKey];

EmployeeMeta employeeMeta = new EmployeeMeta();
ModelRefAttributeMeta<Employee, ModelRef<Dept>, Dept> refMeta = employeeMeta.deptRef;
List<Employee> list = Datastore.query(Employee.class).filter(refMeta.equal(deptKey));
  • これを使えば、親子関連を持たせたい場合に、entityGroupを使わなくても良い。



Memcache

  • Slim3のMemcacheのAPIは、MemcacheServiceの薄いラッパーぽいですが、Modelのキャッシュをサポートしています。
    • ModelのキャッシュにMemcacheServiceを直接使った場合、get()時に例外が発生してしまいます。
  • Version 1.0.15現在、ローカル環境でMemcacheを使用した場合、'Class org.slim3.memcache.MemcacheDelegate loaded from [Slim3のjarファイルのパス] has a dependency on class [FQCN], which is not part of App Engine's supported API.'の警告が出力されます。
    • App Engine上では、とりあえず正常に動作するようです。
    • Issue 112でも報告されています。
    • 何となく不安なので、対応されると有難いですね…。

とりあえず、キャッシュについて、適当に考察してみました
キャッシュの計画

簡単なサンプル

  • 使い方は、MemcacheServiceとおんなじです。Memcacheのstaticメソッドを用います。

put()
    Book book = new Book(); // Model
    Memcache.put(key, book);
  • keyは何でもいいのですが、通常は格納したModelのKeyを用います。

get()
    Book book; // Model
    book = Memcache.get(key);
    if (book == null) {
        if (!Memcache.contains(key)) {
            book = dao.get(key); // Datastoreへのアクセス
            Memcache.put(key, book);
        }
    }
  • Memcacheに格納されたオブジェクトが、期限切れ等でキャッシュから削除された場合は、get()の戻り値はnullとなります。
  • キャッシュに存在しない場合は、Datastoreにアクセスしてオブジェクトを取得します。
    • そして、キャッシュに再設定しています。
  • contains()の判定は、Memcacheにはnullを格納することが可能なため、「キャッシュ期限切れでnullになった」のか「あえてnullを格納した」のかを識別するためです。
    • contains()がtrueなら、あえてnullが格納されている(キャッシュ期限切れではない)、ということです。
    • nullを格納するケースが無い場合は、contains()の判定は無くても良いですね。



ページング

  • DatastoreのCursorは、前にしか進むことができないため(多分)、「前ページ」とかの移動ができない。ましてや「nページ目」とかどうなの?
  • あと、Slim3のInMemoryFilterとModelQueryのlimit()/offset()を合わせて実行した場合、
    • 先にlimit()/offset()が実行される
    • その結果に対してInMemoryFilterが実行される
という順番なので(多分)、limit(1000)としても、1000件帰ってこない場合がある。例えば、総数2000件あって、InMemoryFilterにマッチするEntityが1001件目以降にしか存在しない場合、limit(1000)としても0件となる(っぽい)。
  • ということで、InMemoryFilterの結果に対して、任意のページに遷移可能なページ制御を考える。





InverseModelListRef(思いっきり想像なので、正確性は保証しません…)

  • InverseModelListRefは永続化の対象外(@Attribute(persistent = false))
  • InverseModelListRef#getModelList()によって、相手側Entityのクエリを実行する、プロキシ的な役割
  • InverseModelListRef#getModelList()を呼ぶ度にクエリが呼びだされ、新しいListのインスタンスが返されるので、それに相手側Entityを追加しても、データベースは変更されない



Slim3とFlex(BlazeDS)

  • Slim3とBlazeDSの組み合わせでは、/messagebroker/amfへのリクエストが大量発生して、GAEの上限に引っかかってしまうとの報告あり
  • 開発者のひがやすおサンも、BlazeDSの利用はあまり薦めておらず、HTTPServiceでやった方がラク、とおっしゃってます
  • HTTPServiceのレスポンス形式については、下記2つの選択肢があるかと
    • XML
      • E4Xを使えばFlex側の処理はラク。でもXMLフォーマットはやや冗長ですかねぇ
    • JSON
      • ということで、こっちをサーバー側から返すようにしてみよう
      • 利用ライブラリはJSONICを使うことに→Flex


間違いの御指摘は
コメントまでm(_ _)m

更新履歴

取得中です。



総数: -
本日: -
昨日: -