幻想ノ宴ネット大会本部Wiki 第3回怒首領蜂杯(突発ランダムチーム戦)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主犯:sleeped

概要

魔が差したから開催する。反省はしていない。あと大会名に突っ込まない
その場のノリと場合でルールに手が加わったり進行が変になったりするのでそこら辺にも突っ込まないでください。
無茶なデッキレベルから皆でわいわいと論議して楽しみながらデッキを組む。交流会のノリでお願いします。

無茶なデッキ引いて死ぬがよい

日時

主犯の気が向いたら突発的に開催。
開催するなら金土日祝日の夜もしくは休日、祝日の前夜。

1試合なら2時間、2試合なら2時間40分くらいを覚悟してくれるとありがたいです。論議に時間かかるので

ルール

対戦内容に関しては定例とほぼ同じで行こうかと。定例ページのコピーをいじってるので多少内容が矛盾していても気にしない

  • 先行呪力なし
  • 初期手札にスペル1枚以下でマリガンあり
  • 試合は 1本勝負で制限時間30分 くらい。時間によって5分くらい減ったりします。
  • 制限時間が経過した場合、 その次のターンから追加5ターン とします。(※自分のターンと相手のターンそれぞれで1ターン数えます。例えばT30で時間になった場合、T35で終了となります。) それでも勝負がつかなかった場合は引き分け ということでお願いします。
  • 通信エラー、ツールのバグ等で対戦が途中で終了してしまった場合、まずは双方ツールのフォルダ下のあるmessage_error.logとmessage_play.logをリネームして保存して、再戦して下さい。再戦が時間内に終わらなかった場合、そのログファイルを技術者に送り判断してもらって、トラブルがあった側の負けになります。判断不可の場合は引き分けになります。
  • 何らかの原因で試合を完成できない場合でも、プレイヤー双方の同意の上で投了が可能です。また、ヘッドジャッジが「勝負は既に明らか、逆転手段は一切に存在しない」と判断した場合、それを結果として登録できます。(追加5ターンが終わった時点で、回ってくるプレイヤーの山札が1枚の場合など)
  • 大会中のデッキ変更(リーダー変更含め)は認められません。

大会の進行

  • 参加者をチームに分ける。決定方法は乱数生成ソフト「乱歩」によるデジタルかつアナログな分け方。チーム分けは夜遅いなら基本的に2チームに、夜遅くなく、人数も多いなら3*4とか4*4とか。
  • デッキ構築の式をチーム人数分まわしてレベルを合計する
  • レベルを好きなように分配してデッキを人数分作成する
  • チーム内で対戦する卓の番号を決め、相手チームの同じ卓番号の人と対戦する。ホストはアルファベットが若い方が行い、駄目なら相手チームに交渉を。両方駄目ならプロキシを起動。
  • 合計勝利数が多かったほうの勝利。

  • (追加ルール:大将)
  • 時と場合によって採用されたりされなかったり。おそらく開催前に多数決を取る。
  • 卓番号を決める前に大将を決定する。大将はレベル構成を晒さなければならない。
  • 両チームの大将とレベル構成を発表。
  • 相手チーム大将と戦う人(刺客)を決定。大将と対戦
  • 残りのメンバーは卓番号を決めて普通に対戦
簡単にあらわすと
A大将vsB刺客
B大将vsA刺客
A卓番号1vsB卓番号1
A卓番号2vsB卓番号2

といった感じ

  • 大将は必然的に不利なデッキと戦う可能性があるが、勝ったら2ポイント得られる。
  • このルールの場合、チームの勝敗決定方法は勝ち点で決める。大将が勝ったら2pt、残りは勝ったら1pt
  • 勝ち点が同じだった場合は大将が勝った方が勝利、それでも同じならその場の雰囲気でチームの代表を一人ずつ選んで頂上決戦をおこなったりそれまでの勝ち点で決めたり。



