gdi++ @ ウィキ

使い方(M)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • gdi++一式のフォルダ内か、その1つ上の階層にgdiManager.exeを置きます
    • 1つ上の階層に置いた場合は複数のDLLをメニューから選択できます
  • 起動するとタスクトレイに常駐します

右クリックでメニューが出ます
  • 任意のフォルダ名(例:gdi0324)
    • 有効 (有効/無効の切り替え)
    • INIを開く (gdi++.iniを開く)
    • フォルダを開く (gdi++.dllがあるフォルダを開く)
    • バージョン情報 (gdi++.dllのバージョン情報を表示)
  • DLLを再検索 (gdi++.dllを再検索)
  • デスクトップの再描画 (そのまんま)
  • Managerのフォルダを開く (そのまんま)
  • バージョン情報 (gdippManagerのバージョン情報を表示)
  • 終了 (gdippManagerの終了)

更新履歴

取得中です。