幻想ノ宴ネット大会本部Wiki 第百二十七回定例大会 CJ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構成

デッキ名:胡蝶の夢(夢の中で勝った、ような・・・)
Leader Lv1 八雲 紫
Lv3 西行寺 幽々子

2x 月の兎
3x 結界「夢と現の呪」
2x 結界「動と静の均衡」
2x 死符「ギャストリドリーム」
3x 幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」
3x 死蝶「華胥の永眠」
3x 「反魂蝶」
3x 桜花「未練未酌宴」
1x 霊蝶「蝶の羽風生に暫く」

3x パターン避け
3x 根性避け
2x 神隠し
3x 蝶弾
2x 悉皆彷徨
2x 暴食
3x 幽明境を異にする

スペル22枚

コメント

もちろんデッキ名から。
幽々子の「蝶」+夢現の「夢」、それに「胡蝶の夢」は夢現にぴったりのフレーズですね。
「夢の中で勝った、ような・・・」、ニコ動で見かけてはまったフレーズw まどかのBDもちょうど完結したところだし。負けフラグに聞こえるけど、正夢になったね、実際そういう夢見てないが。

デッキ名とコンセプトの関連なら、「夢現」と「永眠」と「蝶弾」です。
夢現はこのデッキの最重要スペルと言えよう。今日もすごく活躍してた。
華胥は言わずものエースアタッカー。そして隠し味の蝶弾、実は主に相手に貼るもの、奇門遁甲の感じで。華胥と合わせて相手の当たれるスペルを潰して無双する。命中4の受けスペルに貼って素回避、命中5のスペルでも決死。
実は俺、紫Lにして充填で妨害サポ貼るのは結構好きなんだー
でも今日はこの使い方はしなかったな、普通の命中補正として1回使っただけ、むしろ悉皆はすごく活躍してた。どうしてこうなった・・・

その他、俺は回避イベントフル投入で神隠しと暴食2枚ずつ、悉皆も2枚でシーンなしでしたが、この辺も人それぞれだな。スペルも俺が3枚投入のもの以外は、人によっては結構違うかもな。


1回戦 対霊夢1美鈴3 後手
公式ルールでいきなり初手スペル1枚そして後手・・・
でも運良くスペル引き続けて事故らなくて、むしろ相手が2枚で1回止まり、続きも良くなくて盛大に事故ってるw
相手は迎撃放棄で崩山で殴りに来て、こちらは悉皆付きの夢現と悉皆付きの未練未酌宴で攻めと受け。相手のスペサポは幽明やら神隠しやらでしっかり剥がす。終盤は一蹴やらパターンやらで何回も回避されたが、反撃ダメージはあまり入らなくて、序盤と中盤でつけた体力差もでかすぎたから、結局風前の灯火でしかなかった。
相手は初手一蹴3枚でその後パターン3連続で引いたというww


2回戦 対藍3紫1 先手
先手だが特に攻めスペルがなくて、相手のスペ藍が先に立ってきた。ここで華胥がちょうど間に合って、迎撃に1回パターンで回避して、華胥vs夢現とスペ藍vsキャスドリの殴り合い。体力ではこちらが1点得で微有利。ここで蝶弾や動と静を引けば更に有利になるけど、相手の荼吉尼天もこなくて助かった、お互い様。
もし相手がスペ藍に式神強化を打ってきたら、ちょうど根性の餌食になるので、相手の詰めを心配することなくずっとこっちのペースだった。
詰める気の攻撃は十二神将でずらされたけど、特に問題はなかった。


3回戦 対橙3藍1 先手
最速華胥、T8まで相手の場のスペルは御大師様の秘鍵、鬼門金神×2、仙狐思念、つまり当たるものがないww
T10で投了してきた。ひどい戦いだった・・・


4回戦 対咲夜3星1 先手
T1夢現、相手は軽い受けがなくタコ殴り。そしてT6夜霧、T7夢現に悉皆、夢現再起動、T8やっと360が来て、それから悉皆夢現vs360の3:2交換が続く。相手の重いスペルが立ってきたら即幽明(T5から3枚握ってた)。
微事故だけど、起動スペルは夢現だけだから特に問題なかった、相手も幽明を喰らったからスペル数でリード出来なかった。
最初から最後まで夢現で完走ー