その他

参加する場合は開催が宣言されたら「@怒首領蜂」を宣言して参加登録を行ってください
他のスクリプトとかぶるので参加者リストは「@蜂リスト」報告は「@蜂報告」、結果は「@蜂結果」でお願いします。
報告には、チーム名と大将であるならその旨を明記してくれるとありがたいです。
戦跡、チームメンバー、レベル構成は大会終了後に気が向いたらまとめます。デッキリストとリプレイはめんどうくさいので省略しそう。

大会ログ

チーム名 ターンエー
メンバー sleeped krast_D daiki_ mituki___  keychi
レベル合計 慧音4 アリス2橙2レミ4霊夢2パチェ2輝夜2 萃香1ゆゆこ1藍1鈴仙1
デッキ、使用者
mituki レミリア3鈴仙1  使用者  
keychi L橙1:レミリア1:藍1:萃香1
sleeped パチュ2霊夢2
daiki 慧音4
krast アリス2輝夜2

チーム名 紅の絶望白幕ロリブルマ護衛隊
メンバー otamon F_ nanasuke biku_ anomai
レベル合計 アリス4鈴仙4橙4妹紅3フラン2パチュリー2L妖夢1魔理沙1L美鈴1
デッキ、使用者
F L妹紅2フラン2  
biku Lパチュリー2美鈴1妖夢1 
aonami 鈴仙4 
otamon アリス4 
nanasuke(ロリブルマ) 橙4

チーム名 チーム・通信販売で青汁買ったらすげえまずかったけどおまけですごい数付いてきたから捨てるの勿体ないから犬にでも飲ませようそうしようと思った今日この頃ですが何か(略称、チーム青汁ポーション)
メンバー Shigas YanMon sechi sion____tega-ru
レベル合計 フラン2萃香3プリズムリバー1慧音1鈴仙2輝夜3魔理沙2永琳2アリス1幽々子1パチュリー1藍1霊夢2プリバ1
デッキ、使用者
鈴仙2永琳2 如月
輝夜2魔理沙2 YanMon
アリス1プリズムリバー2パチュリー1 テガーる
フラン2慧音1萃香1 シガース
萃香2幽々子1輝夜1 西院
C大将:輝夜2魔理沙2

チーム名 Dチーム
メンバー PRISMRIVERS Kb_aya Caplus kok_ss SOLUI URAKAGI(PRISMRIVERSさんの代打)
レベル合計 妖夢4プリバ4幽々子3萃香3アリス2永琳2藍2霊夢1鈴仙1
デッキ、使用者
プリズムリバー3妖夢1 : PRISMRIVERS → Urakagi
妖夢3プリズムリバー1 : SOLUI
藍2永琳2 : Kb_aya → kannaduki
萃香3霊夢1 : kok_ss
幽々子3鈴仙1 : Caplus

対戦結果
1回戦
A-C
A keychi○-×C tega-ru
A:krast_D × -○Shigas
A:刺客:mituki×-○YanMon:C大将
A:sleeped 1-0 sechi:C
A:大将daiki 1-0 sion
4-3

B-D
biku:B大将0-1D刺客:kok_ss
B otamon×-○D大将ソルイ
B F×-○PRISMRIVERS D
aonami×-○Caplus
Bチームnanasuke○ー×Dチームkb_aya
1-5

2回戦
A-D
A:sleeped 1-0 caplus
A大将 keychi X-O Urakagi D刺客
A krast_D 0-1kannaduki D
Amituki 0-1 ソルイ D
A daiki○-×kok_ss D
2-3

B-C
Bチームnanasuke○ー×CチームYanMon 大将
B大将F○-×C刺客テガーる
biku:Bチーム×-○Cチーム:sion
Bチーム aonami○ー×Shigas
Botamon0-1sechi C
4-3

優勝 Dチーム

感想

どうも、主犯のsleepedです。
えー、なんというか…
寝坊して本当すみませんでした。
言い訳さしてもらうと目覚ましというけ携帯のタイマーはちゃんとかけたわけですよ。それで毛布かぶって押入れに突入ドラえもん完了。
21時13分、気づいたらポケットの中で携帯電話が必死に身をわななかせていましたね。
そしてちゃぶ台の上のPCはなぜか休止状態。すごく焦る。
PC起動してIRCに接続したら皆起きろ起きろ。幸いなことは募集のスクリプトがぎりぎりまで起動していたことか。
本当に申し訳ございませんでした。

大会の感想に行きましょう。
まずチーム分け、チームを自動で分けてくれるツールなぞ無いわけで乱歩で人数分の乱数を発生、4で割ったあまりでチームを分けているんですが、そこでまず混乱。10分くらい消費しましたすみません。

レベル振り分け
自分の所属するAチームは若干微妙だったんですが希一さんが加わったことによりレミリアがレベル4になり、大分組みやすくなりました。
Bチームは追加で一回振ったらアリス4が追加されたのが印象深い。そのまま戦えるアリスが来るなんて誰が予想できただろうか、いや無い(反語
Cチームは今回どうやって組むのか本気で読めませんでした。まぁ変なデッキ組む印象ばっか強い滋賀がいたんで特に心配はしてませんでしたが。
Dチーム。最初幽々子5とかでて反魂優雅やべえええとか思ってましたが計算ミスで3でした。安心。幽々子4の4点回復とかランダム杯でどう勝てというんでしょうかね。無理ですよね常識的に考えて

対戦開始
他の卓覗いてなかったので自分の卓の感想でも
1回戦目  vs如月さん 対高草郡
貫通無し、こっちのスペルは軽いものばかり、これはいける!とおもったら早い段階で水銀の海と実験からの高草リクルート。
ヤヴァい
自分にはがす手段はないので攻撃迎撃用のスペルを起動し高草を乱発させて手札と呪力の消耗を狙うことにする。
ジンジャガスト、博麗弾幕結界、二重結界を起動したところ博麗弾幕結界が準備になったのでジンジャガストで殴る。水銀で避けられてもこちらにダメージはないし呪力もあちらが損なのでそのまま続ける。
数ターン粘ったところエレメンタラーが来たので住吉からブーストでエレメンタラーで勝利。

2回戦目 vsCaplusさん 対幽々子3鈴仙1
幽々子が…幽々子がきてしまった…
というわけで個人的に最も苦手な相手幽々子。
どれくらい幽々子が苦手かというと美鈴4を使っているときに裏鍵さんの幽々子4とあたったとき、先行呪力有り初手に飛花落葉があっても充填初手に投了するくらい苦手です。
でも今回はチーム戦というわけで投了するわけには行かない、覚悟を決める。
初手にジンジャガストがあったのでT5に起動してがんがん殴る。相手は永眠が腐るのでおいしいです(^q^)的に攻める。ヒロカワに悉皆が装備されたり優雅がセットされたりして焦る。そのままボーダー張られたりしたけどラクトガールでカウンター。次の次の相手のターンあたりにもボーダー着たけどカウンター。その次のターン3枚目のラクトガールが手札に来る。うれしいけど素直に喜べないこの状況はなんだろう。
その後エレメンタラーを引いたので住吉さんタラーで6点ジンジャガスト完成。魔法書も追加で勝利。
もしも反魂蝶と暴食が来てたら投了してたかもしれない。

結果発表
そんなわけで名も無きDチームが優勝でした。
なんかBチームではななすけさんがロリブルマになっていましたがつまりBチーム=ななすけさん親衛隊でよろしいんですかいいんですよねいいんだよね!
あとCチーム、名前長すぎ。ぜんっぜん自重しないなぁ

ああもうなんかだらだら書いてたら二時だ。麻雀始まるしこの辺にしておこう。
次回も突発的に始まります。大会名が怒首領蜂杯からエスプガルーダ杯や達人王杯、斑鳩杯になってても気にしないでください。
以上。sleepedでした